オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市南区でベランダ波板と雨樋が強風で破損し補修を行った様子


熊本市南区のお客様より、住宅の強風被害のお問合せがあり現地調査にお伺いしました

詳しくお話をお伺いすると・・・
『先日の強風でベランダの屋根と雨樋が破損してしまった。
 屋根がないので洗濯物を干せずに困っている。』
との事でした

毎日行う洗濯ですから、天気を気にせず干したいですよね

現地調査の様子

ベランダ波板 強風被害
ベランダ 波板 飛散
ベランダの塩ビ製波板がほとんど飛散していました

残った波板を見ると、経年劣化により紫外線などで焦げたような色に変色していました。
お客様のお家は一方から風を強く受ける立地にありました
波板が元々劣化していた事もあり、強風に耐えられず飛散してしまったと考えられます
雨樋 飛散
軒樋 呼び樋 竪樋 飛散
雨樋の大部分が割れて飛散していました

雨樋は屋根に降った雨水を地面に排水する役割を持ちます。
しかし、このように割れ落ちている状態だと適切に排水されず、
屋根から直接地面に雨水が落ち、泥はねで外壁を汚してしまいます。

また、軒から直接外壁に雨水が流れ、そこに少しでもひびなどの隙間があれば壁内部に水分が浸透して
雨漏りやカビ・シロアリなどを引き起こす原因にもなってしまいます
ご提案内容
ベランダ波板ポリカーボネート波板に全面張替え

雨樋飛散箇所に新しい雨樋を設置

他にも外壁など改修が必要な箇所はありましたが、
お客様のご希望で、今回は強風被害を受けた箇所のみの補修工事をさせていただくことになりました。

ポリカーボネートとは?

プラスチックの一種です。
一般的にプラスチックは熱に弱く、割れやすいイメージがあると思いますが、
ポリカーボネートはハンマーなどで叩いても割れないくらい強度があり、紫外線や熱にも強い素材です。
その上ガラスのように高い透明度を持ち、曲げたり加工がしやすいというメリットもあります。

耐久性・耐熱性・透明度・加工性が高い特徴から、
飛行機の窓・自動車やオートバイのテールランプ・ヘルメット・スマートフォンなど
強度や安全性が求められる様々な製品に活用されています。
デメリットとして重さで曲がってしまう点がありますが、
こちらの地域は滅多に積雪する事もなく、重みが掛かる心配はない為問題ないと言えるでしょう。

波板の張替え工事の際には、ポリカーボネート波板をおすすめします。
波板の材質
耐用年数
塩化ビニール樹脂
2~3年
ガラスネット入り塩化ビニール樹脂
5~7年
トタン
5~7年
ポリカーボネート樹脂
7~10年

後日工事にお伺いしました

ベランダ波板張替え 撤去後
まずは残っている波板をすべて撤去し、
普段は掃除できないフレーム(骨組み部分)
の清掃を行いました

張替えは脚立を用いて作業します。
ご自身で張り替えようとする方もいらっしゃいますが、
脚立の上での作業は想像以上に力が入りづらく、
落下などの危険も伴います

高所での作業は専門業者に依頼してくださいね。
ベランダ波板張替え 張替え後
新しいポリカーボネート製の波板を張りました

波板を張る際、
波板の重なりは2.5山以上重ね、
波板をフレームに止めるフックは5山間隔で留めていく
という施工基準があります。

これを守らないと風で浮きやすくなったり、
波板の間に隙間ができて雨が漏れてしまう
等の問題が起こってしまいます
before1
波板張替え 工事前
vertical
after1
波板張替え 工事後
波板を全面張替えた事で見た目も美しくなり、洗濯物が濡れる心配もなくなりました
雨樋 交換後

今回割れ落ちていた
軒樋・集水器・呼び樋・竪樋
の設置をしました

これで雨水が適切に排水され、
住宅への雨被害が少なくなりますね
before1
雨樋交換 工事前
horizontal
after1
雨樋交換 工事後

全ての補修工事が完了しました!

くまさん ロゴ
皆さんは
台風や強風などの自然災害によって建物に被害が出た場合、
火災保険が適用される事をご存知でしょうか?

火災保険と言えば火災だけじゃないの?と思われる事が多いかもしれませんが・・・
ご加入されている火災保険の補償内容で『風災』特約があり保険が適用されると、
修理費用のご負担が軽減されるかもしれません。

台風シーズンに備え、ご加入されている火災保険の補償内容を
ご確認されてみてはいかがでしょうか

今回のお客様も、火災保険の風災特約にご加入されていた為、保険が適用されました

保険の申請は被害を受けてから3年以内に行う必要があり、
経年劣化による不具合は保険適用外となりますのでご注意下さい!

自然災害の被害を受けた場合は、お早目に工事依頼される事をおすすめします。
街の屋根やさん・熊本店では火災保険での工事にも対応しております。お気軽にご相談くださいね   

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市南区にてスレート屋根剥れと雨樋破損の補修工事

スレート瓦めくれ 工事前
スレート瓦めくれ 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
工事費用
約9万円
施工事例

熊本市南区城南町おしゃれな窯業系サイディングの外壁塗装

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント ファインフッソ
築年数
約15年
建坪
34坪
保証
3年
工事費用
約120万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 棟板金飛散

熊本市中央区にて去年の台風被害のご相談を受け、現地調査にお伺いしました

現地調査 瓦割れ 雨漏り

熊本市北区のお客様より、『2階の天井から雨漏りが起こって困っている』とお問合せがあり、現地調査にお伺いしました

波板屋根 突風被害

菊陽町のお客様より、『ベランダの屋根が突風で飛ばされてしまった』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346