熊本市中央区にて瓦の飛散箇所より雨水が侵入し雨漏れが発生!!


雨漏れ現地調査 室内雨漏れ箇所
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


熊本市中央区のお客様よりお問合せ

2階の天井から雨漏れが発生しているとのご連絡を受けて現地調査へ向かいました

雨漏れが起こっている2階の天井を拝見させて頂くと、くっきりとシミの跡が残っていました

⚠このまま【雨漏れ】を放置しておくと、雨水が建物の木造部分の木材を腐らせ→濡れた状態が続く事で鉄骨が錆びてしまい→建物内部の湿度が上昇してカビの発生に繋がっていきま

建物の強度が低下し、一番恐ろしいのが建物の倒壊です

また、電気が通っている箇所が濡れる事で漏電が起こり火災が発生し建物が消失してしまう可能性も・・・

それでは、屋根の上に昇らせて頂き雨漏りの原因を調査したいと思います

?現地調査の様子~軒先~

雨漏れ現地調査 瓦飛散箇所
『雨漏れ箇所真上部分・軒先』

こちらの画像が、雨漏れが発生している2階天井の真上に当たる軒先の様子です

軒先の瓦が飛散しており、葺き土が剥き出しになっている状態で、雨水が浸入してしまい雨漏れが発生してしまったと思われます
雨漏れ現地調査 瓦落下
『瓦・落下状況』

飛散した瓦ですが、地面に落ちていました⚠⚠

幸いにも敷地内に落下していたので、事故に繋がらなかったことが不幸中の幸いでしたが、通行人の方に落下していたらと思うとゾッとしますね

?現地調査の様子~棟・劣化~

雨漏れ現地調査 棟 漆喰劣化①
『棟・漆喰の劣化』

経年劣化が原因で漆喰が剥がれ落ち、葺き土がむき出しになっています
雨漏れ現地調査 棟取り合い部分 漆喰劣化
『棟・取り合い部分』

漆喰の剥がれ落ちの他にも変色し黒ずんでおり、漆喰がポロポロ落ちている箇所も見受けられました
雨漏れ現地調査 棟 漆喰劣化状況
大棟・隅棟取り合い部分

棟の取り合い部になります。
こちらも劣化により、漆喰が割れている箇所等があります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現地調査をしてみると、瓦の割れの他にも漆喰がかなり劣化していました

漆喰の劣化により、屋根の内部に雨水が侵入してしまい雨漏れが発生してしまう原因になり、また、漆喰の固定力が劣化にて弱まってしまうと瓦自体も動きやすくなってしまう事があります

お客様に調査時の写真をお見せしながら現状をご説明させて頂き、『飛散してしまった瓦の復旧工事』『劣化している漆喰の塗り直し』をご提案させて頂きました?

                                  ~街の屋根やさん・熊本店~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市中央区出水で外壁塗装工事を行いました。

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
建坪
約35坪
保証
工事費用
85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 片流れ棟板金 破損箇所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宇城市にて、強風被害で片流れ屋根の棟板金が捲れてしまった!とお問合せがあり、現地調査へ向かわせて頂きましたお客様は今回、お住いへの被害が初めてで大丈夫か...........

カーポト破損

熊本市西区にて、『カーポート屋根が破損したので修理してほしい!』とご連絡を受けて現地調査へお伺い致しましたお客様に詳しい状況を確認すると・・・ご自宅と隣家のカーポト屋根の修理をしてほしい!との事でした。ご自宅のカーポート・・破損した際にご主...........

現地調査 瓦・漆喰剥がれ 現地全景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市東区のお客様より、『屋根瓦の破損』と『漆喰の剥がれ』が見られ屋根の点検をお願いしたい!とご連絡を頂きましたお客様のお宅へお伺いしお話をお聞きすると...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346