オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨の長雨が影響し『雨漏れ被害』による現地調査が多くなっています


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この度は、熊本県内における豪雨災害によりお亡くなりになられた方に哀悼の意を表しますと共に、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。
また、行方不明の方がいらっしゃいますが1日でも早く見つかります様、心より願っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
梅雨の長雨

大切な住まいには雨水を受け流す排水システムが各所に設置されています。
屋根の勾配(こうばい・傾斜)や雨水の浸入を防ぐ最後の砦・ルーフィングや雨樋など・・・たくさんあります

しかし、今年の梅雨は梅雨前線の停滞で線状降水帯が発生し、予想を遥かに超える雨量で日本各地で甚大な被害をもたらしました。

住まいの各所に設置されている排水システムでは追っつかない程の雨量で、街の屋根やさん・熊本店にも多くのお客様より大雨の影響で『雨漏りが起こって見てほしい!』や『雨漏りしないか不安で屋根を見てほしい!』など、雨漏れに関するご相談が多く寄せられました

まずは、『代表的な雨漏れ症状』や『雨漏れの原因となる症状』をご紹介させて頂きますので、ご一緒に見て行きましょう!

雨漏りの代表的な症状は・・・??

雨漏れ 天井のシミ
『天井の雨染み』

雨漏りのお問合せで最も多いご相談は、天所にシミが出来ている症状です!

放置すると天井クロスの剥がれや、天井自体が剥がれてしまう危険性があります!

小さな雨染みも放置せずに業者さんに点検依頼するようにしましょう。
壁・クロス 雨漏れ症状
『壁紙・クロスの雨染み』

壁紙やクロスのシミは雨漏りの可能性が高くなります!

小さなシミが時間の経過と共にジワジワ広がっていくのが大きな特徴です!

雨漏りの進行で壁に使用されている石膏ボードが破損し、室内の壁も腐食させてしまうので修理費用が高額になる事も・・・
天井裏 雨漏れ
『住まいがカビ臭く感じる』

建物がカビ臭く感じれば、室内に症状が出ていないが雨漏りが発生している可能性が高くなります!

屋根や外壁から建物内部に雨水が浸透躯体(骨組み)が湿った状態木材の腐食カビ(腐朽菌)が繁殖カビ臭さの原因となります。

屋根:雨漏りの原因となる症状はこれだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨漏りは、屋根の二次防水として雨水の浸入を食い止める大切部材『ルーフィング』の劣化が原因で発生
します!

ルーフィングは、屋根内部の部材で外から見る事が出来ません!
その為、一次防水の『屋根材劣化』の見極めが重要となるのです!

では、雨漏りを引き起す屋根の劣化症状にはどの様な症状があるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
屋根材の劣化 雨漏り原因
『屋根材の劣化・破損』
漆喰劣化 雨漏り原因
『漆喰の劣化』
シート防水の劣化
『シート防水劣化』
棟板金の浮き
『棟板金の浮き』
雨樋のゴミ詰まり
『雨樋・ゴミの詰まり』


天窓ゴムパッキン劣化
『天窓・コナー部分の隙間』

ガラス取付固定用のゴムパッキンが経年劣化で収縮変形で硬化し、コーナー部分に大きな隙間が出来てしまう。

雨漏りが発生した現地調査の様子!

お問合せ内容
・2階和室の天井にシミを見つけ、強雨の時に雨漏りがひどくなってきたので屋根の点検をして
 ほしい!とお問合せがありました。
屋根の種類
・瓦屋根
雨漏りの原因
・和室真上部分の軒先瓦が飛散し葺き土が剥き出し状態となっていた為、飛散箇所より雨水が浸入
 してしまい雨漏りが発生してしまった。

 他にも漆喰の劣化が見られ、このまま放置すると瓦の固定力が弱まり、瓦が動きやすくなり瓦の
 ズレや割れに繋がります。
工事のご提案内容
・『棟先の飛散した瓦の復旧工事』
・『漆喰の劣化も見受けられ漆喰の塗り直し』
2階和室 雨漏れ箇所
『2階和室→雨漏りが発生』
雨漏り原因 棟先瓦飛散
『雨漏りの原因箇所』

2階和室・真上の位置にあたる『軒先瓦の飛散』箇所より雨水が浸入し、雨漏りが発生したと考えられます。

漆喰の劣化 棟取り合い部分
『他の気になる劣化箇所』

棟の取り合い部分や各所に漆喰の劣化が見受けられました。
お問合せ内容
・2階天井の一部が捲れて落ちてくる位、雨漏れが酷い状態で調査してほしい!とお問合せがあり
 ました。
雨漏り原因箇所
・屋上
雨漏りの原因
・天井裏を見てみると鉄骨造・デッキ部分(屋上の床部分)より雨漏りが確認され、屋上を見てみる
 とドレン部分(雨水が流れる箇所)が苔で詰まり雨水が流れていない状態でした。
 シート防水も20年以上経過し経年劣化が原因で防水層が切れている事が雨漏りの原因です。
工事のご提案内容
・その場に適した『防水工事』
2階天井 雨漏れ箇所
『2階天井→雨漏りが発生』
防水シート劣化 屋上
『雨漏りの原因箇所』

ドレン部分に苔が詰まり、雨水が流れていない状態でした。
防水劣化 屋上全景
『雨漏りの原因箇所・全景』

防水工事は10年~15年に一度は、やり替えを推奨しています。
屋根の形状が谷樋


こちらの
屋根形状は『谷樋』になっています。

大雨になってしまうと・・・

屋根三面から谷樋に雨水が一気に流れ込み、雨漏りを引き起してしまう大きな原因となってしまいます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨漏りの原因は、建物の構造によって様々です。
私達プロの業者でも『雨漏り箇所の特定』をする事は難しく、丁寧に現地調査を行わなければなりません!

突然、雨漏りが起こってしまうと不安で、業者を探す事も大変だと思います。

当社では、丁寧に現調調査を行い現状をしっかりご説明させて頂きます。
雨漏りでお困りの方がいらっしゃいましたら検索時に『・・・
雨漏り 熊本 街屋根』と検索して頂き、『街の屋根やさん・熊本店』までご相談下さいませ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 建物全景

合志市のお客様より、雨漏れのご相談があり現地調査にお伺いしました詳しくお話をお聞きすると・・・『雨が降ると2階の天窓から雨水が漏れていて、 原因箇所が分からないので調査してほしい』との事でした。ゲリラ豪雨や台風で大雨が降る日も多いので、雨漏...........

軒天 雨漏り

熊本市北区のお客様より雨漏りのお問合せがありました詳しくお話を聞くと・・・『軒天が雨漏れしていて、1階のサッシを開けるとドバっと水が落ちてくる。真上にあるベランダの防水が劣化していて、心配なので見にきてほしい。』との事でした。台風やゲリラ豪...........

現地調査 建物全景

熊本市東区のお客様より雨漏りのご相談があり現地調査を行いました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346