オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市東区にて集合住宅のセメント瓦をコロニアルへ葺き替え工事


現地調査時 雨漏り 屋根葺き替え工事


セメント瓦の浮きが原因で、雨漏り被害があった集合住宅のオーナー様より工事のご依頼がありました

前回の現地調査の様子はこちら

今回は
セメント瓦屋根をスレート(コロニアル)へ葺き替え
の工事を行う事になりました

屋根葺き替え工事の様子

足場設置 屋根葺き替え工事


葺き替え工事の際は必ず足場を設置させていただきます

足場の設置は
職人の安全確保作業品質の向上周辺への飛散防止
を目的に行います。

『うちは足場がなくても屋根工事ができます!』
と言い、足場を設置せずに梯子をかけて作業を行う業者もいるようですが、2m以上の高さで作業を行う際には足場の設置が労働安全衛生法で義務付けられています。
また、足場を設置せずに行う屋根工事非常に危険な上、作業品質・効率も下がってしまいます

別途いただく足場設置費用は決して安くはありませんが、
安心・安全・高品質な工事を行う為にご理解をお願いします
セメント瓦屋根 隙間 雨漏り



足場を組んだ後、既存のセメント瓦を撤去していきます

セメント瓦の屋根は、経年劣化によりこのような隙間がたくさんあり、雨漏りの原因になっていました
セメント瓦 下地 劣化
こちらは屋根下地の様子です

瓦を乗せている状態ではわかりませんでしたが、経年劣化と雨水が入り込んだことで、
防水紙が破れがあったり、瓦を留める為の桟木にも割れがありました

新しい屋根材をこの上から乗せても、劣化した下地では屋根材をしっかり固定できません
下地補強と不陸調整(表面を平らにする工程)の後、
今回は屋根の強度を上げる為に、この上から新しい下地を貼り増しします
野地板 屋根葺き替え
新しい野地板を取り付けます

『垂木(たるき)』という屋根の骨組み部分に
ビスを打ち付けて野地板を固定します
『コンパネ』と呼ばれる耐水性のある合板を使います
防水紙 屋根葺き替え工事
野地板の上に防水紙を張っていきます

防水紙はその名の通り、防水性のあるシートで、
『ルーフィング』とも呼ばれます
屋根を雨漏りから守ってくれる
屋根にとって欠かせない材料です

今回はケイミュー社のゴムアスファルトルーフィング
『タフガード』という高性能な商品を使用しました
水切り板金 唐草 屋根葺き替え工事
水切り板金 屋根葺き替え工事
下地を敷いたら、軒先に唐草(水切り板金)を取り付けます

唐草には軒先に流れた雨水を雨樋に流す役割があります
唐草がないと、軒先に流れていった雨水が屋根材を伝って軒裏に回ってしまい、
腐食や雨漏りの原因になってしまいます
一見目立たないですが、建物を守る為に重要な役割を持っている部材です
コロニアル 葺き替え工事



軒先に唐草を取り付けたら、遂に屋根材のスレートを取り付けていきます

今回は耐久性が向上した屋根材の、ケイミュー社の『コロニアルクァッド』という商品を使用しました
現在のスレートの主流素材とも言われています。
屋根材同士の重なり幅も正確に取り付けます

流れる雨水が内部に入り込まないように、軒先→頂上に向かって屋根材を設置していきます
葺き替え工事 片面完了 コロニアル
屋根葺き替え工事 棟板金 完了

屋根材が全面設置できたら、最後に棟板金を取り付けました

◆棟板金とは◆
屋根の中で最も雨風の影響を受ける『棟部分』に取り付けられる板金で、屋根内部に雨水の浸入を防ぐ役割を持つ。
棟板金の下地材として『貫板』という板を取り付け、雨水が入らないようにビスを横方向に打って棟板金を固定させる。
before1
葺き替え工事 セメント瓦 工事前
vertical
after1
屋根葺き替え工事 コロニアル 工事後
葺き替え工事が完了しました

工事前はセメント瓦に隙間ができていたことで雨漏りが起こっていましたが、葺き替え工事により解決しました
しかし、葺き替え工事による恩恵はそれだけではありません。
セメント瓦から軽いコロニアルに葺き替える事で
屋根の重量が軽くなり、建物への負担が軽減されて耐震性が向上します

建物全体の安全性が上がりますので、雨漏りしていたお部屋の方だけでなく
オーナーや住人の方々にも安心して過ごしていただけるかと思います

コロニアルクァッドの耐用年数は約30年と言われていますが、
環境や状況によっては耐用年数より早く劣化してしまう事もある為、
10年に一度は破損箇所の点検などを行い、定期的にメンテナンスを行う事をオススメします

街の屋根やさん熊本店ではお住まいに関する工事全般を行っております
建物でお困りごとやご心配があれば、お気軽にお問合せくださいね

この工事の現場ブログ

天井雨漏り 剥がれ

2020/12/11/ 熊本市東区の集合住宅で雨漏りが発生し現地調査にお伺いしました

熊本市東区の集合住宅のオーナー様より『雨漏りが起こっている』とご連絡があり現地調査にお伺いしました

現地調査時 雨漏り 屋根葺き替え工事

2021/01/12/ 熊本市東区にて集合住宅のセメント瓦をコロニアルへ葺き替え工事

セメント瓦の浮きが原因で、雨漏り被害があった集合住宅のオーナー様より工事のご依頼がありました前回の現地調査の様子はこちら今回はセメント瓦屋根をスレート(コロニアル)へ葺き替えの工事を行う事になりました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市で地震被害に遭った屋根をコロニアルに葺き替えました

CIMG5424
CIMG5513-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
カラーベスト コロニアルクァッド ネオブラック
築年数
25
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
900,000円
施工事例

益城町で陶器和瓦からコロニアルへの葺替え工事

着工前
完工しました
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
使用素材
KMEW(ケイミュー)コロニアルクアッド
築年数
建坪
保証
10年間
工事費用
参考価格約240万円(足場込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市東区で雨漏り原因のベランダ防水工事と屋根外壁塗装工事

ベランダ防水工事 工事前
ベランダ防水工事 工事後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
擁壁塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
FRP防水
築年数
12年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
140万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

熊本市東区で雨漏りした金属屋根にガルバリウム鋼板重ね貼り工事

金属屋根 錆び 雨漏り 工事前
金属屋根 錆び 雨漏り 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板波板
築年数
建坪
保証
工事費用
4~5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天井雨漏り 剥がれ

熊本市東区の集合住宅のオーナー様より『雨漏りが起こっている』とご連絡があり現地調査にお伺いしました

現地調査 建物全景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市北区にて、『屋根の軽量化』をご検討されているお客様より屋根全体の点検依頼のお問合せがあり、ご自宅にお伺いさせて頂きましたお客様宅は、築40年...........

現地調査 建物全景

熊本市南区のお客様より、カラーベスト屋根のリフォーム工事と内装工事のご相談があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346