オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津町にて瓦屋根下地の劣化で雨漏りが起り屋根補修工事を行った


菊池郡大津町にて雨漏り被害のご相談を受け、現地調査に伺いました
現地調査 建物詳細




建物詳細 築100年 木造2階建て住宅

屋根種類 和瓦、コンクリート瓦併用

相談内容
 天井から雨漏りが起こって困っている。

築100年の歴史がある住宅の調査を行います
屋根のどこかに問題があると考えられますので、早速屋根の点検を行います

現地調査の様子

瓦 ズレや歪み
屋根を拝見すると和瓦とコンクリート瓦が併用されていました。
和瓦にはズレや歪みが発生している箇所が多く見られました

このように瓦がズレていると隙間ができ、そこから雨水が侵入して雨漏りに繋がってしまいます
コンクリート瓦 隙間 雨漏り
コンクリート瓦 大きな隙間
コンクリート瓦はズレによる大きな隙間を発見しました

これだけ隙間があると、イタチなどの小動物が入って住み着く可能性もあります。
また、小さな地震でも瓦が落下する危険がある為、一刻も早い工事をオススメします

ご提案内容

こちらのお家は長年屋根のメンテナンスを行っていないとのことで、
恐らく下地材が経年劣化し、瓦をしっかり固定できずズレが発生したのだと考えられます。
また、隅棟の漆喰にも劣化箇所が見られました。

今回は
経年劣化が考えられる【屋根下地補修】【瓦葺き戻し工事】【隅棟取り直し】
をご提案させていただきます

お客様に屋根の状態と原因、工事内容をご説明し、御見積書を提出させていただきました

屋根下地補修工事の様子

後日、お客様より依頼をいただきましたので、工事を行いました

まずは歪みが発生している箇所の既存瓦を撤去します
桟木 劣化 屋根下地補修工事
瓦屋根 下地劣化 補修工事
瓦を外してみると、やはり下地材である桟木(さんぎ)が劣化して、ほとんど形を成していませんでした

通常であればこちらに瓦を固定させるのですが、これでは固定できずズレてしまいますよね
こちらも撤去して綺麗に清掃します。
野地板 補修工事
新しい野地板に張り替えます

薄い板を張り合わせた耐水性のある
構造用合板を使用します。

上から防水紙や桟木、瓦を乗せる為、
屋根において非常に重要な土台の部分と言えます。
防水紙 下地補修工事
野地板の上に防水紙を張っていきます。

屋根において雨漏りを防ぐのに一番重要なのがこの防水紙で、ルーフィングとも呼ばれます。

こちらは『モラサン』という
ゴムアスファルトルーフィングの防水紙です。
改良アスファルト添加して弾力性もある為、
固定するステープルを打ち込んだ僅かな穴も塞ぎます。
まさに『モラサン』の名の通り、
雨水を漏らさない高性能な商品なのです。

※ステープル(タッカー)とは
下葺き材(防水紙など)を施工する際に
ホッチキス針を打ち込み固定する為の道具
桟木 補修工事




防水紙の上に桟木を置いていきます

桟木は瓦桟(かわらざん)とも言い、瓦をひっかけて固定する為の細長い棒の事です。

ウォーターホールを施した桟木を設置していきます。

桟木のウォーターホールとは?

ウォーターホール 桟木
ウォーターホールとは、桟木に開けた小さな穴事です。

桟木は横方向に取り付けている為、雨が屋根の中に入ると桟木に雨水が溜まってしまいます。
小さな穴を開けて水の通り道を作る事で、屋根内に水が入っても下に流れていくようになるのです。
before1
隅棟 取り外し
vertical
after1
隅棟 積み直し 漆喰詰め直し
一旦取り外した隅棟を積み直して漆喰を詰めます

今回は漆喰の劣化が見られた為、屋根下地の補修と一緒に隅棟を取り外して漆喰の詰め直しも行いました。
漆喰詰め直し



漆喰には瓦同士を固定させ、隙間を埋めて内部に雨水が入るのを防ぐ役割があります

漆喰が劣化した状態で放置していると雨漏りに繋がるだけでなく、剥がれた漆喰の落下や、瓦の固定力が弱まり瓦自体が動きやすくズレる原因にもなってしまいます

瓦が動きやすくなると台風や地震時に落下する可能性があり、大変危険です


瓦自体の耐用年数は非常に長いですが、漆喰に関しては長くても
20年ごとに詰め直しなどのメンテナンスを行いましょう
屋根瓦 葺き戻し完了
一旦撤去した既存の瓦を並べ直し、全ての工事が完了しました
瓦屋根の下地を新しくした事で雨漏りも解消され、歪んでいた瓦も綺麗になりました


屋根はどれだけ瓦をきれいに並べても、いずれどこかから雨水は侵入してしまいます。
ですが、雨水が入った時の対策を何重にも行っていれば、雨漏りしにくい屋根を作る事ができるのです

『何年も屋根のメンテナンスをしていない』 『雨漏りが起こっている』
などのご相談は、街の屋根やさん熊本店にお気軽にお問合せくださいね

この工事の現場ブログ

現地調査 建物詳細

2020/10/15/ 大津町にて瓦屋根下地の劣化で雨漏りが起り屋根補修工事を行った

菊池郡大津町にて雨漏り被害のご相談を受け、現地調査に伺いました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り 現地調査

熊本市東区の高齢者施設にて雨漏りが発生し、調査依頼を受けて現地にお伺いしました

シリコンコーキング 補修

熊本市西区にて、前回の現地調査で屋根各所に雨漏り原因が見られたお客様より工事依頼をいただきました現地調査の様子はこちら『屋根補修工事』の様子をご紹介させていただきます

棟瓦 積み直し工事

益城町にて台風被害を受けた屋根瓦補修工事の様子をご紹介します前回の現地調査の様子はこちら

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346