玉名郡和水町で台風被害により瓦が飛散!現地調査に行きました!


和水町 外観
和水町のお宅で風水害により瓦が剥がれ落ちてきて危なく、屋根の上がどうなっているのか心配だとお問い合わせがあり、早速現地調査にお伺いしました

お客様に現状をお聞きし、ご依頼のあった屋根へ上がらせて頂きます
和水町 下屋水切り納まり
まず、目に入ったのは、下屋のケラバ部に納めていた水切りが飛散し、のし瓦が崩れていました

このままだと、雨天時横風を受けた時に崩れてしまっている箇所から浸透し、雨漏れの原因になりかねませんので、応急処置を行ない対処します


和水町 納まり応急
シートと防水テープ、コーキング等を使い雨水が浸透しない様に、応急処置を施しました

これで雨漏れ等の2次災害は防げます
和水町 大屋根ズレ
こちらは、大棟の冠瓦が強風により、結束線が切れズレてしまっています

こちらもズレた瓦を葺き戻しし、対処させて頂きました
和水町 袖瓦飛散
大屋根のケラバ部分です
袖瓦が飛散し落ちてしまっています
屋根からの落下物は本当に危険であり、近隣の家や車などを破損させてしまうことや、人にケガさせてしまうことが一番怖いですね
そのような災害を引き起こさない為にも、定期的な調査・点検をぜひオススメします
和水町 袖瓦 応急
先ほどのケラバ部分ですが、瓦が飛散した箇所にブルーシートを敷き既存の瓦に差し込み、コーキングで接着させ防水テープでしっかり貼り付け、最後に土のう袋を乗せて応急処置を施しました
これで、雨風を凌げることと思います
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の現地調査・応急処置は終わりです

屋根の状況は目に見えない高さであり、お客様ご自身で行うと大変危険です
ですが、家の最も大切な場所でもありますので、少しでも違和感や不安に思った時は、放置するのではなく調査を行ない現状を把握することが、一番大切だと思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

CameraZOOM-20171111144100341_R

お客様から強風の影響で波板が飛散したという報告があり、現地調査へ行って参りました。強風の影響などで波板が飛んでしまったり割れてしまうなどは良く見受けられますよね波板が無いと洗濯物を干せなかったりと不便なことがありますので急いでお客様のもとへ...........

現地調査 建物全景

熊本市中央区のお客様より、ベランダ屋根の波板フックが外れているとご連絡があり、現地調査にお伺いしました。お客様に詳しい状況をお伺いすると・・・「強風時にガタガタと音が鳴り、屋根が吹き飛ばされないか心配でした」とご不安だったようです。ベランダ...........

部屋内部 雨漏れ箇所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・”上益城郡御船町にて、雨漏れが原因で2階・洋室の天井に穴が空いてしまったお客様からのお問合せがあり、現地調査にお伺いさせて頂きました”お客様より詳しく雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346