オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

自然災害に強い『瓦屋根のガイドライン工法』についてご紹介します


『瓦』日本らしい趣や情緒があって古くから使用されており、現在でも多くの住宅で採用されていますよね

瓦屋根は昔の家と大きく変わらないように見えますが、瓦を屋根に取り付ける工法については日々進化しており、
その一つに『ガイドライン工法』という工法があります

ガイドライン工法とは?

瓦屋根 日本らしい雰囲気
建築基準法大震災などで大きな建物被害を受ける度に少しずつ見直し・改正がされており
その中でも建物の耐震基準が大幅に見直されたのが、阪神淡路大震災を受けた2000年の建築基準法改正です。

それを受けて2001年に全国瓦工事業連盟により設定されたのが『瓦屋根標準設計・施工ガイドライン』です。
ガイドラインでは瓦の形状や屋根の各部位ごとに施工方法が細かく定められており、
震度7の大震災や各地域の基準となる強風にも耐えられる施工方法を実現しました

ガイドラインに沿った瓦屋根の工法を『ガイドライン工法』と呼ぶのですが、
今回は瓦屋根の『棟』部分のガイドライン工法についてお伝えいたします
皆様は『地震の力が集中するのは棟(屋根の頂上)である』という事をご存じでしょうか?
瓦屋根は重量がある分地震に弱く、その中でも特に崩れやすいのが『旧工法で積み上げられた棟』なのです

まずは旧工法ガイドライン工法棟の断面図を見比べてみましょう

旧工法 棟の断面図
旧工法(大回し工法)での棟部は、葺き土漆喰で瓦を固定し、緊結線によってのし瓦と冠瓦をくくりつけていました。
平常時やある程度の強風には耐えられるのですが、大地震では棟部の瓦が落下してしまう可能性が高いです

また、年数が経つと瓦を固定している葺き土・漆喰・緊結線が劣化し、瓦が外れたり、棟に歪みができやすくなる不安もあります
ガイドライン工法 棟の断面図
ガイドライン工法による棟部は、冠瓦が芯材と補強金物を通して屋根の下地と固定されており、のし瓦同士も緊結線で繋がって固定されています

いわば棟部と躯体がすべて一体になっており、震災や台風が来ても瓦が脱落することはなく安心安全です
現在ほとんどの瓦屋根で平瓦部分は乾式(葺き土を使わない工法)なのですが、
棟瓦はまだ旧工法で積み上げられているお家も多く、震災時に棟瓦が崩壊・落下する可能性があります
実際にガイドライン工法による棟の積み直し工事を行った際の様子をご紹介します
棟積み直し工事 工事前
こちらの棟は旧工法で棟瓦が固定されていました。

緊結線でのし瓦と冠瓦がくくりつけられているものの、
家の躯体とは繋がっていません
もちろん平常時には特に問題はありませんが、地震や超大型台風で棟部分が落下してしまう可能性があり、経年劣化で棟の強度も下がっていきます

棟の積み直しには、まず既存の棟瓦(冠瓦とのし瓦)を一旦撤去します
瓦に割れやヒビがなかったので、撤去した瓦を再利用して積み直します
棟積み直し メクリ中
冠瓦を外した状態です

中の葺き土の保湿性が下ってカラカラに乾燥しています。
旧工法では葺き土によって瓦を固定していましたが、
劣化で漆喰との間に隙間ができ、
固定力が落ちてしまいます

また、葺き土を使うと屋根の重量も増す為、
建物への負担も大きくなります
棟瓦 めくり完了
のし瓦も外しました

中にも乾燥した土が見えます
瓦を外す際に葺き土がたくさん出て周りが
汚れてしまうので清掃も行いました
ガイドライン工法 強化棟 棟補強金物
棟の下地に『棟補強金物』を取り付けます
旧工法では棟瓦は家の躯体と繋がっておらず強度が心配でしたが、ガイドライン工法で作る強化棟は
棟補強金物を下地に取り付け、瓦と家が一体になる事で震災に強い屋根になるのです

棟補強金物に芯材を取付けてビスで補強金物に固定させ、その周りに南蛮漆喰を詰めていきます
葺き土を使わず、葺き土+漆喰の性能を持つ『南蛮漆喰』を使用することで
葺き土が乾燥して固定力が下る事もなく、耐用年数も長くなります

※強化棟は『防災棟』や『強力棟』とも呼ばれています。
のし瓦 結束 ガイドライン工法

のし瓦を重ね、緊結線でのし瓦同士を結束します。
今回はのし瓦を3段に重ねていますが、1段目ののし瓦は芯材の下で結び、2・3段目ののし瓦は芯材の上で結んでいます

旧工法では緊結線が外に出てしまう為、紫外線や風雨が直接当たって劣化してしまいますが、ガイドライン工法では緊結線を中で結んでいる為、紫外線や雨風に直接さらされることもありません
冠瓦 パッキン付きステンレスビス ガイドライン工法
ガイドライン工法 強化棟 積み直し完了
冠瓦を乗せ、パッキン付きのステンレスビスで固定させました。
これでガイドライン工法での強化棟が完成です

ビスは芯材に打ち付けられており、これで棟が全て一体となり、地震や強風にも耐えられる強い棟になりました。
使用している瓦は既存の物と同じですが、工法を変える事で強い棟に生まれ変わらせる事ができます
(瓦が割れたり劣化している場合は新しい瓦を使用します。)
くまさんロゴ くまさんホーム
今回は自然災害に強い『ガイドライン工法』についてご紹介させていただきました

今回ご紹介した『ガイドライン工法』は新築の瓦屋根には義務付けられていますが、
既に建っている住宅に対しては積み直さないといけないなどの義務はありません。(2020年12月時点)

しかし、毎年のように記録的自然災害が日本を襲い、多くの住宅が被害を受けていますよね
瓦屋根のメンテナンスを検討されている方は、崩れやすい棟部分を
震災に強いガイドライン工法の強化棟にしてみてはいかがでしょうか

『長年屋根のメンテナンスを行っていない』 『うちの屋根の強度は大丈夫?』
などのご相談は、街の屋根やさん熊本店にお気軽にお問合せくださいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346