オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

玉名市|漆喰の剥がれにより軒裏の変色が発生した工事の様子


漆喰劣化 鬼瓦付近
漆喰剥がれ 棟瓦
漆喰劣化 谷樋
先日現地調査で、瓦屋根の漆喰劣化を発見した玉名市のお客様より、工事依頼をいただき漆喰補修工事をしました。
(現地調査の様子はこちらをクリックでご覧いただけます。)

早速塗替え工事を始めます

大屋根棟瓦 漆喰メクリ
鬼瓦 漆喰メクリ
下屋 漆喰メクリ
谷樋 漆喰除去
まずは劣化している古い漆喰を除去しました
その際に瓦を積む際に使う葺き土(ふきつち)も一緒に出てきます。
出てしまった葺き土は詰め直さなくていいのかご心配される方もいらっしゃいますが、
新しく詰める漆喰は葺き土と漆喰の性能を兼ねる南蛮漆喰という商品を使いますので、ご安心ください
もちろん出した葺き土は綺麗に清掃します
大屋根 棟瓦 漆喰詰替え完了
鬼瓦 漆喰塗替え工事
下屋 漆喰詰替え工事
谷樋 漆喰塗替え工事
全ての箇所の漆喰塗替えが完了しました。
新しい真っ白な漆喰で、見栄えもよくなりました
お客様にも
「漆喰を塗り直すだけでこんなに家が綺麗に見えるとは思わなかった、ありがとうございます」
とお喜びいただけました
大屋根 一文字銅板補修
下屋根 一文字銅板補修
漆喰塗替えが終了し、清掃作業中に銅板に腐食による小さな穴を発見しました
小さい穴でしたので調査時に発見できず申し訳ありませんが、
補修をさせていただく業者としてはこの穴を直さずに工事完了とはどうしても納得がいきませんでした
お客様にもご説明、ご納得していただき、追加で銅板の部分補修をさせて頂きました。
これで銅板の趣をそのままに、寿命を延ばす事ができました。

漆喰の塗り直しの注意点

漆喰誤った塗り方
漆喰の塗り直しの際に気を付けないといけないのが、漆喰が上の瓦より外に出てはいけないという事です。
漆喰が瓦より外に出てしまうと、屋根を伝ってきた雨水を漆喰が吸収し、漆喰内部に水分が入り込み剥がれや割れの原因となり、雨漏りにも繋がります。
古い漆喰を除去せずに上塗りだけしても、漆喰が瓦より外に出てしまう事があります。
あまり瓦屋根の知識のない業者に頼むとそのような工事をしている事も少なくはありません

街の屋根やさん熊本店は屋根の専門業者です。
屋根に関するお悩みや点検は、街の屋根やさん熊本店にご相談下さいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井 雨染み

菊池郡大津町のお客様より雨漏りのご相談があり、現地調査にお伺いしました。詳しくお話をお伺いすると・・・『約3年前から1階と2階で雨漏りしている。 瓦が浮いている所があるので点検してほしい。』との事でした。雨漏りし始めたのが3年前からとなると...........

現地調査 天井裏の雨染み

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市南区のお客様からのお問合せ・・・『雨が降るとポタポタ音がして雨漏りが気になるので点検してほしいです!』とお問合せを受け、現地調査にお伺いさせ...........

棟瓦ゆがみ

熊本市西区にて、屋根や塀の瓦に強風被害を受けたお客様の改修工事をさせていただきました前回の現地調査の様子はこちら

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346