オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市南区でセメント瓦の塗装工事を行いました。


CIMG0002-columns2
熊本市南区でセメント瓦の塗装工事を行いました。今回が初めての塗装で、カビ・藻が発生していました。しっかり洗浄し、塗装工程に入っていきます。
CIMG0001-columns2
屋根状況
IMG_0070-1-columns2
セメント瓦の下塗り状況です。
コロニアル・板金屋根と屋根材にあった塗料があります。
今回はセメント瓦ですので、水谷ペイント 水系ルーファー
EX という塗料を使用しました。
ちなみにコロニアルはシーラー、板金屋根は錆止めを使用します。
IMG_0072-1-columns2
セメント瓦の中塗り状況です。
中塗り上塗りは同じ塗料を使用します。
今回は SK化研 ヤネフレッシュF(フッ素)を使用しました。上記の塗料はコロニアル・板金屋根の上塗りにも適している万能塗料です。
IMG_0074-columns2
セメント瓦の上塗り状況です。
下塗りの選択で年数が経ち剥がれ・膨れが発生してしまうケースがたくさんあります。2~3回目の塗装をお考えの際は、屋根の葺き替え(陶器瓦)をお勧めします。
屋根の下に防水シート(ルーフィング)が敷いてありますが、築20年経つと防水シートに穴が開いたり、雨漏れの可能性も考えらせます。  担当:内田

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れ 原因箇所

春は寒冷前線や低気圧の急激な発達などによって、雨漏りなどの被害が起こりやすい季節ですまた、この季節は虫の産卵期などが重なり、虫の被害も多くなります。みなさんは、雨漏りが原因で虫の発生が起こってしまう事をご存じでしょうか雨漏りと虫の発生??っ...........

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

スレート屋根 苔 劣化

熊本市北区のお客様より屋根と外壁の工事を検討しているとご相談を受け、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346