オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
街の屋根やさん
街の>屋根やさん
街の屋根やさん

菊池郡大津町で防災瓦が剥がれて雨漏りした屋根の瓦葺き直し工事

工事のきっかけ

菊池郡大津町のU様より、屋根の瓦が剥がれてバラバラになっているとご相談がありました
現地でお話をお聞きすると、屋根瓦の大部分が剥がれて室内も雨漏りしている為、大変お困りの様子でした。

U様邸の屋根を詳しく調査すると、瓦は軽くて耐久性・防災性の高い『防災瓦』が使用されていました。
しかし、本来防災瓦は一枚一枚がビス留めするのが正しい施工方法なのですが、既存の屋根は瓦がビス留めされておらず、剥がれやすい状態になっていました。また、下地の防水シートに穴が開いていたり、瓦を留める為の桟木(さんぎ)にも割れが見られました。

瓦が剥がれているものの、瓦自体に割れがなかった為、瓦を再利用して固定し直す『瓦葺き直し工事』を行う事になりました。
一部の瓦を残して瓦を剥がした後、既存の防水シートの上からゴムアスファルトルーフィングを重ね張りし、屋根の防水性を復活させました。
瓦を固定する為の桟木も新しい物を取り付け、防災瓦本来の施工方法で瓦一枚一枚をビスで留めていきました。
工事後はU様を悩ませていた雨漏りも解消され、大変お喜びいただけました。U様からは施工後のアンケートもいただきましたので、ご一緒に紹介させていただきます。

【瓦屋根は重くて耐震性が低い】というイメージがありますが、防災性の高い防災瓦は正しく施工する事でズレや剥がれが起きにくく、耐震性の高い瓦屋根を作る事ができます。
地震や台風などの自然災害は忘れた頃にやってきます。防災備蓄や避難場所の想定だけでなく、建物にも地震や台風の備えを行っておきましょう。

屋根葺き直し,雨漏り修理,台風,地震,屋根材(瓦)

ビフォーアフター

before
突風で瓦が剥がれている
horizontal
after
瓦葺き直し工事完了後

工事基本情報

施工内容
屋根葺き直し,雨漏り修理,台風,地震,屋根材(瓦)
施工期間
1日
使用材料
ゴムアスファルトルーフィング・桟木・ステンレスビス
工事費用
19万5千円

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!
0120-81-9346