オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事


工事のきっかけ

約3年前から1階と2階のどちらも雨漏りが起こっていたようで、瓦の浮きもあるとご相談を受けました。
屋根を確認すると、セメント瓦の割れや漆喰の劣化など各所に問題が見られ、外壁塗装の劣化もありました。
屋根補修・塗装と外壁塗装を行い、雨漏りは解消されました。

大津町 屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰詰め直し,雨漏り修理,外壁塗装,屋根塗装,部分塗装,その他塗装,足場

ビフォーアフター

before
外壁塗装 クラック 工事前
horizontal
after
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰詰め直し,雨漏り修理,外壁塗装,屋根塗装,部分塗装,その他塗装,足場
施工期間
約3週間
使用材料
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
施工内容その他
築年数
築40年
保証年数
5年間
工事費用
約160万
建坪
約30坪
ハウスメーカー
菊池郡大津町にて雨漏り原因である『セメント瓦の補修工事』及び
『屋根・外壁の塗装工事』を行いました。
セメント瓦 雨漏り シミ 天井クロス
天井のクロスに雨漏りのシミがあり、雨の日にはポタポタと垂れてくる時もあるそうです。
セメント瓦屋根 漆喰劣化 欠落 雨漏り

漆喰に変色や欠落が起こっていました。

【劣化原因】
漆喰は経年劣化により変色や欠け落ちが起こる為、10年に1度くらいはメンテナンスを行う必要がある。
【問題点】
漆喰は瓦を固定させて隙間を埋める為に詰められている。
しかし、欠落があるとその隙間から雨漏りしたり、瓦がズレてしまったりする。
穴が大きいと小動物や虫が入り込んで巣を作る可能性もある。
瓦の割れ ズレ セメント瓦
セメント瓦に割れやズレが起こっていました

【劣化原因】
セメント瓦は表面に塗膜があるが、それが剥がれると瓦に水分が浸透してしまい、強度が弱くなって割れやすくなる。
ズレはコーキング剤や漆喰の劣化により、瓦が動きやすくなってしまったと考えられる。
【問題点】
割れやズレがあると隙間ができ、そこから雨水が入り込んで雨漏りになる。
セメント瓦 苔 汚れ
セメント瓦に苔が生え、汚れも目立っていました
【劣化原因】
セメント瓦の防水性が高ければ、屋根に付着した苔の胞子も雨で流されるが、塗膜が劣化している瓦は防水性が低く水が浸透しやすい為、苔が根を生やしやすい環境になっている。
【問題点】
苔や汚れは屋根の防水性が下っているサインであり、強度も下がっている為、放置すると瓦の割れや欠けが更に進行する可能性が高い。
モルタル外壁 ひび割れ チョーキング

モルタル外壁はひび割れがいくつかあり、
チョーキング現象(触ると粉が付く)も見られました。

【劣化原因】
モルタル外壁は素材自体に防水性がほとんどなく、表面の塗膜が防水の役割を果たしているが、経年で塗膜が劣化してくると強度が落ちてひび割れが起きやすくなる。
塗膜が紫外線や風雨で劣化して成分が分解された結果、チョーキング現象という形に現れる。
【問題点】
チョーキングやひび割れは外壁の塗膜が劣化しているサインで、防水性も低くなっている為、壁から雨漏りになる事もある。
放置するとひび割れが大きくなって大規模な工事が必要になる可能性もある。

工事の様子

外壁 屋根 塗装工事 足場

工事を始める前に足場の設置を行います。

労働安全衛生規則には、工事を行う職人の安全を守る為、2m以上の高さで作業を行う場合は足場の設置が義務付けられています

足場を設置する事で、安全性の面だけでなく、高品質で効率の良い工事を行う事ができ、近隣に塗料が飛び散る事も防げます

足場は丸1日かけて組み立てを行います。
お客様にはご不便をおかけしますが、安全で高品質な工事の為にご理解をお願いしております
天井点検口 取り付け 雨漏り原因特定
天井断熱材 シミ
天井にシミができる原因は、屋根からの雨漏りだけでなく、
壁のひび割れや隙間、他にも屋根に入り込んだ小動物の糞尿である可能性もあります
原因が分からずに工事を行っても改善されない事がある為、雨漏りの原因を特定する事が非常に重要なのです

