オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市で地震被害、台風被害による陶器瓦屋根の現場調査をおこないました。


広範囲で瓦がずれています
ほぼすべての瓦がずれてしまって
います。
棟瓦も大半が落下しております。

放っておくと多少の揺れや強風でも
落下や飛散が考えられ、危険な
状態です。
ズレた瓦の下のルーフィングも破れています
瓦がずれたことにより、下地が
見えています。

瓦桟も効いておらず、
ルーフィングも破れてしまっています。

ルーフィングがこの状態では
雨漏りは避けられない状況です。

下屋の瓦もズレて下地が見えています
大屋根と比較すると、瓦自体のズレは
ひどくありませんが、2階から落ちた
瓦による損傷が激しく、
下地も傷んでいます。
袖瓦もずれています
袖瓦もずれています。
かろうじて落ちていませんが
強風や地震などで、いつ落ちても
おかしくない状況です。

画像奥の遠い方の棟瓦の
切り巴が落下しています。

剥がれた軒天と傷んだ鼻隠し
雨が染み込み、全体的に
雨染みとカビが発生してしまった
軒天です。
傷みがひどく、一部は剥がれ落ちて
いる状態でした。
雨樋も詰まりや破損で機能していない
状態です。
鼻隠しの劣化の進行しています。

傷んだ破風板
長年、雨風にさらされ、破風も
傷みが進んでいます。
木部の塗料が剥がれてしまい、
雨を吸い込んでしまって、反りや
さびなども進行しています。

全体的に損傷が激しく、
屋根の葺き替え、軒天の張替え、
破風、鼻隠しの交換、
雨樋の交換、木部の塗装を推奨致します。

老朽化、地震、台風と3つの要素と
養生期間の長期化で修復の規模も
大きなものとなってしまいます。

                  担当:宮下

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町|台風で破損した片流れ屋根の破風板の張り替え工事

破風板 耐風被害 破損 片流れ屋根
破風板張替え工事後 台風破損
工事内容
破風板・軒天部分補修
火災保険
平屋
使用素材
ケイカル板破風板・シリコンコーキング
築年数
10年未満
建坪
保証
工事費用
約20万

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市中央区出水で外壁塗装工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
建坪
約35坪
保証
工事費用
85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破風板 破損 台風被害

台風で破風板が破損したお客様より工事のご依頼をいただきました前回の現地調査の様子はこちら破損箇所の破風板を交換させていただきます

破風板 台風 破損箇所

菊池郡大津町のお客様より、『台風で屋根が壊れた』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

破風とは

上益城郡御船町のお客様より、「破風板が割れてしまっているので見に来てほしい。」とご連絡があり、現地へ向かいました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346