オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市中央区にて2階建て住宅の1階部分で雨漏りした原因を特定


増築リフォーム後 雨漏り 現地調査 原因調査

熊本市中央区のお客様より雨漏りのご相談があり現地調査を行いました

建物詳細 2階建て木造住宅(10年前増築リフォーム)

相談内容
1階の一部屋が雨漏りしている。
増築リフォームを行った境目がひび割れていて、怪しい(雨漏りの原因である)気がする。

10年前に増築リフォームや、他社で何度か工事を行ったそうです。

早速現地調査を始めます

現地調査の様子

雨漏り 天井クロス 浮き 剥がれ


1階・部屋の天井クロスが浮いて剥がれ始めていました

雨漏りの湿気で接着剤が剥がれてしまい、天井のクロスが浮いてしまったようです。

雨漏りすると湿気が多くなり、カビなども生えやすい環境になってしまいます
進行すると本棚の本にも影響を及ぼしてしまいますよね
壁クロス 壁紙 剥がれ 雨漏り


1階・別の部屋も壁のクロスが剥がれていました

こちらは2階建て住宅ですが、
2階部分は雨漏りしておらず、1階部分のみ雨漏りしている
という状況を考えると、
屋根以外から雨漏りしている可能性が高いです

雨漏りというと、原因は『屋根の不具合』と考えられる方が多いかもしれませんが、実は雨漏りの原因は屋根だけではありません

雨漏りの原因は他にもたくさんあります!

屋根の不具合以外での雨漏り原因の一例をご紹介します。
雨漏り原因 外壁クラック
雨漏り原因 ベランダ防水劣化 剥がれ
雨漏り原因 サッシ劣化 
外壁クラック
(ひび割れ)
外壁にひび割れやシーリングの劣化があると、そこから雨水が入り、階下の天井や壁の雨漏りに繋がる。また、エアコンなどのドレンホース開口部のシーリングの劣化も雨が入り込む原因になる。
ベランダ防水劣化
ベランダは傾斜がほとんどなく水はけが悪い為、床面には防水処理が施されています。ベランダやバルコニーの床部分の塗膜が劣化によってひび割れやめくれが発生すると、そこから雨水が染み込み、階下の雨漏りに繋がる。
サッシの劣化
窓のパッキンやシーリングが劣化したり、サッシのネジが緩む事で隙間ができやすくなり、雨漏りになる。
他にも雨樋の破損や、配管不良結露害獣などの糞尿など、屋根不具合以外にも雨漏りの原因は多岐にわたります。
雨漏りの原因がはっきり分からないまま工事を行っても、まったく違う場所が原因だった場合は雨漏りが解決しません
その為、雨漏りは原因の特定が非常に重要なのです

雨漏りの原因を探ります!

外壁クラック 雨漏り原因 増築リフォームの境目 現地調査
外壁にクラック 増築リフォーム後 境目 雨漏り
外壁に大きなひび割れがありました

こちらは10年前に増築リフォームした箇所で、境目に打ったシーリングが劣化してひび割れていると考えられます
ちょうど雨漏りしている部屋近くの為、雨漏りの原因として十分考えられます。
窓 木枠 ひび割れ 隙間 雨漏り
窓の木枠 隙間 ひび割れ 雨漏り


先程の外壁クラック近くにある窓の木枠に、隙間ひび割れなどが見られ、室内には雨水によって濡れた跡がありました

こちらの窓木枠も、増築リフォーム時に取り付けられたそうですが、劣化が進んで隙間ができ、室内に入り込んでしまったようです
笠木 歪み 地震
ベランダの笠木に歪みができています

笠木とはパラペット(立ち上がり部)に仕上げに乗せられる部材で、中に水が染み込まないようにする役割を持ちます。
笠木の板金が歪んでおり、恐らく地震などで歪んでしまったと考えられます

この状態で今すぐ何か問題が起こるわけではありません。
しかし、笠木がズレたりすると防水の役割を果たせず、部材が劣化する可能性もあります
ドレン ベランダ 雨漏りの原因調査
ベランダドレン 雨漏り調査
雨漏りしている部屋の真上にあるベランダも調査しました

