オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市南区にて老朽化に伴い屋根の棟板が隣家に落下した現地調査


棟板金 飛散調査
熊本市南区にて、強風と大雨の影響により2階建て住宅・屋根の棟板が捲れて飛散し、隣家の庭に落下していたようです

お客様が自ら、屋根がどの様な状況になっているのか確認を試みましたが・・・

上記写真の様に、屋根も高くまた上る場所が無く、状況すら確認出来なくて困っています!とご連絡があり、次の雨による”雨漏り”が心配との事でしたので、現地調査にお伺いしました

下から見ると、一番端の棟板が飛んでいる様に見受けられますね

さすがにこの高さは、お客様自身で上るのは大変危険な高さでした
 どこにも上れる所が無く、スライダー梯子を最長に伸ばしてもギリギリ届く高さでした

屋根は高所作業が伴いますので、必ず業者さんへ依頼し確認して頂きましょう?~

?隣家へ落下した棟板

棟板金 落下状況

『隣家に落下している棟板』

棟板自体は変形が少なく、そのまま飛ばされている感じでした。

建物や屋根の状態から見ると・・・

①老朽化により、棟板の止め釘が錆びて折れてしまった!
②下地の劣化により下地ごと裂けてしまった!

長年、直接風を受け、少しずつ抜けていった釘が今回の強風や大雨で完全に抜けてしまい、捲れて飛散したのではないかと考えられます

固定部分が”シッカリ”していて捲れた場合は、変形がもう少し大きくなる事が多いです!

?屋根の状況

屋根の飛散状況
『屋根の状況』

屋根に昇ってみると、やはり棟板の一番端の部分からすっぽりと捲れていました

棟板下地の木材がむき出しになっており、よく見てみると、固定の釘が刺さっていた部分の下地木材が裂けてしまっているのが見受けられます⚠
屋根の飛散状況②
『下地の状況』

目視と触って確認してみると・・・

下地木材は”シッカリ”しており腐食はしていませんでした?

棟板の釘が少し小さく打込みが甘かった!
抜けかけていた状態の時に今回の強風や大雨が重なっ
 てしまった!

上記の様な状況により、棟板が捲れてしまったと考えられます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は、たまたまこの部分だけが捲れてしまいましたが、屋根全体がこの様な状況に近いと考えられます

『棟板の修繕』『屋根全体の点検』をお客様にご提案し実施したいと思います?

                               ~街の屋根やさん・熊本店~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れ 原因箇所

春は寒冷前線や低気圧の急激な発達などによって、雨漏りなどの被害が起こりやすい季節ですまた、この季節は虫の産卵期などが重なり、虫の被害も多くなります。みなさんは、雨漏りが原因で虫の発生が起こってしまう事をご存じでしょうか雨漏りと虫の発生??っ...........

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

スレート屋根 苔 劣化

熊本市北区のお客様より屋根と外壁の工事を検討しているとご相談を受け、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346