熊本市南区乾式工法で棟瓦の補修工事を行いました。


S__8044557-columns2
熊本市南区城南町K様邸。築20年の木造平屋建ての住宅です。
熊本地震の影響で、本棟・隅棟のほとんどが被害を受けています。
K様ご自身でブルーシートの応急処置をされていましたが、台所・洗面室の雨漏りがひどく、非常に高く積み上げられた棟が、地震に耐えられず落下したことにより、被害を拡大させました。
今回、地震・台風など災害に強い、棟を積み上げない乾式工法を採用することで施工に入りました。

S__8142852-columns2
ブルーシートを取り外し、棟の瓦を撤去した状態です。
天候を考慮し、屋根全体を同時に施工することを避け、棟毎に仕上げていく工程としました。
CIMG5867-columns2
棟金具の写真です。高さ調整が50mmまでできる仕組みとなっており、上部は棟木材の固定(横からビス打ち)、下部は野路板に固定します。
S__8142857-columns2
棟金具と木材を施工した写真です。棟金具は60cmの間隔で施工し、木材を固定しますので、しっかりとした安定感があります。
S__8142853-columns2
ハイロール(防水テープ)を施工した写真です。粘着性があり、ここまで工程を行えば、雨漏りの心配はありません。
011-columns2
7寸丸の瓦を葺いた状態です。瓦は、パッキン付の長いビスで棟木材に固定します。黒く見えているのはハイロール(防水テープ)です。
一連の施工により、雨漏りの心配が無くなりました。
更に、地震や台風など災害にも強い屋根に生まれ変わりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

CameraZOOM-20171111144100341_R

お客様から強風の影響で波板が飛散したという報告があり、現地調査へ行って参りました。強風の影響などで波板が飛んでしまったり割れてしまうなどは良く見受けられますよね波板が無いと洗濯物を干せなかったりと不便なことがありますので急いでお客様のもとへ...........

現地調査 建物全景

熊本市中央区のお客様より、ベランダ屋根の波板フックが外れているとご連絡があり、現地調査にお伺いしました。お客様に詳しい状況をお伺いすると・・・「強風時にガタガタと音が鳴り、屋根が吹き飛ばされないか心配でした」とご不安だったようです。ベランダ...........

部屋内部 雨漏れ箇所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・”上益城郡御船町にて、雨漏れが原因で2階・洋室の天井に穴が空いてしまったお客様からのお問合せがあり、現地調査にお伺いさせて頂きました”お客様より詳しく雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346