オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

菊陽町で漆喰の劣化により歪んだ棟瓦の取り直し工事を行いました


菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

隅棟取り直しの様子

隅棟 大棟とは 取り直し工事


今回は大棟と隅棟2か所
合計3か所の棟取り直し工事を行います

被害の大きい隅棟の取り直し工事から取り掛かります
葺き土 漆喰 劣化 棟取り直し
棟瓦 一旦撤去 棟取り直し工事
棟の瓦を一旦撤去しました。

瓦を取り外すと、乾燥した葺き土が出てきました
葺き土は水分を含んだ粘土の様な質感で、瓦を固定させる為に使われます。
しかし、経年で乾燥していき、次第に固定力が下ってしまいます
棟取り直し工事 葺き土撤去
乾燥した葺き土はもう使用しない為、取り除きました

写真では周辺にまだ土が残っていますが、この後綺麗に掃除しますのでご安心くださいね
地震や台風の影響を受けやすい隅棟は、職人のご厚意により強化棟工法で取り直しを行う事になりました
棟補強金物 強化棟工法


まずは棟に補強金物を取り付けます

補強金物は屋根の下地にビス留めで固定されています。

従来は緊結線や葺き土、漆喰などで瓦を固定させていましたが、瓦が一枚一枚固定されておらず地震や台風でズレたり落下する事もありました

棟補強金物をベースに、芯材や瓦を一つ一つ固定させる事で、地震や台風に強い棟を作る事ができます
芯材 棟補強金物 強化棟工法 隅棟
補強金物に芯材をビスで取り付けました

棟の長さに合わせて芯材をカットしてから取り付けます。
芯材は冠瓦を被せた際、ビスを打つ場所となります。
強化棟工法 南蛮漆喰 黒い漆喰 隅棟取り直し
南蛮漆喰を詰めます

南蛮漆喰とは葺き土と漆喰の性能を併せ持つ漆喰です
従来の漆喰とは異なり、特殊なシリコン防水剤を使用している為、防水性が高く雨にも強くなります。

葺き土+漆喰を使うよりも耐久性防水性が高くなる為、近年では南蛮漆喰のみを使う事が多くなっています
強化棟工法 冠瓦 ビス固定 パッキン付きステンレスビス

冠瓦を被せてステンレスビスで固定させます。

パッキンが付いている為、ビス穴から水が中に入りにくく、ステンレス製ビスの為、錆にも強いです

ビスは芯材にしっかり打ち付けて固定されており、これで棟全体が一体化になります
強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

強化棟工法の断面図は、このようになっています。

・棟補強金物→屋根下地にビス留め
・芯材→棟補強金物にビス留め
・冠瓦→芯材にパッキン付きビスで固定

こうする事で棟全体と家の躯体が一体となり、地震や台風で瓦が落下するなどのトラブルを回避できます

また、葺き土+漆喰ではなく、南蛮漆喰のみで隙間が埋められている為、隙間ができてしまう事も防ぎます。
before1
隅棟 瓦 ズレ 取り直し工事前


工事前は瓦がズレており、瓦落下の危険がありました

また、漆喰が欠け落ちたり、葺き土も流出していました
vertical
after1
隅棟 取り直し工事 完了後
取り直し工事を行う事で、真っすぐ整然と並んだ隅棟になりました

見た目だけでなく、強化棟工法で取り直している為、地震や台風にも強い棟になっています

大棟はズレを直しました!

大棟 取り直し工事 結束銅線で固定

大棟の瓦を取り外しました

こちらは漆喰や葺き土を使わず結束銅線で瓦を固定させており、結束銅線が緩んで瓦がズレたと考えられます

大棟は結束銅線の締め直しを行います
コーキング剤 大棟 瓦取り直し
コーキング剤を打っていきます

コーキング剤には防水性があり、素材同士を固定させたり、隙間を埋める目的などで使用されます。

このように瓦を配置する箇所にコーキング剤を打つことで、瓦がズレないようになります
結束銅線 冠瓦 棟取り直し工事
冠瓦を乗せ、結束銅線で固定させました

瓦の穴から結束銅線を出し、山部分で丸めて固定します。

瓦が落下しないように結束銅線で緊結しておき、瓦が動かないようにコーキング剤で固定しています

今回の工事が完了しました!

くまさんホーム 街の屋根やさん熊本店 防水工事

ズレが生じていた棟の取り直し工事が完了しました

瓦屋根は古くから建物の屋根材として使用されています
重く耐震性が良くないなどのデメリットも挙げられますが、今回のような強化棟工法を行えば、地震にも強くなり、適切なメンテナンスを行う事で長く使える屋根材です

瓦屋根の良さを最大限に引き出す為にも、定期的な点検やメンテナンスをオススメします

街の屋根やさん熊本店では住宅工事全般を承っておりますので、お気軽にご相談くださいね

この工事の現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

2021/04/05/ 菊陽町で漆喰の劣化により歪んだ棟瓦の取り直し工事を行いました

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

2021/04/01/ 菊池郡菊陽町でモニエル瓦屋根にズレが生じ現地調査を行った様子

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

現地調査 台風被害 棟板金

熊本市東区にて台風被害を受けたとご連絡があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346