オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市北区で屋根各所にトラブルが発生!カバー工法を提案しました


熊本市北区のお客様より屋根と外壁の工事を検討しているとご相談を受け、現地調査にお伺いしました
現地調査 外壁塗装 屋根工事
建物詳細
2階建て木造住宅
屋根材種類
スレート
相談内容
屋根の瓦が割れていたり、外壁塗装が劣化しているので、工事をしてほしい。
他社に相談もしたが、工事方法や見積り金額に相違があり、他の業者に相談したいと思った。
他社に相談した所、見積り額や工事内容がお客様のご希望と合わず諦めたという事でした。
まずは適切な工事を見極める為に建物の状態をチェックします

現地調査を行います

スレート屋根 苔 劣化
スレート屋根材が劣化し、表面に苔が生えていました
 また、全体的に色も褪せています

屋根の色褪せは、表面の塗膜が劣化しているサインです。
スレート 反り 原因 隙間
よく見ると屋根材が少し反って、隙間ができています

屋根材の重なり部分には屋根の通気や雨水を排出する為、
予め若干の隙間が設けられていますが、
反りによって隙間が大きくなっています。
屋根材に苔や反りが発生してしまうのはなぜでしょうか?
それは、塗膜の劣化が大きな原因です
スレート屋根の
劣化サイン
原因
色褪せ
紫外線により塗膜が劣化してくると、まずは色褪せという形で表れる。
苔やカビ
苔やカビは湿気の多い場所で発生する。塗膜が劣化して水切れが悪くなった屋根材では湿気が多く、苔やカビの胞子が定着しやすくなる。
反り
屋根材の防水性が下り、水分を吸収する→乾燥するを繰り返していると、屋根材に反りが発生する。一度反ってしまうと元には戻らず、強度も下がってしまう為、進行すると割れにも繋がる。
割れ・欠け
水分を吸収・乾燥を繰り返して強度が下った屋根材はひび割れができやすく、放置すると欠けてしまう。
新しいスレート屋根材は表面の塗膜が防水の役割を担っていますが、
日々紫外線や風雨にさらされる事で塗膜が劣化し、防水性が下がります
防水性が下ると上記のような劣化サインが現れ、進行すると雨漏りなど大きなトラブルにも繋がります

使用する塗料や環境などによってメンテナンス周期は異なりますが、
スレート屋根は7~10年おきくらいに塗装メンテナンスを行う事で防水性を復活させる必要があります
隅棟 スレート屋根材 ズレ 雨漏り
屋根材 ズレ 軒天 雨漏り 雨染み
角部分の屋根材がズレており、ちょうどその下を見ると軒天に雨染みができていました

本来ならスレート屋根材がズレたり割れたりしても、下葺き材の防水シートがある為、すぐに雨漏れには繋がりません。
しかし、こちらは軒天に雨染みがある事から、防水シートも劣化してしまっている分かります
高台の家 風の影響を受けやすい スレートがズレた
屋根材がずれてしまった要因の一つに、建物の立地が挙げられます。

お客様のお家は高台にあり、周りに風を遮るものがない為、通常よりも風の影響を受けやすくなります

今回は立地経年劣化も相まって、屋根の中でも特に風の影響を受けやすい角部の屋根材がズレてしまったと考えられます

高台のデメリットとして風の影響を受けやすい事を挙げましたが、眺望が良い、水害の心配が少ない、風通しや日当たりが良いなどのメリットもたくさんありますよね

どんな立地でもメリット・デメリットはそれぞれありますが、立地に適したメンテナンスや対策を知る事でデメリットにも上手く付き合っていくことができますよ
棟板金 錆び 塗膜劣化

