オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市東区にて台風により飛散した棟板金の補修工事を行いました


熊本市東区のお客様より、
『台風で屋根の一番高い部分が飛んでしまった』
とご相談があり、現地調査にお伺いしました
飛散した棟板金
建物詳細 木造3階建て住宅

屋根材  スレート

ご相談内容
去年の台風で屋根の棟板金が飛散してしまった。
雨漏りはしていないが、屋根の状態が心配。


台風の後、棟板金の一部が下に落ちていたそうです。
かなりの強風だった事がわかりますね
お客様は屋内に避難されていたのでお怪我はなかったそうですが、万が一これが人に当たっていたらと思うと、とても怖いですよね

現地調査の様子

現地調査 高所作業車

2階建てまでの住宅の調査でしたら、通常は梯子をかけて屋根に上がるのですが、
こちらは3階建て住宅で梯子をかけられない為、高所作業車を用いて屋根に上がりました

※高所作業車を使用する場合は、別途費用が必要となる為、使用する際は必ずお客様の了承をいただいてから行います。
棟板金 飛散箇所 貫板
こちらの棟板金が飛散して、中の貫板もほとんどが外れ落ちて一部しか残っていませんでした

棟板金・貫板とは

屋根の構造
 棟板金 ・・・屋根の頂上部分を守る金属製の板。
住宅の中でも特に雨風の影響を受けやすい頂上部分にある為、
固定する釘やビスの錆びや劣化が多く見られます。
また、金属製である棟板金は、温度の変化による膨張と収縮を繰り返すうちに、
釘・ビスの浮きや抜けも発生しやすい箇所です。

 貫板 ・・・棟板金を固定させる為の下地材。
木製である事から雨水が侵入すると劣化で腐食したり、釘やビスが抜けてしまう事があります。
棟板金が飛散した場合、貫板がむき出しになってしまう為、放置すると劣化が進行してしまいます。
貫板 棟板金 飛散 隙間
貫板を取付けている釘が錆びていました

釘が錆びた事で貫板の固定力が弱まり、
台風時の強風で飛んでしまったと考えられます
棟板金 飛散箇所
屋根の頂上から端までほとんど飛散していました

棟板金がない状態だと屋根に隙間ができ、
下にある防水紙や野地板が劣化する原因になります
屋根は何層にも重なっている構造の為、棟板金が飛散してもすぐに天井からポタポタと雨漏りするわけではありません。
しかし、隙間があるとそこから雨水が侵入し、部材を少しずつ劣化させながら時間をかけて室内にも浸透していきます

逆に言うと、天井からポタポタと雨水が垂れているという状態は、
建物内の部材が既に劣化している可能性が高いという事です
棟板金飛散 スレート屋根材割れ

スレート屋根材が割れていました

棟板金が飛散した箇所のスレートが割れている事から、
恐らく棟板金と貫板が飛散した際に一緒に割れてしまったと考えられます

スレートは薄くて軽く、耐震性の面で非常に優れています。
しかし、軽量で薄い分、割れやすい為、定期的に
塗装メンテナンスなどで強度を保つ必要があります。
今回の現地調査の結果を踏まえ、お客様には
足場設置の上、棟板金・貫板の取付け
をご提案しました

別途料金をいただきますが、3階建てで梯子をかけられない為、
足場を設置させていただいて工事を行う事になります。

お客様に足場設置の旨と工事内容をご説明し、御見積書を提出させていただきました

後日工事を行いました!

後日、お客様より工事のご依頼をいただきました
棟板金取付け工事 3階建て 足場


まずは足場の設置から行います

今回は職人が安全に屋根に上がる為の足場ですので、
住宅全体を覆い尽くす足場ではなく、
一部のみの足場を設置しました。
before1
棟板金飛散 工事前
horizontal
after1
棟板金飛散 工事後
飛散していた箇所に新しい貫板・棟板金を取り付けました

まずは貫板を屋根材にビスで固定し、その上から棟板金を取付けていきます。
棟板金 取付け順
棟板金は1枚の板ではなく、3枚(屋根の大きさによる)の板を順番に張っています。

その際気を付けないといけないのが、棟板金の取付順です。
雨が降ると屋根の上から下へ雨水が流れていく為
屋根の頂上→先端部分(鼻先)の順で取付けてしまうと、
棟板金が重なる部分の隙間から雨水が入りやすくなってしまいます
その為、鼻先→頂上に向かって順番に取付けていきます
棟板金 ビス打ち方向
また、棟板金を取付けるビスを上から打ってしまうと、万が一ビスが抜けてしまった際にビス穴の隙間から雨水が入りやすくなってしまう為、ビスは横方向に打って固定させます
棟板金 コーキング
他の棟板金との取り合い部分や、棟板金が重なる部分などにはコーキング材を充填しました
足場解体 屋根工事
最後に足場の解体・撤去を行い全て完了です

今回棟板金と貫板をしっかり取付けさせていただきました。
しかし、最初にも申し上げた通り、棟部分は建物の中でも紫外線や風雨の影響を受けて劣化しやすい部分である為、
今後も定期的なメンテナンスは行っていただくようにお客様にお話しさせていただきました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『皆様のお家の”棟部分”は現在どういう状態ですか?』
と聞かれて、すぐに答えられる方は少ないのではないでしょうか?

屋根の上は普段見る事が難しく、劣化に気付きにくい為、知らない間に雨漏りしていた・・
という事も少なくありません

大切なお家を永く快適に過ごしていただく為に、台風や大雨の後だけでなく、
定期的に点検を行い、まずはお家の状態を知っていただく事をおすすめします
その際はぜひ、現地調査・見積り無料街の屋根やさん熊本店にお問合せくださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

熊本市東区で雨漏りした金属屋根にガルバリウム鋼板重ね貼り工事

金属屋根 錆び 雨漏り 工事前
金属屋根 錆び 雨漏り 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板波板
築年数
建坪
保証
工事費用
4~5万円
施工事例

熊本市東区で飛散したウッドデッキとカーポート波板全面張替工事

デッキ波板飛散 施工事例
ウッドデッキ屋根 波板張替完了画像
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート
築年数
築20年以上
建坪
保証
工事費用
約20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

棟板金張替え 貫板撤去

熊本市中央区で台風被害を受けた棟板金とテラス屋根の張替え工事を行いました前回行った現地調査の様子はこちら

軒先瓦 ズレ

熊本市西区のお客様より『突風が吹いて瓦屋根が割れてしまった』とご連絡があり、現地調査を行いました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346