熊本市で農作業用小屋を和瓦からコロニアルに葺替えました。


ブルーシートで応急処置を施した着工前の農作業小屋
熊本地震によりセメント瓦の本棟が崩れてしまったために、雨漏りが発生してしまいました。

ブルーシートと強風対策ネットを使用して応急処置を施した農作業小屋の全景です。

築年数がだいぶ経過しているので、今回はKMEW(ケイミュー)のコロニアルグラッサにて

葺替え工事をおこない、屋根の軽量化をし、今後の地震などの災害を考慮した

農作業用小屋へ改修いたします。

屋根が軽量化されることで、重心が低くなり、地震の揺れが軽減されます。

また、コロニアルグラッサは1枚1枚の重なり面積が多いので、台風などの

強風にも強いので安心です。
雨樋との高さを調整するための胴縁
野地板の改修をして、垂木(たるき)に胴縁(どうぶち)(=高さを調整する角材)を打っていきます。

これまでが和瓦の屋根でしたのでの、この胴縁を入れて、

雨樋へのおさまり(高さ)を調整します。

この胴縁の上に、構造用合板(12ミリ厚)で下地を作るので

強度も断熱性も増します。
入母屋部分の壁との取り合いのため壁をきれいにカット
入母屋部分や下屋部分は壁との取り合いが肝心です。

雨漏りの原因になりやすい箇所なので丁寧な工事が必要となります。

ルーフィング(ゴムアスファルト防水シート)はしっかりと立ち上げて

コロニアルグラッサ(屋根材)を葺いていきます。

カットした漆喰壁は左官工事をおこない、雨の侵入経路をしっかりと塞ぎます


コロニアルグラッサで葺替えをした農作業用小屋
全工程を終え、改修工事が完了しました。雨漏りも止まり、屋根の軽量化もできました。

漆喰壁の和風な外観でしたが、コロニアル葺きでもまったく違和感はありません。

今回の工事のポイントは漆喰壁との取り合い部分です。

サイディングや板金での仕上げではなく、漆喰で仕上げたことで

より美しく仕上がりました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市で地震被害に遭った屋根をコロニアルに葺き替えました

CIMG5424
CIMG5513-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト コロニアルクァッド ネオブラック
築年数
25
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
900,000円
施工事例

益城町で陶器和瓦からコロニアルへの葺替え工事

着工前
完工しました
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
KMEW(ケイミュー)コロニアルクアッド
築年数
建坪
保証
10年間
工事費用
参考価格約240万円(足場込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市南区城南町おしゃれな窯業系サイディングの外壁塗装

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント ファインフッソ
築年数
約15年
建坪
34坪
保証
3年
工事費用
約120万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 住宅の劣化状況

熊本市西区にて、『住宅の屋根瓦の一部が劣化して屋根瓦が今にも落下してしまいそう!』とお客様よりお問合せがあり、現地調査にお伺いをさせて頂きました現場に着いてみると・・・築年数が経過した相当古い建物で、また、経年劣化が進み、今にも瓦が落下して...........

屋根瓦の現状

熊本市西区にて、2階建て住宅の屋根から白い石(漆喰?)の様な物が落ちてきた!と問い合わせがあり、現地調査へ向かいました築35年~40年との事で、各所で経年劣化等が進んでいる所が有りそうな感じですね早速、調査を始めて行きたいと思います屋根に昇...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346