オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上益城郡益城町で台風被害を受けた瓦屋根の現地調査を行った様子


上益城郡益城町にて台風の被害を受けた瓦屋根の現地調査を行いました
現地調査 建物全景
建物詳細 木造2階建て住宅

屋根種類 釉薬瓦

相談内容 
先日の台風で屋根瓦が外れてしまい、応急処置だけしている。次の台風が来るまでに修理してもらいたい。

近年大型台風が直撃することも多く、台風後は屋根に被害を受けたというご相談をたくさん受けます
屋根瓦が外れたという事ですが、お客様にお怪我がなくよかったです

現地調査を開始します!

強風被害 屋根瓦 外れ
棟瓦の多くに飛散が見られました

このままでは瓦が落下して、大きな怪我に繋がってしまうかもしれません。

冠瓦 のし瓦 ずれ
残っていた瓦を見ると・・・
冠瓦のし瓦のほとんどでズレが見られました

このまま放置すると棟瓦全体が崩れてしまう危険もあります。
このようにズレていると強度が弱まり、瓦が外れやすくなってしまうのです。

しかし本来、瓦は落下しないように様々な工夫がされています。

瓦は落下しないようにどのように固定されているのでしょうか?

瓦の固定方法にはいくつか種類があり、瓦の種類や場所によって使い分けます。
土葺き
下に専用の土を敷き、その上に瓦を乗せていき固定します。
施工期間が短く、断熱性に優れているメリットがあります。
しかし、土を屋根全面に敷くので屋根の重量が増え、耐震性は下がります。
瓦一つ一つが固定されていない為、強風によって瓦が外れる危険もあり、近年では土葺きのみの固定はほとんど行われません。
銅線による固定
瓦に小さな穴を開け、銅線を通して下地材に留め付けます。
しっかり固定される為、地震や台風でも瓦が落ちてくる危険が少ないです。
ただし、経年劣化で銅線も緩んだり切れたりする為、締め直しのメンテナンスは必要です。
釘やビスによる固定
瓦に小さな穴を開け、そこに釘やビスを打ち下地材に固定する。
こちらもしっかり固定されますが、釘やビスを打つ際に瓦にヒビが入ったり割れてしまう可能性もあります。
漆喰による固定
漆喰にも瓦同士を接着し瓦の隙間を埋める役割があります。
しかし瓦を固定する力はそれほど強くない為、銅線などと併用する場合がほとんどです。
棟瓦 銅線 ゆるみ


こちらの棟瓦は、葺き土の上にのし瓦を乗せ、
漆喰と銅線により瓦が固定されていました。

しかし漆喰に剥がれや変色が見られ、銅線も劣化していた事で棟瓦に歪みができていました
その為、瓦の強度が下がり強風に耐えられなかったのでしょう
平瓦 割れ 飛来物
平瓦に飛来物による割れが発生していました

瓦は耐用年数が非常に長い屋根材ですが、
衝撃には弱く、硬い物が当たると割れやすくなります。

瓦 変色 製作時不具合
また、全面同じ瓦を使っているはずですが、
所々変色が見られます

恐らく建てられた年代に良く見られた
『瓦を作る際の不具合』であると考えられます。

瓦を作る際の不具合とは?

こちらの瓦は『釉薬瓦(ゆうやくがわら)』といって、瓦を作る際に釉薬を塗って窯で焼き付ける瓦です。
昭和初期は住宅における瓦の使用が盛んで、釉薬瓦も大量に生産されていました。
一度に大量に焼く為、窯の中で瓦同士が重なっていたり、焼き終わってから完全に乾燥しないうちに出荷するケースがあり、当時は釉薬がきちんと定着していない瓦がよくあったようです。

新築の時は瓦の色に目立った違いはありませんが年数が経って紫外線や風雨にさらされ続けると、このように変色が起きてしまうのです。
しかし、屋根材としての性能が著しく下がるわけではありません
くまさんロゴ 施工事例
ご提案内容

今回は棟瓦と平瓦に台風被害があり、被害がある箇所の部分補修のご提案をさせていただきました

工事内容としては
・棟瓦を撤去した上、積み直し
     ・平瓦の割れた箇所を新しい瓦に差し替え
をご提案、御見積書を提出させていただきました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円
施工事例

益城町で陶器和瓦からコロニアルへの葺替え工事

着工前
完工しました
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
KMEW(ケイミュー)コロニアルクアッド
築年数
建坪
保証
10年間
工事費用
参考価格約240万円(足場込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 建物詳細

菊池郡大津町にて雨漏り被害のご相談を受け、現地調査に伺いました

雨漏り 現地調査

熊本市東区の高齢者施設にて雨漏りが発生し、調査依頼を受けて現地にお伺いしました

シリコンコーキング 補修

熊本市西区にて、前回の現地調査で屋根各所に雨漏り原因が見られたお客様より工事依頼をいただきました現地調査の様子はこちら『屋根補修工事』の様子をご紹介させていただきます

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346