オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

上益城郡御船町にて飛散した棟板金と貫板の取付工事を行いました


上益城郡御船町のお客様より、雨漏りのご相談があり現地調査に伺いました

詳しくお話を聞くと・・・
『強風で屋根の部材が落下し、雨漏りが起こっているので修理してほしい!』
との事でした。

台風や夕立の多い時期ですから、雨漏りの心配箇所は早く修理したいですよね

現地調査の様子

雨ジミ 天井
壁 雨漏り
雨漏りで天井や壁に雨ジミができていました

雨水がポタポタと垂れてくることはないそうですが、このまま放置しておくとそういった状況も避けられないでしょう。
また、屋根内部に湿気がこもるとカビシロアリが発生する原因にもなりますので、早急に対処する事が大切です
棟板金 飛散
屋根に上がってみると、棟板金が外れて落ちていました

今回雨漏りが起こったのは、棟板金が外れた箇所から雨水が入り込んだ事が原因でしょう。
元々棟板金が経年劣化で釘の抜けがあったと考えられ、強風が吹いた際に棟板金が飛散したと考えられます。
お客様や通行人にお怪我がなくてよかったですが、上から金属の板が落ちてきたと思うととても怖いですよね

釘が抜ける主な原因は、棟板金の熱膨張にあります。
【熱膨張】は、金属が熱に温められた時に”膨張”が起きる現象の事です。
棟板金は金属の為、日に当たれば太陽の熱で膨張し、夜に気温が下がると収縮します。
膨張する時は釘も一緒に引っ張られ、収縮する時は板金だけが収縮し、長期間
”膨張”と”収縮”を繰り返す事によって、徐々に”釘”が抜けてしまいます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
棟板金とは
主に金属屋根やスレート屋根の棟部分に取付けられる板金で、
屋根と屋根が合わさる山部分を覆い、雨水の侵入を防ぐ役割があります。
屋根の頂上部分にある為、風雨や紫外線の影響を受けやすく
定期的にメンテナンスを行わないと釘の抜けや金属の伸縮が起こり、外れたり飛散しやすパーツです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
棟板金 貫板 外れ
こちらは棟板金だけでなく、
棟板金の下地材である貫板の一部も
外れ落ちていました

木材である貫板は、雨水が浸透した事で劣化し、腐食して割れ落ちてしまったのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
貫板とは
棟板金を固定する為の板です。
貫板に棟板金を被せて釘(ビス)を打って固定します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様に被害箇所の状況を見ていただきながら、工事内容をご説明させていただきました

今回は

・外れた棟板金の取付け
・劣化した貫板の張替え

をご提案・御見積書を提出し、工事依頼をしていただきました

後日工事を行いました

貫板張替え ビス打ち



まずは劣化した貫板を取外し、取付け部分を清掃してから
新しい貫板を取付けます。

今回は釘ではなく、ビスを4~5箇所くらい留めて
外れないように固定していきます。
棟板金 取付け工事
棟板金 ビスの打ち方
外れた棟板金に歪みや割れがなかった為、再利用して取付けます。
ビスを上から打っていると隙間から雨が入りやすくなってしまう為、棟板金の横からビスを打っておきます
棟板金 コーキング
棟板金の取り合い部分とビスを打った箇所には雨水が侵入しないようにコーキング材で塞いでおきました

工事が完了しました!

棟板金 取付工事完了
今回の工事はこれで完了しました
劣化していた棟板金をしっかり取付け直し、台風対策もできました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本格的に台風のシーズンに入りましたが、
皆さんはお家の台風対策はできていますか?
台風が来る前の対策ももちろん大切ですが、
台風が去った後も住宅の点検を行う事をお勧めします

もし屋根材や外壁などに被害を受けていても、すぐに雨漏りになる事は少なく、
被害箇所のわずかな隙間からでも、雨水は屋根内部に少しずつ侵入し、時間をかけて雨漏りになっていきます
その為、点検をしないと思わぬ所に台風被害を受けている可能性もあり、
ある日突然雨漏りが発生した、なんていう事も少なくありません

台風の前後にはお家の状態を目視でチェックしていただき、
何か気になる所があれば、街の屋根やさん・熊本店にご相談くださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346