オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市西区で屋根葺き替え工事を行いました。


1-001-2-columns2
熊本市西区で屋根葺き替え工事を行いました。熊本地震での被害で雨漏りもしている状態でした。今回はセメント瓦からコロニアルに葺き替えを行います。
1-005-3-columns2
清掃中の写真です。見えているのは防水紙で今はルーフィングとも呼ばれています。
1-009-1-columns2
写真の木は胴縁といいます。胴縁は新しい下地の垂木のような役割です。また、既存野地板にも負担を軽減します。
1-011-4-columns2
次に構造用合板を張っていきます。
業者にもよりますが、胴縁を入れずに構造用合板を張る業者もいますので気を付けてください。

1-015-3-columns2
続いてルーフィング(防水紙)を張っていきます。雨水は上から下に流れていきますので、ルーフィングは下から上へ慎重に張っていきます。この工程はとても重要で、隙間なく施工しないと屋根は新しいのに雨漏れしてしまう可能性があります。
1-019-3-columns2
次はコロニアルを張っていきます。コロニアルは千鳥葺きに施工していきますので、台風・地震時は、瓦よりもコロニアルの方が強いです。
1-020-columns2
作業風景です。コロニアルは専用のビスで止めていきます。

12-1-columns2
完成写真です。コロニアルは約10年で塗装が必要です。

担当:内田

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

棟板金張替え 貫板撤去

熊本市中央区で台風被害を受けた棟板金とテラス屋根の張替え工事を行いました前回行った現地調査の様子はこちら

軒先瓦 ズレ

熊本市西区のお客様より『突風が吹いて瓦屋根が割れてしまった』とご連絡があり、現地調査を行いました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346