オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨入り前にオーバフローが起きない安全な雨樋を設置しましょう


雨樋 オーバーフロー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家を構成する上で地味な箇所『雨樋』。実は重要な役割を果たしているのです。

『雨樋』の重要な役割として、屋根に降り注いだ雨水を1ヶ所に集めて適切な場所に排水を行う雨水の通り道を担ってい

その雨樋に不具合が起ってしまうと、雨樋から雨水を排水出来ず”オーバフロー”を起こしてしまいます。

”オーバーフロー”のまま雨樋を放置しておくと後々、大変な事になってしまうかもしれないのです

そこで『雨樋』にスポットを当て、『雨樋にオーバーフローが起こる原因』『オーバーフローで発生する二次被害』『オーバーフロー対策』についてご説明させて頂きます

まずは、『オーバーフローが起こる原因』についてご説明いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オーバーフローが起こる原因

雨樋つまり 土埃
『土埃や落葉の詰まり』

雨樋内部は非常に狭く細い為、土埃や落葉などのゴミが溜まりやすく、内部を圧迫してしまい、雨水の通りが悪くなってしまいます
雨樋 歪み
『傾斜の歪み』

雨水を正常に排水する為、雨樋の傾斜も非常に重要です。

竪樋(たてどい)と言われている屋根から地面へ垂直に取付けた樋や、雨樋の傾斜に歪みが生じてしまうと、雨水の排水の妨げになってしまいます

雨樋 雨水溢れ
『容量不足』

ゲリラ豪雨や台風で雨量が雨樋の許容範囲を超えてしまうと、オーバーフローが起こってしまいます

雨樋が、住まいにとって必要な大きさや形状なのか!も重要となってきます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の様に様々な原因で『雨樋』はオーバーフローを起こしてしまいます。

雨による被害は皆さんの大切な住まいやご家族にも影響を及ぼします。

次に、『雨樋のオーバーフローによる二次被害』についてご紹介させて頂きます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨樋のオーバフローによる二次被害とは・・・??

二次被害
詳細
・雨漏り
・オーバーフローによって【住まい全体】に被害を及ぼ可能性があります。
 雨樋から溢れた大量の雨水が壁や軒裏にぶつかってしまうと、建物内部にまで浸食してしまいま
 す。
 それが原因で柱や壁の腐食が進行すれば、カビやシロアリなどが発生しやすくなります。
・雨樋の破損
・オーバーフローを起こしてしまった雨樋は、本体や部品の金具が外れやすく、雨水の重みで歪み
 やすくなっています。
 勢いよく落下した雨樋が人に当たってしまう事もあり、軽傷で済まない大怪我に繋がる恐れもあ
 ります。

・地盤が緩む
・雨樋は雨水を緩やかに地面に排出させる働きがあり、正常に機能していないと、大量の雨水が地
 面に叩き付けられてしまいます。
 徐々に地盤が緩んでいき、地震など災害が起きた時に崩れやすくなってしまいます。
・近隣トラブル
・雨樋の角度によっては、オーバフローを起こした汚れた雨水が隣家の外壁にかかってしまう事
 もあります。

雨樋のオーバーフロー対策は・・・??

落葉除けネット


『落葉除けネットの設置』

庭に大きな木や、近くに大きな公園がある場合は、雨樋に落葉やゴミが溜まりやすく詰まりの原因にもなります。

『落葉除けネット』を利用する事で、落葉やゴミの入り込みを防ぐ効果が期待されます。


before1
雨樋 ジョイント部分 樋設置
『雨樋のリフォーム』

グッズ等を利用しても改善されないオーバーフローは、雨樋のリフォームをオススメ致します
horizontal
after1
樋新規取付 改修工事完了
※雨樋改修工事完了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記画像の『雨樋改修工事』の内容

【雨樋の状況は・・・?】

大屋根とベランダ屋根からの雨水が画像左・赤く囲っている集水桝に流れていく形になっています

しかし、強い雨が降ってしまうと・・・

大量の雨水が流れると排水が追い付かず集水桝から雨水が逆流→雨水が溢れ→建物内部に雨水が浸透→雨漏れが起こっている状態でした

【雨樋改修工事は・・??】

★青い矢印箇所→ジョイント部に大屋根からの雨水が流れてくる新しい樋を取付
★赤く囲っている部分→ベランダ屋根から流れてくる雨水がスムーズに流れてくる様に新しい樋を取付

これで【雨樋の改修工事】が完了致しました
台所横の集水桝に大屋根・ベランダ屋根からの雨水が集中する事はなくなって、雨水が集水桝から逆流する事は改善されました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨樋のオーバーフローは、雨量が多い時期に起きやすい現象になります。

雨樋内部に落葉が詰まっていたり、傾斜に歪みなどがあると、少しの雨量でもオーバフローが起ってしまう場合があります。

オーバーフローを放置していくと、建物全体の傷みやシロアリ被害を引き起し、溢れた雨水が隣家の外壁にかかり近隣トラブルに発展してしまう場合もありますので、早期の修理が必要となってきます。

大切な住まいを守る為に、安全な雨樋を取付て梅雨シーズンに備えてみてはいかがでしょうか

                                        ~街の屋根やさん・熊本店~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円
施工事例

熊本市南区にてスレート屋根剥れと雨樋破損の補修工事

スレート瓦めくれ 工事前
スレート瓦めくれ 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
工事費用
約9万円
施工事例

益城町で陶器和瓦からコロニアルへの葺替え工事

着工前
完工しました
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
KMEW(ケイミュー)コロニアルクアッド
築年数
建坪
保証
10年間
工事費用
参考価格約240万円(足場込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

足場設置完了

熊本市西区にて強風被害を受けた瓦と雨樋の補修工事を行いました現地調査の様子はこちら

ベランダ波板 強風被害

熊本市南区のお客様より、住宅の強風被害のお問合せがあり現地調査にお伺いしました詳しくお話をお伺いすると・・・『先日の強風でベランダの屋根と雨樋が破損してしまった。 屋根がないので洗濯物を干せずに困っている。』との事でした毎日行う洗濯ですから...........

現地調査 建物全景

熊本市西区のお客様より、強風被害のご相談があり、現地調査にお伺いしました詳しくお話を聞くと・・・『強風が吹いた時に屋根瓦と雨樋が割れてしまった。 雨漏りはしていないが、台風で飛んでしまいそうなので修理してほしい。』と、台風の被害をご心配をさ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346