熊本市南区で強風に煽られベランダのアクリル波板が破損し調査へ


現地調査 波板破損飛散箇所 波板・アクリル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊本市南区で、強風に煽られてベランダのアクリル波板が破損・飛散してしまったお客様よりご連絡を頂戴し、現地調査にお伺いをさせて頂きました

お客様にお話をお伺いすると・・・💭
年数も経過しているので、そろそろ新しく波板の張替をご検討されていた様です
その矢先に強風に煽られて波板が破損してしまい、奥様は急な天候の変化時に洗濯物が雨に濡れてしまい困っています!とおっしゃっていました

ベランダの波板を拝見すると、上記画像の様に強風の影響と経年劣化が相まってアクリル波板が破損・飛散していました

この状態では、毎日の家事がストレスになってしまいますよね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現地調査:波板の被害状況

現地調査 アクリル波板破損・飛散箇所③ 下地板も腐食
『波板・下地板(胴縁)』

上記画像の様に、波板の下地板(胴縁)も経年劣化によって腐食しています

腐食している下地板(胴縁)をこのままにしておくと、強度的にも不安がありますので、『下地板の取替』もお客様にご提案させて頂きたいと思います
現地調査 アクリル波板破損・飛散箇所②
『アクリル波板』

アクリル波板は、軽量で透明性は高いのですが、近年、多く使用されているポリカーボネート波板に比べると耐衝撃性、耐久性が少し弱くなってしまいます。
また、紫外線に弱く劣化も早いという特徴があります。
現地調査 アクリル波板破損・飛散④
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『現地調査終了→お客様へのご提案』

現地調査終了後に、お客様には調査時撮影を致しました画像で被害状況のご説明をさせて頂きました

被害箇所のご提案内容は・・・

★『アクリル波板』から、耐衝撃性や耐久性が高い『ポリカーボネイト波板』へ波板張替
★腐食していた『下地板の取替』

今回、被害に伴う修理費用は、ご契約されている火災保険(建物)の風災でご対応されるそうです。

皆さんも、自然災害(風災・水災・雹雪災)の被害に遭われた場合は、火災保険(建物)が適用される場合がございますので、一度、保険会社へご確認してみてはいかがでしょうか

桜の開花など”春”が近づいてくると””春一番””が吹き荒れ、波板が飛散すると言った被害に遭われたお客様より修理のご連絡を多く頂きます

同じ様な事例でお困りのお客様がいらっしゃいましたら、いつでも街の屋根やさん・熊本店までご連絡下さいませ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市南区城南町おしゃれな窯業系サイディングの外壁塗装

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント ファインフッソ
築年数
約15年
建坪
34坪
保証
3年
工事費用
約120万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 和室 雨漏れ シミあと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上益城郡益城町にて、『和室と洋室の天井にシミが出来ているので点検をお願いしたい!』とご連絡を受け、現地調査に向かわせて頂きましたお客様に状況をお伺いする...........

現地調査 棟板金飛散 木下地剥き出し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市北区のお客様より現地調査のご連絡を頂きました!『突風で屋根の一番高い所の板金が飛びアンテナも倒れているので、他にも被害がないか点検してほしい!』と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346