ドレン(排水口)の内部を確認しましたが、詰まりなどはありませんでした
しかし、こちらの排水管は雨漏りしている部屋の天井裏に配置されている為、
排水管が内部で破損し、雨水が漏れている可能性も考えられます
before1
天井点検口がない 取り付け前 点検口

排水管の状態を確認するには、天井裏に入る必要があります
しかし、雨漏りしているこちらの部屋には点検口がなく、天井裏に入る事ができません

その為、第一段階として
『天井点検口の取り付けの上、天井内部の点検』
をご提案させていただき、御見積を提出させていただきました
vertical
after1
天井点検口取付け 雨漏りの原因調査
お客様より依頼をいただき、後日天井点検口の取付けを行いました

早速こちらの点検口から天井裏の内部点検を進めていきます
天井裏 雨漏り調査 ベランダドレン 断熱材

天井裏に入りました

奥に見えるのがベランダから繋がっている排水管です。
ドレンのちょうど下にある断熱材が、水に濡れたのか変色しており、破れて一部中身も出ていました

(写真に写っているツルは、外壁に張り巡らされたツル植物が、建物の隙間から天井裏まで入り込んだようです)
ドレン 継ぎ目 排水管 水漏れ 雨漏り


ドレンの継ぎ目に水が漏れた跡がありました

やはり、今回の雨漏りの原因は、
排水管から水漏れが起こり、室内に雨水が回ってしまった事でした。

お客様には雨漏り原因の解決策として、
『排水管の継ぎ目部分にコーキング補修』
のご提案とお見積りを改めて提出させていただきました
今回は建物の各所にひび割れや劣化が見られ、考えられる原因が複数ありましたが、
天井点検口を取り付けて天井内部まで調査する事で原因の特定を行う事ができました

雨漏りを放置すると、部材の劣化が進行したり、カビの発生による健康被害にも繋がります
雨漏りに気付いたらお早目に修理を行う事が、大切なご家族と建物の健康を守る鍵になります

住宅に関するお悩み・ご相談は街の屋根やさん熊本店にお気軽にお問合せくださいね

この工事の現場ブログ

増築リフォーム後 雨漏り 現地調査 原因調査

2021/03/22/ 熊本市中央区にて2階建て住宅の1階部分で雨漏りした原因を特定

熊本市中央区のお客様より雨漏りのご相談があり現地調査を行いました建物詳細 2階建て木造住宅(10年前増築リフォーム)相談内容1階の一部屋が雨漏りしている。増築リフォームを行った境目がひび割れていて、怪しい(雨漏りの原因である)気がする。10...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区で集合住宅の雨漏りした瓦屋根をコロニアルに葺き替え工事

葺き替え工事 施工前 セメント瓦 雨漏り
葺き替え工事 施工後 コロニアルクァッド 耐震性向上
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
アパート
使用素材
コロニアルクァッド・ゴムアスファルトルーフィング『タフガード』
築年数
47年
建坪
約120坪
保証
工事費用
235万円
施工事例

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事

外壁塗装 クラック 工事前
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

熊本市東区で雨漏り原因のベランダ防水工事と屋根外壁塗装工事

ベランダ防水工事 工事前
ベランダ防水工事 工事後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
擁壁塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
FRP防水
築年数
12年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
140万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市中央区出水で外壁塗装工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
建坪
約35坪
保証
工事費用
85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏れ 原因箇所

春は寒冷前線や低気圧の急激な発達などによって、雨漏りなどの被害が起こりやすい季節ですまた、この季節は虫の産卵期などが重なり、虫の被害も多くなります。みなさんは、雨漏りが原因で虫の発生が起こってしまう事をご存じでしょうか雨漏りと虫の発生??っ...........

スレート屋根 苔 劣化

熊本市北区のお客様より屋根と外壁の工事を検討しているとご相談を受け、現地調査にお伺いしました

現地調査時 雨漏り 屋根葺き替え工事

セメント瓦の浮きが原因で、雨漏り被害があった集合住宅のオーナー様より工事のご依頼がありました前回の現地調査の様子はこちら今回はセメント瓦屋根をスレート(コロニアル)へ葺き替えの工事を行う事になりました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346