オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

これは『結露?』or『雨漏り?』どちらか分る見分け方をご紹介

屋根下地材 劣化 雨漏り
『屋根下地材の腐食』

瓦の劣化や破損の放置があれば、建物内部に雨水の浸入を許してしまいます

屋根下地材(野地板)には木材が多く使用されています。
雨水が浸透する事で木材に腐食がみられ突然、大雨の時に雨漏りが起ってしまう事があります
屋根下地材張り替え 雨漏り箇所
『屋根下地材張り替え工事』

腐食していた屋根下地材の『野地板』『ルーフィング(防水紙)』『桟木』は全て新しく張り替え、屋根下地補修工事を行いました

使用した野地板は・・・
耐震性や耐風性が優れている『構造用合板』を使用しました。
屋根瓦 ズレや歪み 雨漏り箇所
『瓦のズレや歪み』

台風時の強風や地震などの揺れが原因となって、瓦のズレや歪みが発生します

また建物の近くに線路などがあれば、電車の振動などで瓦が少しずつズレてしまう事もあるので注意が必要です
屋根瓦 葺き戻し完了
『既存瓦・葺き戻し』

瓦の葺き戻しは、屋根に取付られている瓦を丁寧に撤去し、屋根下地材(野地板等)の補修を行ってから、撤去した瓦を元に戻す工事になります

これで瓦のズレや歪みが解消され、雨漏りの心配がなくなりました

棟板金飛散 雨漏れ箇所
『棟板金飛散』

棟板金は下地材の貫板(ぬきいた)に向かって釘で固定されています。

経年劣化によって釘の錆びや浮き、貫板の腐食などが起り固定が緩む事で飛散が発生します

※棟板金・・・スレートや金属屋根の頂
       上部分に被せる金属板
棟板金 取付工事完了
『棟板金取付工事』

棟板金の被害状況によって施工方法は様々です。

上記画像の場合は・・・
・棟棟板金→破損もなく既存の棟板金が使用可能
・貫板→腐食していた為新しく設置が必要

・・・施工手順は・・・
新しい貫板を設置既存の棟板金を取付
棟板金をビスでシッカリ固定棟板金取付工事完了

棟板金の固定は釘を使用せず、錆びにくく抜けに
  くい"ビス"を使用しました。
漆喰劣化 雨漏り原因
『漆喰の劣化』

漆喰の劣化は、瓦の固定力が弱まり動きやすくなる為ズレが生じ、瓦同士が干渉し合う事で割れや欠けも発生しやすくなります

漆喰は頑丈で寿命も長いですが、屋根からポロポロ白い物が落ちてきたら、それは漆喰が劣化していますのでメンテナンスを行いましょう
漆喰工事完了 
『漆喰塗替え工事』

今回の漆喰工事は、既存の古い漆喰をキレイに取り除いてから新しい漆喰に塗替えていきます

漆喰が塗替えられ、瓦の固定力も上がり雨水から建物を守ってくれる事でしょう

使用されている漆喰は・・・
特殊なシリコンや防水材が使用され、雨水に強く壊れにくい特性がある『南蛮漆喰』を使用しました。
  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!
0120-81-9346