軒ゼロ住宅(軒がない)は雨漏りしやすい住宅?メリット・デメリット


軒ゼロ住宅 コラム
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

近年、都心部を中心に『軒ゼロ住宅』が人気を集めています。

外観はデザイン性が高くスマートな事もあり、若い方々の間や都心部の狭小地で多く見られます。

しかし、軒の長さが原因となり【雨漏りのリスク】が高くなってしまう事があります。

せっかくオシャレな住宅が新築やリフォームを行ってから、雨漏りが発生してしまっては資金を費やしているのに台無しになってしまいます。

この様な事にならない為にも、先ずは『軒ゼロ住宅』が持つ雨漏りのリスクや対策方法について、皆さんとご一緒に見て行きましょう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

?『軒ゼロ住宅』とは・・・?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先に『軒ゼロ住宅』の『軒』とは、屋根の外壁面から屋根が飛び出している部分を指します。

『軒を無くしてしまう』『軒部分が25㎝未満のものが設置されている住宅』の事を『軒ゼロ住宅』といいます。

?昔の住宅は、軒がたっぷり取られていました
夏は日差しを遮り、冬は日差しを取り込み室内を暖かく保つ事が出来る様に、降雨量も多く四季がある日本ならではの工夫がなされています

近年では、冷暖房が完備され一年を通して快適に過ごせるようになりました
その為、デザイン性が高く、住居スペースの広さを重視した設計が多くなってきたのではないでしょうか

そんな『軒ゼロ住宅』にも幾つかのデメリットもあり、『軒ゼロ住宅』のメリット・デメリットについて皆さんとご一緒に見て行きましょう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

?『軒ゼロ住宅』のメリット・デメリットとは??

軒ゼロ住宅 コラム①


軒ゼロ住宅のメリット
詳細
☆住居スペースの確保
家を建設する際は、敷地部分に軒までを納めないといけません。
軒を削った『軒ゼロ住宅』の場合は、土地のギリギリまで住宅を広く造る事が出来ます。
狭小地であれば、少しでも室内の広さが確保できるのは大きなメリットではないでしょうか!
☆デザイン性が高い
デザイン性を重視される住宅には、軒ゼロの採用が多く見られます。
BOXのようなシンプルモダンな外観や、必要最小限のモノで生活する『ミニマルライフ』にもマッチしているかもしれません。

☆建築コストの削減
軒が長い場合は、軒天ボード・垂木・屋根材などの材料費や施工費用が上乗せになり、軒をカットする事で建築費用が抑えられます。
軒ゼロ住宅のデメリット
住宅の劣化が早まる
住宅の外壁を様々なものから守ってくれる役割が軒にはあります。
風雨や紫外線が直接、降り注ぎその分、軒がある住宅より外壁等の劣化が早まってしまいます!
雨漏りの危険度が高くなる
軒がないと一番懸念されるのが『雨漏りのリスク』です。
壁にダイレクトに雨が降り付け、屋根から流れてくる雨水は外壁を伝っていきます。
一般家庭の雨漏りが多く発生する箇所は、軒がない箇所が6割以上とも言われています。
雨漏りの危険度は必然的に高くなってしまいます。
雨や直射日光が降り込む
軒がなければ弱い雨でも降り込む為、室内は締め切ってしまいます。また、夏は強い日差しが室内に差し込むので床材等が日焼けしやすくなってしまいます。
室内だけではなく、室外機や給湯器も強い日差しから守られていないので、過酷な環境になってしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタイリッシュな軒ゼロ住宅には『メリット』が多くある半面に、耐久性や雨漏りに不安がある事も分かりました。

デザイン性や土地などの理由から、軒ゼロ住宅にしたい場合には、どの様な事に気を付けて行けばいいのでしょうか?

対策方法を見て行きましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

?軒ゼロ住宅を建てる際の対策方法

対策方法
詳細
▧ 庇をつける
庇とは・・・玄関や窓の上に取付、日よけや雨除け用の小さな屋根の事です。

庇をつける事で室内環境を良くしたり、住まいを外部の厳しい環境から守る働きをしてくれます。

★窓に庇を取付る事で雨の日でも窓が開ける事が出来、開放感がある。

★強い日差しから室内の不自然な日焼け・色褪せを防ぐ

★外壁の汚れや劣化を防ぐ
▧ 防水対策を施す(外壁等)
外壁等の防水には、水をはじいてくれるタイプの磁器タイルの使用や防水機能がある塗料を外壁に塗装、防水シートを貼ったり、いくつかの方法がありますので建築時に業者さんとシッカリ打合せを行う事が重要となってきます。
▧点検口を設ける
雨漏りが起こってしまうと、原因箇所の特定に時間が掛かってしまいます。
点検口を設ける事で、室内側から雨漏りの原因を早期に特定する事が出来便利です。
▧傷んだ箇所の早期発見と修理
外壁のヒビ割れ等から浸入した雨水が建物の内部を伝い、室内の意外な箇所から雨漏りが発生してしまう事があります。
未然に雨漏りを防ぐ為にも、住宅メーカーの定期点検などを利用しましょう!
軒ゼロ住宅について コラム
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デザイナーズ住宅やデザイン雑誌の『軒ゼロ住宅』の写真を拝見すると、スタイリッシュで斬新なデザインはカッコイイですよね

軒の出がない事によってコスト削減にも繋がり、また外観の魅力もあり、気に入った外壁も大切です。

その反面、軒がないと外壁などが劣化しやすく『雨漏りの要因』となります。
『軒ゼロ住宅』を建築の際は、業者さんに防水対策など『雨漏り対策』の施工をシッカリと行ってもらいましょう?

住宅の購入は、一生に一度の大きな出来事です
メリット・デメリットを十分にご検討された上で、皆さんにとって快適なお住いを手に入れて下さいませ?
  
                                  ~街の屋根やさん・熊本店~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346