熊本市中央区で2階屋根棟瓦と壁の取り合い部分から雨漏りが発生


雨漏り調査 2階天井 雨漏り部分
 熊本市中央区にて『2階・和室の天井から雨漏りがするので点検してほしい!』
とお客様からお問合せを受けて、現地調査にお伺い致しました

上記画像が、2階・和室天井の雨漏りの状況となります

雨漏りの状況をお伺いすると、初めは天井にシミがあるかな?位で、あまり気にはならなかったみたいですが、強い雨の時に雨漏りが酷くなってきたみたいです

まずは、屋根に上がる前に雨漏れの状況を確認して、屋根に上がって不具合箇所を確認して行きます

??屋根に上がり不具合箇所を確認して行きます!

雨漏り調査 2階 寄棟



『寄棟』

雨漏れが起こっている箇所の上に上がってみると、寄棟がありました

寄棟の瓦を調査致しましたが、特に割れも見当たりません
雨漏り調査 大屋根 寄棟
『寄棟・水下部分』

先程、点検をしました寄棟の水下部分になります

こちらの棟瓦も特に問題は見当たりませんでした




雨漏り調査 壁 クラック
『壁・クラック』

上記画像は、壁にクラック(ひび割れ)が入っていました

横殴りの雨が降ってしまうと、クラック箇所より雨水の浸入が考えられます

クラック箇所には、コーキングでの修理が必要です?
雨漏り調査 寄棟 壁取り合い部分
『寄棟と壁の取り合い部分』

不具合箇所を確認して行くと・・・

寄棟と壁の取り合い部に隙間が開いていました(゚д゚)!!

こちらの隙間から、少しずつ雨水が内部に浸入し雨漏りが起こってしまったと考えられます
雨漏り調査 寄棟 壁取り合い部分②
『寄棟と壁の取り合い部分:反対側』

隙間が開いている””寄棟と壁の取り合い部分の反対側””は、シッカリと板金が施工されています??

本来はこのような施工をしなくてはいけないのです

お客様には、不具合箇所の画像をお見せしながらご説明を致しました。

寄棟の積み替え・板金施工のご提を致します?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来であれば、不具合箇所の反対側のように、シッカリと板金がかぶっており漆喰など壁との隙間が開いても、板金が雨漏れの原因となる雨水の浸入を止めてくれるのです

雨漏りの特定は住まいに携わっている私達でも時間が掛かる作業で、最も難しい補修工事とも言われています。

雨漏りの疑いがあるかも・・・と気になる箇所があれば一度、業者さんへお問合せをしてみてはいかがでしょうか

                                 ~街の屋根やさん・熊本店~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市中央区出水で外壁塗装工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
建坪
約35坪
保証
工事費用
85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 和室 雨漏れ シミあと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上益城郡益城町にて、『和室と洋室の天井にシミが出来ているので点検をお願いしたい!』とご連絡を受け、現地調査に向かわせて頂きましたお客様に状況をお伺いする...........

現地調査 波板破損飛散箇所 波板・アクリル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市南区で、強風に煽られてベランダのアクリル波板が破損・飛散してしまったお客様よりご連絡を頂戴し、現地調査にお伺いをさせて頂きましたお客様にお話をお伺...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346