オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市南区にてスレート屋根剥れと雨樋破損の補修工事


工事のきっかけ

5年前の熊本地震時に、恐らくスレート屋根材への”ひび割れ”があったと考えられますが、雨漏れもなかった為、業者へ被害状況の点検依頼などはされなかったそうです。
しかし、最近の大雨で雨漏りが発生した為『屋根材の差替え』と『雨樋の補修工事』を行う事になりました。

熊本市南区 屋根補修工事,雨樋交換 スレート屋根補修・雨樋板金補修

ビフォーアフター

before
スレート瓦めくれ 工事前
horizontal
after
スレート瓦めくれ 工事後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨樋交換
施工期間
1日
使用材料
カラーベスト
施工内容その他
スレート屋根補修・雨樋板金補修
築年数
保証年数
工事費用
約9万円
建坪
ハウスメーカー
熊本市南区にて、大雨と強風によって雨漏りが起こっている
『スレート屋根』と『雨樋の補修工事』を行いました。
スレート瓦 被害状況
スレート屋根の一部が剥がれていました

【被害原因】
 恐らく5年前の震災で屋根材(カラーベスト)にひびが
 入り、大雨時の強風によって飛散

【問題点】
 長期に渡り破損部に雨が当たった事で雨漏りが起こって
 いる
雨樋 被害状況
雨樋は2か所に穴が開いていました

【被害原因】
 飛来物が当たり破損

【問題点】
 雨樋としての機能が果たせず、壁などに雨水が伝い、建
 物内部に雨水が浸透してしまうと、雨漏りへ繋がる

スレート屋根の補修工事

スレート瓦 補修工事
割れたスレート屋根材の撤去

計3枚の屋根材(カラーベスト)が破損しており、破損部の屋根材を撤去しました。
スレート瓦 ルーフィング
防水紙の設置

スレート屋根材の下にある防水紙(ルーフィング)に雨水が直接当たって劣化していた為、新しい防水紙と交換しました。
スレート瓦 コーキング
屋根材設置・コーキング

新しいスレート屋根材(カラーベスト)を差し込んで固定し、周辺の軽微なひび割れには、コーキング材を打って隙間を埋めておきました。

雨樋の補修工事

雨樋補修工事
梯子に上がっての作業

雨樋の全面張替えなど広範囲になると足場が必要ですが、
今回の補修は2か所のみの為、梯子で上って作業をさせていただきました。
雨樋 補修完了
板金を貼って補修

飛来物によって穴が空いた雨樋に穴のサイズに合わせた板金を貼って、ビスでしっかり固定しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全ての補修工事が完了しました

今回は雨漏りがきっかけで、5年前の震災でできたひび割れや瓦の剥がれを発見しました

大きな台風や地震の後は、建物に何らかの被害を受けている可能性が高いです
しかし、被害を受けてすぐに雨漏りが起こるわけではありませんので、
きちんと点検やメンテナンスをしないとなかなか被害に気付かないことも多いのです
風災や震災の後にはトラブルがなくてもお家の点検を行う事をおすすめします

屋根の上などお客様ご自身で点検が難しい箇所も、街の屋根やさん熊本店にお任せくださいね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【工事完了後】

スレート瓦 補修工事完了
スレート屋根材の補修工事が完了しました!

スレートは国内で最も普及している屋根材で『カラーベスト』や『コロニアル』とも呼ばれています。
 ★メリット★
・シンプルな見た目
・重量が軽い分耐震性に優れている
・加工がしやすく初期費用が安価
 ★デメリット★
・屋根材自体に防水性はなく塗装メンテナンスが必要
・スレート自体が薄い為、他の屋根材より衝撃に
 弱く割れやすい

スレートは、『コストを抑えたい』『耐震性を求めている』『デザインを重視したい』という方に向いている屋根材と言えるでしょう。
雨樋 補修工事完了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨樋の補修工事が完了しました!

雨樋は屋根に降った雨水を軒樋で受け止め、竪樋を通じて雨水を排水する役割があります。

雨樋が破損すると、屋根から雨水が直接地面に落ち、外壁に泥が飛び散って汚したり、腐食する事にも繋がります。

破損だけでなく、落ち葉やゴミの詰まり、樋の傾斜が適切でない事も雨水が溢れて上手く排水されない原因となり、建物自体を大きく傷めてしまう事に繋がります。

定期的にメンテナンスを行い、不具合に気付いた場合は早急な修理をおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この工事の現場ブログ

現地調査 建物全景

2020/08/27/ 熊本市南区でスレート瓦剥れと雨樋破損があった調査と補修工事の様子

熊本市南区のお客様より雨漏りのご相談があり、現地調査を行いました詳しくお話をお聞きした所・・・「5年前の台風や地震の時には雨漏りがなかったので点検しておらず、最近の大雨で雨漏りが発生した」との事でした。今年の降雨量は凄まじく、これからの台風...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市南区城南町おしゃれな窯業系サイディングの外壁塗装

施工前
施工後
工事内容
外壁塗装
使用素材
日本ペイント ファインフッソ
築年数
約15年
建坪
34坪
保証
3年
工事費用
約120万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346