オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市北区で雨漏り被害住宅の現地調査を行い問題点を数箇所発見


熊本市北区のお客様より、
『2階の天井から雨漏りが起こって困っている』
とお問合せがあり、現地調査にお伺いしました
現地調査 瓦割れ 雨漏り

建物詳細 2階建て木造住宅

築年数  30年以上

屋根種類 和瓦

ご相談内容
天井がポタポタと雨漏りしている。
ベランダの屋根も外れて困っています。

雨漏りがあると雨の日が不安になりますよね
こちらには30年以上住まれているそうですので、
全体的に調査させていただこうと思います

現地調査で様々な問題点が見られました!

天井 雨漏り シミ
2階の天井にシミができていました

屋根のすぐ下にある2階の天井ですので、雨漏りの可能性が高いですが、
このような天井にできたシミの原因は、実は雨漏りだけではありません
例えば、『天井内の結露』『給水・排水管の水漏れ』『天井内に住み着いた動物による糞尿』が原因の場合もあります。

いずれにせよ、『天井内部に湿気がある』という事は確かですので、
早く修理を行わないと建物の部材まで劣化してしまいます
瓦漆喰 劣化
瓦の漆喰が劣化してボロボロになっていました

漆喰には瓦同士の隙間を埋める役割を持ちますが、
これでは隙間ができ、瓦のズレや雨水が入りこむ原因となってしまいます
漆喰欠落 雨漏り
漆喰が劣化により欠落している所がありました

こちらには本来白い漆喰が詰められており、
内部に雨水が入りこむのを防いでいましたが、
欠落した状態では雨が降ると内部の葺き土に浸透し、
屋根内部の部材を通じて雨漏りに繋がってしまいます

漆喰が劣化する原因は?

漆喰劣化の原因
詳細
湿気を吸う
漆喰には元々調湿性があり、湿気を吸収・放出する性質を持つ。
しかし、それを繰り返すうちに、漆喰自体の柔軟性がなくなり、固くぼそぼそとした質感になり、割れやすくなってしまう。
地震
震災の揺れにより屋根に歪みができ、割れてしまう。
葺き土との隙間
瓦は葺き土を使って積み上げられ、その上に漆喰を塗って二重構造で固定しているが、境目があり年数が経つと葺き土と漆喰の間に隙間が生じる。
その隙間に雨水が入りこむと剥がれやすくなってしまう。
瓦の寿命は50年以上とも言われていますが、漆喰は瓦ほど耐用年数が長くありません。
漆喰が劣化すると瓦がズレたり外れる原因となりますので、
そうなる前に漆喰詰め直しなど、定期的にメンテナンスを行う必要があります

瓦 歪み

ケラバ瓦 欠落
ケラバ(屋根の端部分)瓦
瓦 落下 雨漏り
のし瓦
ケラバ瓦に歪みができて隙間ができたり、瓦が数箇所外れ落ちていました

抜け落ちたケラバ瓦の下にある葺き土を見ると、かなり減って痩せています
葺き土の痩せと漆喰の劣化によって固定力が弱まり、瓦が歪んだり外れやすくなっていたと考えられます。

このままでは瓦の下にある防水紙や野地板にも雨水が浸透して劣化し、雨漏りになってしまいます。

内部の防水紙や野地板まで劣化してしまうと、後々大規模な工事が必要になる為、
屋根の不具合に気付いたらすぐに補修を行う事が重要です
軒天 剥がれ 割れ
軒天 劣化 雨漏り
軒天(軒先の天井)が劣化で割れたり剥がれたりしていました

軒天は雨風が当たりにくく、傷みにくい場所に思えますが、なぜ劣化してしまうのでしょうか?

原因の一つに『屋根の劣化』があります。
屋根に割れなどがあると雨水が入り込み、その下にある軒天まで染み込んで劣化させてしまいます。
その他にも、雨樋の破損なども軒天劣化の原因となります。

軒天に穴が開いていると、鳥などが入って巣を作ってしまう事もあり、
そうなるとノミやダニ、糞尿被害に悩まされる事になります
また、横殴りの雨の日には軒天にも雨水がかかり、傷んだ軒天では室内にも水が回って雨漏りに繋がります
波板 飛散 苔


1階テラスの波板屋根が半分外れています

お聞きすると、強風時に外れ飛んでしまったという事でした
また、残った波板にもが生えており、劣化が伺えます。
残った波板屋根は強度が下っている為、強風時にまた飛散する恐れがあります。

こちらは塩ビ製の波板で、紫外線に弱く、経年により変色や変形が起こる為、
寿命は約3年程しかありません

基礎 風呂場外壁 隙間
外壁も点検していると、風呂場の辺りに基礎との隙間ができている所がありました

隙間に埋められたコンクリートが劣化してこのような状態になっていると考えられます。
こういった隙間があると、建物の強度が下がったり虫が入って巣を作る原因にもなります

ご提案内容は?

今回の現地調査で、雨漏り以外にも複数箇所の問題点があり、お客様に写真を見ていただき工事のご提案を行いました。

①雨漏りした天井→天井の張替え

②劣化した漆喰→既存の漆喰を撤去し、新しい漆喰を入れる

③歪みや外れがある屋根瓦→歪んだ箇所は葺き直し、外れている箇所は下地を入れ直して新しい瓦を張る

④劣化した軒天→新しい軒天に張替え

⑤飛散した波板→既存の波板を撤去し、耐久性の高いポリカーボネート波板に全面張り替え

⑥隙間ができた基礎→隙間にグラウト注入して固定

以上の工事をお客様にご提案し、御見積書を提出させていただきました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市北区で屋根外壁塗装工事を行いました

施工前全景写真
完工後全景写真
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
ジャパンカーボライン スーパームキコート
築年数
約15年
建坪
約40坪
保証
3年
工事費用
169万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 建物全景

熊本市中央区のお客様より、『屋上の端にある金属部品が去年の台風で外れてしまった!』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

棟板金張替え 貫板撤去

熊本市中央区で台風被害を受けた棟板金とテラス屋根の張替え工事を行いました前回行った現地調査の様子はこちら

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346