オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市でセメント和瓦を陶器防災瓦へ葺き直し工事をしました。


既存瓦、ルーフィング、瓦桟を撤去
既存のセメント瓦、ルーフィング、瓦桟を撤去し

傷んだ野地板は補修していきます。

ゴミなどが残った上にルーフィングを張ると、
湿気などで野地板を傷めてしまう原因にも
なりますのできれいにゴミを取り除きます。
ルーフィングを張り新しい瓦桟を打ちました
ゴムアスファルトのルーフィングを
ぴっちりと張り、

瓦桟はセメント瓦と陶器瓦では
寸法が異なる
ため、

しっかりと割り付け墨出しをして瓦桟を
打っていきます。
割り付けをし軒瓦から葺き始めます
瓦を屋根の上に運び、
スムーズに葺いていくために
あらかじめ配置を考慮して仮置きします。

軒先瓦から順に葺いていきます。

もちろん錆が発生しやすい鉄釘ではなく、
ステンレス釘で固定していきます。

乾式工法のため棟用のテープで固定します
これまで3段に積んだ棟でしたが、
熊本地震により
棟を固定していた漆喰が剥がれ、
棟が湾曲していました。

今回の葺き直しは地震対策として、
棟は乾式工法(金具固定)で施工しました。
(漆喰などで固定する工法は湿式工法)

漆喰やモルタルなどは屋根が重くなります。
屋根が重いと重心が高くなり、地震で揺れやすく
なってしまいます。

ステンレス製の金具で棟木を固定し、
ハイロールという棟専用の固定テープを使い、
雨の侵入経路を塞ぎます。

これにより屋根の軽量化ができるので揺れを
軽減できます。




7寸丸を使い一段で棟を仕上げます
7寸丸という棟瓦を1段でかぶせ、ステンレスビスで

固定しました。

棟瓦も1段になったのでこれまでの棟に比べると

格段に軽量化できました。
<<下屋の銅板屋根も改修しました。>>
before1
雨が落ち続け腐食し穴が開いてしまった銅板屋根
雨樋が外れ、同じ箇所に雨水が当たり続けた結果、

銅板屋根が腐食して穴が開いていました。

horizontal
after1
腐食して穴の開いた銅板屋根を新たな銅板で改修しました
穴が開いた箇所を新しい銅板で改修しました。

約30年の経年でだいぶ酸化、劣化していました。

外れていた雨樋を取付け、改修完了です。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346