お客様のお家には天井点検口がなく原因の特定ができなかった為、今回は天井点検口を取付ける事から始めました。

内部を調査した結果、漆喰が欠落して隙間が開いていた棟部分から雨漏りが起こっていたことが分かりました
瓦のズレ 補修
ズレていた瓦を補修しました

正しい位置に直し、再度ズレてしまわないように
コーキング剤を打っておきました。
瓦割れ 補修 コーキング
割れた瓦もコーキング剤で補修しておきました

コーキング剤には接着剤のような効果もあり、
軽微な補修によく使用されます。
こちらにも変成シリコンコーキングを使用しています。
before1
雨漏り 漆喰劣化 棟 工事前
horizontal
after1
雨漏り 漆喰劣化 棟 工事後
雨漏り原因である棟部分に、漆喰の補修とコーキング剤を打っておきました

漆喰は劣化で欠落やズレで隙間ができていましたが、詰め直しを行う事で改善されました
今後隙間ができそうな箇所にも『変成シリコンコーキング(※)』を充填しておきました。
(瓦の汚れについては、塗装の前に高圧洗浄を行いますのでご安心くださいね

※通常のシリコンコーキングでは後から塗る塗料を弾いてしまう為、
塗料が上から塗れる性質を持つ『変成シリコンコーキング』を使用しました。
下り棟 漆喰劣化
下り棟の先端の積み直しを行います

漆喰の経年劣化により先端の瓦が落下する心配があった為、こちらの漆喰を詰め直します

冠瓦を撤去すると、中の葺き土が乾燥して痩せており、固定力が下っていた事が分かります
下り棟 積み直し 漆喰撤去
既存の葺き土と漆喰を撤去しました

清掃を行い、漆喰と葺き土の性能を持ち合わせた南蛮漆喰を詰めていきます。
下り棟 南蛮漆喰 取り直し
黒い南蛮漆喰を詰めました

南蛮漆喰には特殊なシリコン、防水剤が配合されている為、雨水が浸透しても崩れにくい特徴があります

黒の漆喰は見える場所に使用すると、全体に違和感がででしまう為、外から見えない場所に使用します。
下り棟 冠瓦 銅線固定
瓦を戻し、銅線で固定して完成です

固定銅線は冠瓦の穴から出し、クルクルと巻き飛来物がひっかからないようにしておきます。
漆喰の劣化が顕著で、瓦落下の心配がありましたが、これでしっかり固定できて安心です
屋根塗装 高圧洗浄

塗装の前に高圧洗浄で屋根の汚れや埃を取り除きます。

高圧洗浄を行わなずに塗装工事を始めると、ホコリや汚れ・剥がれかけた塗膜の上から塗料を重ねる事になり、塗装がすぐに剥がれてしまう原因になります。

最近は家庭用の高圧洗浄機も広く販売されていますが、業務用の高圧洗浄機は、家庭用の倍ほどの強さの圧力があります
家庭用の高圧洗浄機では取り除けない、剥がれかけた塗膜も削るように取り除きます

高圧洗浄で塗装面を整えた後、
下塗り→中塗り→上塗りと塗料を重ねていきます。
屋根塗装 セメント瓦 完工写真
屋根の塗装が完了しました。

下塗り・中塗り・上塗りと塗料を重ねる事で、しっかりと厚みが出て剥がれにくい塗膜の層を作ることができます。
防水性が上がって強度も増した為、苔や汚れ・ひび割れも起こりにくくなります。
外壁ひび割れ 変成シリコンコーキング

外壁にも塗装を行いますが、その前に
クラック(ひび割れ)の補修を行っておきます

幅が0.3mm以下『ヘアクラック』と呼ばれる、髪の毛程の細いひび割れの場合は塗膜のひび割れである事がほとんどです。
しかし、今回外壁にできているひび割れのほとんどが、幅0.3mm以上『構造クラック』(外壁そのものに発生したひび割れ)であり、恐らく地震などで発生したものと考えられます。
構造クラックはきちんと補修してから塗装を行わないと、住宅内部まで被害が及んでしまう可能性もあります

屋根と同様、後から塗料を乗せられるように、変成シリコンコーキングを充填しました
外壁塗装 養生


補修の後、外壁にも高圧洗浄を行って汚れや埃、剥がれかけた塗膜などを洗い落としていきます

その後、塗装を行わない場所に塗料が付かないよう、養生を行っておきます
場所に応じて養生テープやポリシートなどを使い分け、仕上がりが綺麗になるように真っすぐ綺麗に貼ります。