棟板金は金属製の為、表面は塗装されており、それが錆びの防止になっていますが、劣化して塗膜が剥がれてしまうと錆が発生してしまいます

ひとたび錆ができると、そこからどんどん範囲が広がり、金属を劣化・腐食させ、進行すると棟板金に穴が開き、雨漏りに繋がってしまいます

その為、棟板金も定期的に塗装メンテナンスを行う必要があります。
外壁 塗膜の劣化 色褪せ

外壁の状態も確認しましたが、塗膜が劣化し、色褪せが見られます

屋根同様、外壁の塗膜も紫外線や雨風、経年により徐々に劣化が進行します

劣化し始めのサインである『色褪せ』を放置すると、様々な劣化症状に繋がりますので、早めのメンテナンスをオススメします
外壁の劣化サインはどういった症状で出るのか一例をご紹介します。
劣化のサイン
原因
色褪せ
紫外線と経年劣化により塗膜の色が褪せてくる。
色褪せは劣化し始めたサイン。
チョーキング
(触ると手に粉が付く現象)
紫外線により塗料の成分が分解され、粉状になったものが表面に現れる現象。
経年劣化だけでなく、塗料が上手く混ざっていなかった、施工手順を誤ったなどの施工不良が原因で起こる場合もある。
苔・藻・カビ
塗膜が劣化すると防水性が落ちて水はけが悪くなり、苔・カビなどの胞子が根を生やし、繁殖しやすい環境になる。
クラック
(ひび割れ)
クラックにも種類があり、ひび割れ幅0.3mm・深さ4mm以内の『ヘアクラック』と、それより大きい『構造クラック』に分かれる。
ヘアクラックは塗膜の劣化が原因で現れる。構造クラックは建物の躯体まで及ぶひび割れで、工事の緊急性も高い。
外壁塗装劣化の主な原因は紫外線や雨風などです
塗膜に使用している塗料立地によってメンテナンス時期は異なりますが、
上に挙げた劣化サインが一つでも当てはまったら、メンテナンス時期であるサインです

現地調査が完了!ご提案した工事内容は?

屋根材劣化 棟板金錆び 工事のご提案
屋根材や棟板金に劣化が見られた屋根
カバー工法
(今ある屋根の上から新しい屋根を被せる工事)

屋根材や棟板金など各所に問題が見られました。
屋根のメンテナンスとして『塗装工事』がありますが、今回は既存の屋根材に反りが見られる事から、塗装では補修できない為、カバー工法をご提案しました
外壁塗膜劣化 工事のご提案
色褪せがある外壁
塗装工事

外壁の劣化はそこまで進行しておりませんが、
①築年数から考えて塗装メンテナンスを行う時期である。
②数年後に外壁工事を行うとなると、
その際にまた足場設置費用が必要となる
この2つの理由から、今回外壁塗装もご提案しました

外壁・屋根の工事を同時に行うと、足場設置が一度で済む為、長い目で見ると工事費用を抑える事ができます

◆こちらの記事もご参考ください

カバー工法の特徴は?

カバー工法とは
カバー工法は既存の屋根に新しい屋根材を被せる工事の為、屋根の重量が若干上がります。
その為、元々重い瓦屋根は施工に向きません。
今回のようなスレートや金属屋根の『軽い屋根』がカバー工法に向いていると言えるでしょう
(※但し、下地が腐食しているなどの劣化が見られた場合は、カバー工法ができない場合もあります。)

葺き替え工事では既存の屋根材を撤去する為、廃材が多く出てその分処分費用も発生しますが、カバー工法では廃材がほとんど出ない為、葺き替え工事に比べて工事期間が短く、処分費用も抑える事ができます
お住まいの内部に手を加える事がない為、工事中も普段通り生活できる事もメリットと言えますね

◆こちらの記事もご参考ください
お客様に工事のご提案・御見積書を提出し、後日工事のご依頼をいただきました
次回は工事の様子をご紹介させていただきますね

この工事の現場ブログ

スレート屋根 苔 劣化

2021/04/02/ 熊本市北区で屋根各所にトラブルが発生!カバー工法を提案しました

熊本市北区のお客様より屋根と外壁の工事を検討しているとご相談を受け、現地調査にお伺いしました

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市北区で屋根外壁塗装工事を行いました

施工前全景写真
完工後全景写真
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
ジャパンカーボライン スーパームキコート
築年数
約15年
建坪
約40坪
保証
3年
工事費用
169万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 建物全景

上益城郡御船町にて大雨の影響で雨漏りが起きたとご相談があり、現地調査にお伺いしました

現地調査 建物全景

熊本市東区のお客様より雨漏りのお問合せがありました詳しくお話をお伺いすると・・・『住居と離れの間にある屋根が雨漏りしていて、廊下が水びたしになってしまう』との事でした最近は一度に降る雨の量も多く、一刻も早く直したいですよね早速屋根に上がって...........

現地調査 建物全景

熊本市南区のお客様より、カラーベスト屋根のリフォーム工事と内装工事のご相談があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346