オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

菊池郡菊陽町でモニエル瓦屋根にズレが生じ現地調査を行った様子


F形モニエル瓦 棟取り直し
菊池郡菊陽町のお客様より、
『瓦がズレているので見に来てほしい』
とご相談があり、現地調査にお伺いしました

◆建物詳細  木造2階建て住宅

◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)

◆相談内容
『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なので修理してほしい。』

※F形瓦とは平板瓦とも言われる『平らな瓦』の事です。
『F』はFlatから付けられたと言われています。

モニエル瓦とは?

モニエル瓦 特徴
モニエル瓦は正式には『乾式コンクリート瓦』と言います。

セメントを固めてできている為、和瓦よりも軽量耐震性断熱性に優れています
また、モニエル瓦一番の特徴がその色彩です
『スラリー層』という着色層を持たせており、色彩豊かデザイン性が高い事がメリットとして挙げられます。

素材であるセメントに防水性がない為、表面の塗膜が防水の役割を担っていますが、塗膜が劣化すると防水性が下る為、定期的に塗装メンテナンスを行う必要があります。
その際、スラリー層を撤去してから塗装を行わないと、塗料が上手く乗らず、すぐに剥がれてしまう為、高圧洗浄機などで綺麗に取り除いてから塗装工事を行います

同じように塗装が必要な瓦として『セメント瓦』がありますが、セメント瓦は小口が滑らか・モニエル瓦は小口がデコボコとしている為見分けられます

◆こちらの記事もご参考ください

現地調査の様子

セメント瓦 苔 棟崩壊

屋根の各所に苔が生えています

苔が生えている=塗膜が劣化している
という事です

塗膜が劣化したモニエル瓦は水はけが悪く苔やカビが繁殖しやすい環境になってしまいます

また、水を吸収したモニエル瓦は強度も下がり、放置すると瓦の割れにも繋がる為、塗装メンテナンスが必要と言えます
※和瓦(粘土瓦)の場合は塗装メンテナンスは不要です。
漆喰の劣化 モニエル瓦


漆喰が劣化で変色したり、剥がれたりしていました

漆喰は瓦同士の隙間を埋め、瓦を固定させる役割を持ちます。
しかし、雨風や紫外線の影響で劣化していくと、ボソボソと痩せて瓦を固定する力が弱くなります

漆喰の劣化は瓦のズレや外れの原因となる為、10年を目安漆喰詰め直しなどのメンテナンスをオススメします。
瓦のズレ モニエル瓦 漆喰劣化
隅棟 瓦ズレ 取り直し
隅棟の瓦がズレて、棟に歪みが生じています

このままでは瓦が落下してしまう可能性もあり、非常に危険です
漆喰剥がれ 瓦のズレ

ズレている箇所を見ると、漆喰が剥がれていました

漆喰が欠落すると、瓦を固定させる力が弱くなります
そこに地震や台風などの力が加わると、このような瓦のズレが起きやすくなります
モニエル瓦 塗膜の剥がれ

塗膜が剥がれている箇所もありました

塗膜が剥がれている事でコンクリート基材が見えています
これでは水がコンクリートに吸収され、劣化が進行してしまいます。

強度も落ちる為、進行すると瓦の割れにも繋がります。
モルタル クラック 外壁 塗膜劣化外壁 塗膜劣化
モルタル 外壁 チョーキング現象
外壁にもクラックやチョーキング(触ると手に粉が付く現象)などが見られました

これらは外壁塗装劣化のサインである為、外壁もメンテナンスが必要と考えられます

現地調査が完了!工事のご提案は?

棟瓦 ズレ モニエル瓦 工事の提案

今回、屋根瓦のズレ以外にもいくつか問題点はありましたが、取り急ぎ瓦のズレを直して欲しいという事でした

その為、今回は
棟瓦の取り直し工事(一旦棟瓦と漆喰を撤去し、棟瓦を積み直す工事)
をご提案・御見積書を提出させていただきました

お客様には工事のご依頼をいただきましたので、次回は工事の様子をご紹介させていただきますね

この工事の現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

2021/04/05/ 菊陽町で漆喰の劣化により歪んだ棟瓦の取り直し工事を行いました

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

2021/04/01/ 菊池郡菊陽町でモニエル瓦屋根にズレが生じ現地調査を行った様子

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

現地調査 台風被害 棟板金

熊本市東区にて台風被害を受けたとご連絡があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346