入念な準備をしたら、塗料を乗せていきます。
こちらも屋根同様に、
下塗り→中塗り→上塗り
と塗料を重ねていきます
before1
外壁塗装 工事前 モルタル
vertical
after1
外壁塗装 工事後 モルタル
外壁の塗装が完了しました。

今回は日本ペイントの『ファインパーフェクトトップ』という高性能な塗料を使用しました。
こちらは『ラジカル制御(※1)技術』により高い耐候性を実現できる塗料で、紫外線に強く美しい外壁になりました
また、『親水化(※2)技術により表面に汚れや雨だれも付きにくくなります
軒天や雨樋など細かい所も塗装を行ったことで、強度も高くなりお家の印象もグッとよくなります

最後に足場の撤去、清掃を行って工事は全て完了です

(※1)ラジカル制御・・・塗料は紫外線が当たると、塗料を劣化させる『ラジカル』という物質が発生するが、
         そのラジカルの発生を抑制し、塗りたての美しさが長期間維持できる。
  (※2)親水化・・・表面に付いた水分が水滴にならず、薄く広がって水の膜を作る性質。
                                   汚れと塗膜の間に水が入る事で汚れが浮いて雨で流される為、汚れが付きにくい。

【工事完了後】

外壁塗装 完工写真 ファインパーフェクトトップ
外壁塗料『ファインパーフェクトトップ』の特徴
◆高対候性◆
『ラジカル制御』技術により対候性が高く、強靭な塗膜で紫外線の影響を受けにくく、塗りたての美しさを長期間保つことができます。
◆美しいツヤ◆
塗料の粘性を調整する事で塗膜の厚みが均一になり、美しいツヤのある外壁になります。
◆防藻・防かび◆
防藻・防かび機能も持ち合わせ、外壁を汚す苔やカビも防ぎます。
◆低汚染性◆
親水化技術により、雨だれ汚染を防ぎます。

塗料の種類やメーカーは様々あり、近年高性能な塗料も多く開発されています。
お客様のご希望をお聞きし、ピッタリの塗料をご提案させていただきます。
外壁塗装 屋根塗装 完工写真
屋根・外壁の塗装を行い、新築の時のような美しさを取り戻しました。

今回のお客様は大津町にお住まいであった為、『大津町の一部損壊世帯住宅補修費見舞金及び義援金』を受けられました。
震災など大きな自然災害で住宅被害を受けた場合、火災保険以外にも自治体の補助を受けられるケースもあります。

申請には期限もある為、対象の方はお早目にご確認・申請をする事をおすすめします。

自然災害で住宅被害を受けても、まだ工事をしていない方も多いかと思います。
『街の屋根やさん熊本店』では現地調査と御見積を無料で行っておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

SKM_C224e20091109560_R-simple
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
雨が降ると雨漏りの音がして心配で眠れない。
街の屋根やさんをどのように探しましたか?
スマホを使って調べました。
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
実はこちらは2軒目で、1軒目の業者が佐賀から来られて遠方でもあるし、出来れば近場の方が良いので再度こちらに見積もりをお願いしました。
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
屋根裏まで入ってもらい安心しました。

お客様の声完工後

Q当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
A
Q街の屋根やさんにご依頼いただく際に他社と比較しましたか?した方はどこの会社と比較しましたか?
A
Q街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A
Q工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
A
Q街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
A

この工事の現場ブログ

足場設置 塗装工事

2020/12/18/ 菊池郡大津町で雨漏り被害のセメント屋根の補修と塗装工事の様子

前回雨漏り被害で調査を行った、菊池郡大津町のお客様より工事依頼がありました(現地調査の様子はこちら)今回は・点検口取付けと天井内部の点検 ・屋根工事(瓦積み直しと塗装) ・外壁工事(ひび割れ補修と塗装)をご依頼いただきました

天井 雨染み

2020/08/28/ 菊池郡大津町で雨漏り被害の現地調査を行いセメント瓦に問題発見

菊池郡大津町のお客様より雨漏りのご相談があり、現地調査にお伺いしました。詳しくお話をお伺いすると・・・『約3年前から1階と2階で雨漏りしている。 瓦が浮いている所があるので点検してほしい。』との事でした。雨漏りし始めたのが3年前からとなると...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡大津町|台風で破損した片流れ屋根の破風板の張り替え工事

破風板 耐風被害 破損 片流れ屋根
破風板張替え工事後 台風破損
工事内容
破風板・軒天部分補修
火災保険
平屋
使用素材
ケイカル板破風板・シリコンコーキング
築年数
10年未満
建坪
保証
工事費用
約20万
施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346