オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

菊陽町にて突風で飛散したベランダ波板屋根の張替えを行った様子


波板屋根 突風被害
菊陽町のお客様より、
『ベランダの屋根が突風で飛ばされてしまった
とご相談があり、現地調査にお伺いしました

被害の様子

ベランダ屋根 波板 飛散
こちらの波板屋根が一枚外れています

お客様によると
以前からパタパタと音がしていたそうで、
音が鳴っていた部分が突風で外れてしまったようです

こちらは普段洗濯物を干されている場所という事で、
これでは急な雨で洗濯物が濡れてしまいますよね

寒くなって洗濯物が乾きにくいこの時期、洗い直す手間はかけたくないですよね
波板フック 割れ
このような波板屋根は『フック』
と呼ばれる物で引っかけて固定されています。

しかし、こちらの波板を見てみると
プラフックの頭部が劣化で割れており、
完全に外れたフックもありました

プラスチックでできたフックは、
紫外線や風雨によって劣化し、
このように強度が弱くなってしまうのです
フック 抜け ベランダ屋根
こちらはフックが完全に抜けています

このようにフックが割れたり抜けたりすると、
波板がしっかり固定されていない為、
風が吹くと外れてしまう可能性が高いです。

波板自体にも汚れや変色などの劣化が見られます
蛇腹 雨樋 ベランダ屋根


ベランダ屋根の雨樋からの水を下に流すジャバラホースは、
経年と寒暖差による劣化でヒビ割れが起こっていました

このままだと劣化が更に進行し、穴が開いてベランダが水浸しになってしまいます

工事のご提案


今回は固定するフックに抜けや割れがあり、残った波板にも汚れや劣化が見られた為、
【波板屋根をポリカーボネート波板に全面張替え】【雨樋のジャバラホースを改修交換】
をご提案・御見積書を提出させていただきました


ポリカーボネートとは?

プラスチックの一種の素材です。
一般的にプラスチックは熱に弱くて割れやすいというイメージがありますが、
ポリカーボネートはハンマーで叩いても割れない強さを持ち、紫外線や熱にも強い素材です。
耐久性・耐熱性だけでなく、ガラスのような透明度や加工性も高い事から、
新幹線や飛行機の窓、児童施設など、強度と安全性が求められる様々な場所で使用されています

かつて広く利用されていた塩ビ製波板は劣化しやすく熱にも弱い為、寿命が3年程なのに対し、
ポリカーボネート製波板は約10年の耐用年数があります

そういった理由から、波板屋根張替えの際にはポリカーボネートをオススメしています

張替え工事の様子

波板屋根全面張替 撤去
後日お客様より工事のご依頼をいただき、張替え工事にお伺いしました

まずは既存の波板屋根を撤去し、フレーム(骨組み部分)の清掃と変形などがないかチェックを行います

フレームには溝が多く、特に軒先部分には雨樋が付いている為汚れが溜まりやすいのですが、
波板が装着されている時は掃除ができない為、このような張替え工事の際には必ず清掃もセットで行います。
ベランダ波板 張替え工事 重ね代
波板 フックの間隔
新しいポリカ波板を設置して、ポリカフックで固定しました

耐久性のあるポリカーボネートの波板を使っていても、留めるフックがプラスチック製だとフックの劣化が早い為、
今回はポリカーボネート製のフックを使用しました。

波板は大きな一枚の板を使用するのではなく、何枚かの波板を合わせて張っていきます。
その際、波板同士に【2.5山】重ね代を持たせ、波板を留めるフックは【5山以内】で留めていきます

この施工基準を守らないと、波板が浮きやすくなったり、隙間ができて雨が入り込んでしまいます
before1
波板 雨樋 貫通
horizontal
after1
波板屋根 雨樋 貫通 コーキング
縦に伸びる雨樋(竪樋)と波板屋根がぶつかる部分があり、
波板に穴を開けて雨樋を通すだけでは、隙間ができて雨水が漏れてしまいます

そこで、波板に穴を開けて雨樋を通した後に、コーキングで隙間を埋めておきました
また、穴を開けた箇所の強度を上げる為、貫通させた付近のみ波板を2重にして補強しておきました
before1
雨樋 波板 交換工事
vertical
after1
雨樋 波板屋根 交換
亀裂が入っていたジャバラホースをパイプとジャバラに改修交換しました

これで軒樋から直接パイプに雨水が流れるようになりました。
最後に波板屋根に雨を流して適切に排水されるか確認して、今回の工事は完了です

お客様にも
『昨日までは急に雨が降ると困るので室内干ししてましたが、今日からは安心して外に干すことができます
と喜んでいただけました
くまさん ロゴ
本格的な台風シーズンは過ぎましたが、木枯らしが吹く季節となりました

今回のようなベランダなどの屋根は、劣化していないと思っていても強風で飛ばされてしまうケースもあり、
実は固定するフックが抜けたり割れていた・・・と後から気付く場合も多いです。
もしも外れた屋根が人に当たってしまったらと思うと・・・とても怖いですよね

天災に強いお家を作るには、普段から点検とメンテナンスを行っておく事が非常に重要です
『自分では良く分からない』『どのくらいの年数が経ったらメンテナンスするべきか』
など、住まいについてのご相談は街の屋根やさん熊本店にお問い合わせくださいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 建物全景

熊本市中央区のお客様より、『屋上の端にある金属部品が去年の台風で外れてしまった!』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

棟板金張替え 貫板撤去

熊本市中央区で台風被害を受けた棟板金とテラス屋根の張替え工事を行いました前回行った現地調査の様子はこちら

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346