オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

玉名市|漆喰の剥がれにより軒裏の変色が発生した現地調査の様子


屋根点検 建物全景
本日は玉名市のお客様よりご相談のお問合せをいただき、現地調査へ向かいました

建物詳細
築30年の2階建て瓦屋根住宅

相談内容
・軒裏が変色している
・屋根の上からセメントのような欠片が落ちてきた
・雨漏りや漏水はないが点検してほしい

早速調査していきます

軒裏の変色
まずはお客様が気になっていた軒裏を見てみました。
軒裏の大部分で木材が変色しています
大屋根 瓦の状態
大屋根に上がって瓦の状態を見ます。
平瓦、のし瓦、冠瓦すべて歪みや割れはなく、瓦の状態は良好と言えます
鬼瓦 のし瓦 漆喰劣化
しかし鬼瓦付近を近くで見ると、
漆喰の劣化がよく分かります
漆喰劣化 割れ落ち
大屋根の漆喰の大半は劣化や欠落があります
谷樋 漆喰剥離
谷樋 漆喰剥がれ落ち
谷樋の漆喰も剥離して落ちています
このまま放置すると谷樋から雨水が入り込み、雨漏りになってしまう可能性もあります
下屋部分 漆喰欠け落ち
下屋(1階にかかる屋根)棟の漆喰が
劣化により割れて欠け落ちています
のし瓦 漆喰はがれ
下屋ののし瓦下にある漆喰も、欠け落ちています
お客様が言う「セメントのようなものが落ちてきた」
というのは、恐らくこの部分の漆喰が欠けた事によるものでしょう。

現地調査の結果とご提案内容

現地調査の結果
漆喰の劣化により、各所で漆喰の剥がれや欠落が起こっている。
・漆喰の剥がれ部分から軒裏に湿気が周り、変色に繋がっている
・瓦自体に割れや歪みはなく綺麗
・雨漏りなどトラブルはしていない

ご提案内容
瓦の状態は良好の為、今回は漆喰の塗替え工事をご提案
お見積もりを出させていただき、工事依頼をしていただきました。
落葉除けネットコラム ロゴ
瓦屋根は、経年劣化により漆喰部分に経年劣化や剥がれが起こったり、瓦がズレたり歪むという弱点があります。
雨漏りなどトラブルがなくても、定期的に点検やメンテナンスをする事で長持ちするお家になります
(瓦屋根の場合は約15年ごとの定期点検がオススメです)

今回は瓦の状態は良好でしたが、漆喰が欠落したまま放置しておくと、いずれ雨漏りや瓦のズレ・歪みが起こる可能性が高いです。
雨漏りや瓦のズレが生じてしまうまで放置しておくと、瓦葺き替え雨漏り補修などの大きな工事が必要になり、費用もかさんでしまいます
漆喰の剥がれや軒裏の変色に気付き、大きなトラブルが起こる前にご連絡をいただけてよかったです

住宅のちょっとした変化やお悩みを発見したら、ぜひ街の屋根やさん熊本店にご相談くださいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦 崩壊

前回、突風被害に見回れ現地調査を行った熊本市西区のお客様より工事依頼をいただき屋根補修工事を行いました現地調査の様子はこちら

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

軒先瓦 ズレ

熊本市西区のお客様より『突風が吹いて瓦屋根が割れてしまった』とご連絡があり、現地調査を行いました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346