オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市南区にてのし瓦のズレが生じている箇所より雨漏りが発生


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊本市南区のお客様からのお問合せ・・・
『雨が降るとポタポタ音がして雨漏りが気になるので点検してほしいです!』とお問合せを受け、現地調査にお伺いさせて頂きました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨音が気になる屋根裏の状況は・・・??

現地調査 天井裏の雨染み



雨漏りが疑われる【屋根裏】の状況を確認させて頂くと・・

赤く囲んでいる所に雨水が浸入したと思われる雨染みが見受けられました

雨漏りの原因を屋根に上がり詳しく調査して行きたいと思います

屋根の状況はどの様になっているのでしょうか??

2階ベランダ屋根から現地調査
お客様のご自宅は、”ベランダ屋根”と”カーポート屋根”が設置されており正面から梯子をかけての現地調査は難しい状況でした

ご自宅の裏側も梯子を掛ける事が出来なかったので、お客様の了承を頂きベランダ屋根を仮撤去し脚立で屋根へ上がらせて頂きました




現地調査 瓦屋根全景
『瓦屋根全景』

雨漏りが起こっている『瓦屋根』の全景となります。

ご覧の通り両隣の建物が密集しているお宅なので、工事を行う場合は足場の設置が難しそうですね
現地調査 カラーベスト屋根全景
『増築を行ったカラーベスト屋根の全景』

お客様のご自宅は15年前に増築をされ、上記画像は増築を行った屋根で
『カラーベスト』になります。

15年が経過していますので経年劣化も見られ、そろそろ塗装を行うメンテナンス時期でもあります

現地調査:屋根の問題箇所は・・・??

現地調査 のし瓦ズレ
問題箇所①:のし瓦のズ

瓦屋根のし瓦のズレ漆喰が剥がれ落ち経年劣化が見られます

雨漏れ箇所付近が丁度この辺りになり、ズレが起っているのし瓦の隙間より雨水が浸入していると考えられます

棟を造り上げている一部に”のし瓦”があります。
瓦と棟のみでは雨水が浸入しやすく、のし瓦を積み上げる事で防水性を高めているのです

このままでは、大雨や強風時に棟全体が崩れてしまう危険があります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現地調査 屋根取合部分鬼瓦 漆喰劣化
問題箇所②:屋根取り合い部分・鬼瓦

左の画像は、15年前に増築されたカラーベスト屋根との取り合い部分の鬼瓦です。

鬼瓦箇所へ漆喰の厚塗りが見られます

漆喰は瓦と瓦の接着剤の役割があります。

画像の様に漆喰をはみ出すほど塗ってしまうと、接着剤代わりの漆喰が逆に雨水を受け傷み、棟の中に浸入してしまう恐れが・・・

漆喰は屋根に合わせた厚みで均一に塗っていきますが、厚さを間違えると”漆喰の剥がれ”や”雨漏りへと繋がって行きます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現地調査 屋根瓦 コーキング施工不良
問題箇所③:コーキング処理

黒く囲んでいる瓦の下側にコーキングがびっしり施されています

軽度な瓦のひび割れやズレ等をコーキングで応急処理処置を行う事はありますが、画像の様に隙間を塞いでしまうと、湿気が溜まり雨水の流れが悪くなってしまいます


瓦には隙間があり、この隙間は瓦裏側の通気を良くしたり、雨水の排出口になっています

隙間が塞がれてしまうと・・・??
雨水の出口がなくなる→オーバーフローを起こす→建物内部に雨水が浸透し雨漏りの原因となる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くまさん ロゴ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の現地調査は全て終了致しました
お客様に調査時の画像をお見せしながら、詳しくご説明をさせて頂きました

雨漏れ箇所は『のし瓦の積み替え工事』『漆喰の塗り替え工事』を、また増築を行ったカラーベスト屋根の『屋根塗装工事』もご一緒にご提案をさせて頂きました

今回、雨漏りが疑われる『のし瓦』は屋根の頂上部分に設置されている短冊状の瓦で、のし瓦の上に積むかまぼこ型の”冠瓦”と合わせて”棟瓦”と言い頂上部分を”棟”と呼びます

棟は雨や風の影響を最も受けやすく今回の様に『のし瓦のズレ』『漆喰の劣化』を放置してしまうと、雨水が浸入し屋根の下地が傷んでしまう事も・・・

傷みが酷い場合は屋根自体を交換する必要があり結果=『高額な工事費用が必要』となってしまいま

棟瓦を構成している”のし瓦”や冠瓦のズレや劣化が生じると、強風時に”瓦の落下”等で大きな事故に繋がりかねないので、早急にメンテナンスをお勧め致します
                                        ~街の屋根やさん・熊本店~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市南区にてスレート屋根剥れと雨樋破損の補修工事

スレート瓦めくれ 工事前
スレート瓦めくれ 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
カラーベスト
築年数
建坪
保証
工事費用
約9万円
施工事例

熊本市南区城南町おしゃれな窯業系サイディングの外壁塗装

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント ファインフッソ
築年数
約15年
建坪
34坪
保証
3年
工事費用
約120万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 棟板金飛散

熊本市中央区にて去年の台風被害のご相談を受け、現地調査にお伺いしました

現地調査 瓦割れ 雨漏り

熊本市北区のお客様より、『2階の天井から雨漏りが起こって困っている』とお問合せがあり、現地調査にお伺いしました

波板屋根 突風被害

菊陽町のお客様より、『ベランダの屋根が突風で飛ばされてしまった』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346