オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市中央区にて台風で飛散した棟板金とテラス屋根の現地調査


熊本市中央区にて去年の台風被害のご相談を受け、現地調査にお伺いしました
現地調査 棟板金飛散
建物詳細 木造2階建て住宅

築年数  約20年

屋根種類 スレート屋根

ご相談内容
去年の台風で屋根のパーツが外れてしまい、簡易的な応急処置で過ごしてきましたが、そろそろ心配なので修理を依頼しました。
1階テラスの屋根も1枚外れてしまって困っています。

応急処置されていたので雨漏りなど被害はないそうですが、ずっとそのままというわけにはいきませんよね。
早速調査を行って被害状況を確認させていただきます

現地調査の様子

棟板金飛散 台風被害
隅棟の板金一部が飛散し、木下地部分(貫板)に
ブルーシートを被せテープで固定している状態でした

テープだけの固定では、強風時に板金が
飛散や落下してしまう危険性が高くなってしまいます!


貫板 劣化状況
貫板も端が割れ、経年劣化の進行もあり全体的に
木材の痩せが見られます

このままでは、貫板に雨水が浸透し
限界まで雨水を吸い込んだ貫板からはポタポタと
雨水が屋根下地や屋根裏に落ち、
建物内部に大きなダメージを与えてしまいます
今回外れ落ちた『棟板金』というパーツは、屋根の棟部分に取り付けられた金属製の板の事です。
棟板金の下地である『貫板』も劣化で割れてしまっています

棟板金は家で一番高い所にある『棟』を守る、住宅において非常に重要な部分です
しかし、『強風時に外れてしまった』というご相談が非常に多い部分でもあるのです。

なぜ棟板金は外れやすい?

棟板金が外れやすい理由はいくつかあります。

1.金属の熱膨張による抜け
金属は熱くなると膨張し、冷たくなると収縮するという性質があります。
屋根の上は昼と夜で温度の変化が大きく、金属である棟板金は膨張と収縮を繰り返すうちに、
固定している釘やビスが浮いたり抜けてしまいます。

2.釘の錆び
築年数が長い住宅では『鉄くぎ』を棟板金固定に使用している場合が多く、鉄は錆びやすい性質があります。
錆が付く事で釘が膨張し、釘穴を広げて固定力が弱まってしまい、棟板金が外れる原因になります。

3.強風の影響
棟板金は住宅で一番高い位置にあり、その分風の影響も受けやすくなります。
少しでも浮きがあると、風を受けやすくなって更に浮きあがってしまいます。

4.貫板の劣化
棟板金を取り付ける下地材である木製の貫板は、棟板金に少しでも隙間ができてしまうと、
水分を吸収して劣化が進行します。
腐食が起こった貫板では、棟板金がしっかり固定できず、たとえ釘やビスの打ち直しを行ってもすぐに抜けてしまいます。
そうなってしまうと、貫板も新しい物に交換する必要があります。

建物の一番高い位置にある重要な部分ですが、その分風や直射日光の影響も受けやすいのが棟板金です。
もし外れてしまって落ちてきたら・・・と思うと、とても怖いですよね
どうしても経年劣化してしまう為、10年に一度はメンテナンスを行うようにしましょう
棟板金飛散 応急処置

今回お客様には棟板金と貫板の交換をご提案させていただきました

ブルーシートをテープで貼りつけただけの応急処置では、工事日までに外れてしまう可能性がある為、こちらで応急処置のやり直しを行っておきました
新しいブルーシートを被せ、桟木(さんぎ)という木製の板をビスで打ち込んでしっかり固定させました。

これで工事日までは安心してお過ごしいただけるかと思います
平板屋根 飛散状況

1階テラスの平板屋根も、台風時に棟板金と同様に1枚外れてしまったそうです

こちらは洗濯物を干す所の為、
『急な夕立などで洗濯物が濡れてしまう』
とお困りの様子でした。

こちらは飛散箇所に新しい平板の張替え工事をご提案しました
今回の現地調査の結果をお客様に見ていただき、工事内容のご案内と御見積書を提出させていただきました


ところで、台風などの自然災害で住宅被害受けて工事を行った場合、
火災保険の『風災特約』が適用される事はご存じでしょうか?

しかし、請求できるのは被害を受けてから3年以内で、
それ以前の自然災害については保険の対象外となってしまいます。
台風被害を受けてもまだそのままにしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、屋根の上など普段見えない場所の被害はすぐに気付きにくく、
申請期間の3年を過ぎてから気付いた場合、もちろん工事費用は全額自己負担となってしまいます
また、経年劣化による場合も保険適用外になります

その為、台風や強風後にはご自身で出来る範囲で住宅のチェックをしていただき、
『屋根からバタバタと音が鳴るようになった』『天井にシミができるようになった』
など少しでも気付いた事があれば、専門業者にご相談される事をおすすめします

街の屋根やさん熊本店では、保険請求での工事も行っておりますので、ぜひお気軽にお電話くださいね
お問合せの際に『火災保険を使って工事をしたい』とお伝えいただけるとスムーズです

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市中央区出水で外壁塗装工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
建坪
約35坪
保証
工事費用
85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 建物全景

熊本市中央区のお客様より、『屋上の端にある金属部品が去年の台風で外れてしまった!』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

棟板金張替え 貫板撤去

熊本市中央区で台風被害を受けた棟板金とテラス屋根の張替え工事を行いました前回行った現地調査の様子はこちら

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346