熊本市東区で棟の補修を行いました。段違いの棟から雨漏りしていました。


今回は、熊本市東区で棟の補修を行いました。瓦はセメント瓦で、屋根の形状は切妻屋根の棟が段違いになっているものです。段違いになっている部分から雨漏りが発生していたので、一度取り直しを行い板金を差込み積み直していきます。
熊本市東区棟補修20180404
<棟瓦取り外し後の写真>

棟瓦を取り直していきます。補修後再利用するので慎重に取り外していきます。袖瓦との取り合い部分まで板金などが入っていなかった為雨漏りしていたと考えられます。
熊本市東区棟補修板金取り付け20180404
<板金施工後の写真>

板金を加工し、施工した後の写真です。段違いになっている棟のこういった取り合い部分や入母屋の母屋の隅等屋根の構造が複雑になる部分は雨漏りのリスクが出てきます。
熊本市東区棟補修板金棟積み始め20180404
<棟積み直し後の写真>

板金施工後、取った棟を順に積んでいきます。
熊本市東区棟補修コーキング20180404
<シーリング処理の写真>

瓦が飛ばないようにシーリングで隣り合う瓦と接着していきます。シーリングもやたらにつけてしまうと逆に雨水が逃げ場を失い、結果内部に浸入したり湿気によって木部の腐食に繋がってしまいます。基本的に雨水を完全に浸入させないようにするというのは難しく、どのような屋根材においても浸入した雨水をしっかり逃がすようなつくりになっています。そのために必要な隙間を塞いでしまうと不具合に繋がるので、個人で瓦にシーリングを打設される際もきちんとした知識を身につけてから打設されることをお勧めします。
熊本市東区棟補修完工後20180404
<完成後の写真>


熊本市東区棟補修完工後棟20180404
<完成後の写真>

最後に漆喰で側面を塗って施工完了です。
工務:有田

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

CameraZOOM-20171111144100341_R

お客様から強風の影響で波板が飛散したという報告があり、現地調査へ行って参りました。強風の影響などで波板が飛んでしまったり割れてしまうなどは良く見受けられますよね波板が無いと洗濯物を干せなかったりと不便なことがありますので急いでお客様のもとへ...........

現地調査 建物全景

熊本市中央区のお客様より、ベランダ屋根の波板フックが外れているとご連絡があり、現地調査にお伺いしました。お客様に詳しい状況をお伺いすると・・・「強風時にガタガタと音が鳴り、屋根が吹き飛ばされないか心配でした」とご不安だったようです。ベランダ...........

部屋内部 雨漏れ箇所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・”上益城郡御船町にて、雨漏れが原因で2階・洋室の天井に穴が空いてしまったお客様からのお問合せがあり、現地調査にお伺いさせて頂きました”お客様より詳しく雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346