オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市中央区にて台風で屋上の笠木が飛散し補修工事を行いました


熊本市中央区のお客様より、
『屋上の端にある金属部品が去年の台風で外れてしまった!』
とご相談があり、現地調査にお伺いしました
現地調査 建物全景
建物詳細  3階建て住宅

築年数   約30年

ご相談内容 
屋上の端に被せている金属パーツが、去年の台風で外れてしまい、応急処置をしたままになっています。
このままでは不安で見た目も良くないので、修理してほしいです。

今回被害を受けた『金属のパーツ』とはどの部分なのでしょうか?
早速現地調査を始めます

現地調査の様子

屋上笠木 飛散
笠木 強風 外れ
台風で外れてしまったのは『笠木(かさぎ)』という部分でした

雨水の浸入がご心配だった為、台風後にお客様が養生テープで応急処置を行われていました
危険を伴う中での作業となり、お客様にお怪我がなくて本当に良かったです。
外れた笠木を見るとかなり曲がっており、強風具合が分かりますよね
笠木の役割
笠木とは、塀やベランダの立ち上がり部分の上に被せる建材です。
笠木の素材には金属性やセメント・モルタルなど様々ありますが、
ベランダや屋上には金属製の笠木が使われる事がほとんどです。

『笠木がなくなっても特に問題はなさそう』と思われた方もいるのはないでしょうか?
笠木を取り付ける大きな目的として、『雨漏りを防ぐ防水効果』があります
笠木がある場合
笠木がない場合
雨が降っても笠木があればパラペット(ベランダやバルコニーの立ち上がり部分)には雨はかかりません。
しかし、笠木がない場合はパラペットに直接雨水がかかってしまいます

木造住宅の場合、パラペット部の構造部も木材であり、
外側に主成分がセメントのモルタルや窯業系サイディングを使用している場合がほとんどです
しかし、モルタルや窯業系サイディング自体の防水力は低く、雨が降った際に雨水を吸収して内部の木材まで浸透し、
部材を伝って天井や壁面からの雨漏りに繋がってしまうのです

雨漏りは屋根や壁だけでなく、意外な場所の劣化が原因である事も多く、笠木もその一つです
笠木 飛散原因



飛散せず残った笠木を見ると、ビスの間隔が2mほどと開きすぎており、ビスの長さも35mmしかありませんでした。
これでは固定力が弱く、ビスに少しでも劣化や浮きがあると笠木が外れやすくなってしまいます

また、笠木同士の間にあるコーキングの劣化も見られ、
既にメンテナンス時期であると考えられました。


毎日雨風や紫外線にさらされ続けている笠木は、日々劣化が進行しています
普段注目することは少ないかもしれませんが、住宅にとっては重要な役割を果たしている為、メンテナンスはしっかり行うようにしましょう

工事のご提案

お客様に被害の状況・原因と笠木の重要性もお伝えし、
『飛散箇所・笠木の取替工事』をご提案、御見積書を提出させていただきました

今回は応急処置をお客様ご自身で行われていた為、下地や室内の雨漏りまでは進行していませんでしたが、
もし内部まで劣化している場合は部材の交換など少し大がかりな修理が必要になります。

しかし、屋上やベランダ部での応急処置は危険を伴います
くれぐれも無理をされず、困った場合はすぐに専門業者にご相談くださいね

補修工事の様子

笠木張替え 清掃


後日、お客様より工事のご依頼があり補修工事を行いました

まずは応急処置のテープを外して清掃を行いました。
下地が劣化して欠けや凹凸があれば下地も補修しなければいけませんが、今回は特に問題ありませんでした
笠木 コーキング


笠木と笠木の重なる箇所にコーキングを打ってから新しい笠木を設置します
コーキングには防水効果があり、重なり部分の隙間を埋めて雨が入り込まないようにしておきます
笠木 張替え工事


新しい笠木を設置し、ビスで固定させました

今回はガルバリウム鋼板という金属素材の笠木を使用しました。
金属素材は錆びやすいイメージがあると思いますが、このガルバリウム鋼板は防錆性・耐久性が高い素材の為、屋根材としてもよく使用されています。

既存の笠木はビスの間隔が2mほどで開きすぎていた為、ビスを打ち増し、
新しい笠木も1m間隔でビスを打っておきました

また、ビスの長さも35mmから65mmに変更し、ビスを打った箇所に
コーキング処理を行って隙間から水が入り込まないようにしました
before1
笠木張替え 工事前
horizontal
after1
笠木 張替え 工事後
笠木が重なる場所にもコーキング処理を行い、最後に清掃を行って補修工事は完了しました

下地の劣化や雨漏りが起こる前に工事ができてよかったです
お客様にも
『残っている笠木も外れないか心配でしたが、しっかり取り付けてもらって安心しました
と喜んでいただけました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段あまり気にする事がないと思われる笠木の補修工事の様子をご紹介しました。
建物のパーツはそれぞれに重要な役割があり、
目立たない場所でも破損を放置してしまうと、建物のどこかに問題が起こる可能性が高くなります

『こんなパーツが外れてしまっているけど大丈夫かな?』
などご心配な方は、ぜひ街の屋根やさん熊本店にお気軽にご相談くださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市中央区出水で外壁塗装工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
建坪
約35坪
保証
工事費用
85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346