オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市東区にて台風被害を受けて外れた棟板金を張り替えました


熊本市東区にて台風被害を受けたとご連絡があり、現地調査にお伺いしました
現地調査 台風被害 棟板金
建物詳細 木造2階建て住宅兼事務所

築年数  30年

屋根種類 スレート

相談内容
台風が来た時に屋根の上のパーツが外れたようで、風が吹くとガタガタと音が鳴るようになった。点検と工事見積りをしてほしい。

突然屋根から音が鳴り出すなんてとても怖いですよね
早速調査を開始します

現地調査の様子

屋根 台風被害 点検


梯子を使って屋根に上がらせていただきました

お客様ご自身で屋根の上に上がるのは大変危険です
屋根に苔などが生えていると滑りやすく思わぬ事故を招く可能性もあります

屋根に異常がある場合は、無理せず専門業者にご相談くださいね
棟板金 浮き 台風被害 パタパタ

棟部分に取り付けられる『棟板金』が浮いていました

ガタガタと鳴っていたのは、恐らくこの棟板金が風で動いていた時の音で間違いないでしょう

棟板金は屋根の一番高い位置にある分、一番最初に劣化が起きやすい部位でもあります。
貫板 劣化 棟板金 飛散
棟板金の下地である『貫板』も雨水が入りこんだ事で劣化していました。

本来、棟板金が問題なく取り付けられていれば、ここまで劣化する事もなかったでしょう。
しかし、今回のように棟板金に浮き釘の抜けがあると、隙間から内部に浸透し、貫板の劣化にも繋がります
これが進行すれば、屋根下地まで水分が入りこんでしまい、室内の雨漏りにも繋がっていきます
工事内容提案 棟板金浮き
今回は劣化が見られた
『貫板の交換工事』
をご提案させていただきました

棟板金は釘抜けはあるものの、幸い棟板金自体に大きな凹みや割れなどがなく再利用できる状態だった為、棟板金の補修工事ご提案しました。

お客様に被害写真を見ていただきながら、工事のご提案・御見積書を提出させていただきました

後日工事を行いました

後日お客様より工事のご依頼をいただきましたので、工事の様子もご紹介させていただきます
貫板張替え 棟板金撤去


棟板金を一旦撤去しました

取り外した棟板金は後程使いますので、保管しておきます

貫板が所々欠けており、劣化状況がよく分かります
新しい貫板に交換する為、こちらの貫板も撤去します。
貫板 劣化 交換工事
貫板は腐食して脆くなっており、外す際にボロボロと割れてしまいました

水分を吸収してかなり劣化していたようです
新しい貫板を取り付ける前に周辺の清掃も行います
撤去した貫板はこちらで処分させていただきますのでご安心くださいね(※別途処分費用を頂いております。)
貫板交換 ビス取り付け

新しい貫板をビスで取り付けました

既存の貫板には鉄製の釘が使われていましたが、
今回は錆びにくいステンレス製のビスを使用しました

長さのあるステンレスビスで留める事で、鉄釘に比べて錆びや抜けに強くなります

この貫板が棟板金を取り付ける為の下地材となります
棟板金 取り付け順 ビス打ち方向
一旦撤去した棟板金をステンレスビスで取り付け直しました

棟板金は鼻先(屋根の先端)から頂上に向かって順番取り付けていきます
逆順に取り付けてしまうと、屋根の上の方から流れてきた雨水が、ジョイント部から内部に入り込んでしまいます

また、ビスは必ず横方向に打ちます
上から打ってしまうと、万が一ビスが抜けてしまった際に、ビス穴から雨水が入りやすくなってしまう為です。
before1
棟板金 貫板 張替え工事前
horizontal
after1
棟板金 貫板 張替え工事後
最後に棟板金のジョイント部や取り合い部にコーキング剤を打ち、今回の工事は完了です

風が吹くとバタバタと音が鳴って、お客様もご心配されていましたが、
今回しっかり取り付け直しましたので安心していただけるかと思います
棟板金 釘抜け 台風被害


今回、棟板金の釘抜けが他にも何か所かあり、ステンレスビスで留め直しを行っておきました

棟板金の釘はなぜ抜けてしまうのでしょうか?
釘が抜ける要因の一つに『金属の熱膨張』があります。

金属の熱膨張とは?

熱膨張とは 図解




金属は温度が上がると膨張し、温度が下がると収縮する性質を持ちます

金属である棟板金も、昼間は日光を浴びて温度が上がり、膨張した棟板金が釘穴を狭めて釘を押し出します
夜になって気温が下がると、棟板金は元の状態に収縮しますが、釘は浮いた状態のままです

金属の膨張・収縮は目では分からない程僅かな動きですが、それでも毎日膨張と収縮を繰り返しているうちに、釘が抜けていってしまうのです
釘が抜ける原因
詳細
金属の熱膨張
棟板金が気温の変化により膨張と収縮を繰り返していくうちに、釘が浮いていき、次第に抜けてしまう。
釘の錆び
築年数が長い住宅では錆やすい『鉄くぎ』を使用している場合が多い。釘が錆び付くと錆が釘穴を広げ、固定力が弱まっていき、釘抜けの原因になる。
強風の影響
棟板金は建物で一番高い位置にあり、その分風の影響も一番初めに受けやすくなる。少しでも浮きがあると、風を受けやすくなって更に浮きあがってしまう。
貫板の劣化
棟板金を取り付ける下地材である木製の貫板は、棟板金に少しでも隙間ができてしまうと、水分を吸収して劣化が進行する。
腐食が起こった貫板では、釘やビスがしっかり留められず、すぐに抜けてしまう。
棟板金は建物の一番高い部分である『棟』を守る重要なパーツですが、その分劣化も起きやすい部位なのです

もし、突然金属の板が外れ落ちてくると思ったら・・・とても怖いですよね
そうならない為にも、10年に1度は屋根の点検やメンテナンスを行うようにしましょう

その際は、街の屋根やさん熊本店にお気軽にご相談くださいね

この工事の現場ブログ

現地調査 台風被害 棟板金

2021/02/09/ 熊本市東区にて台風被害を受けて外れた棟板金を張り替えました

熊本市東区にて台風被害を受けたとご連絡があり、現地調査にお伺いしました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円
施工事例

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事

外壁塗装 クラック 工事前
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市東区で集合住宅の雨漏りした瓦屋根をコロニアルに葺き替え工事

葺き替え工事 施工前 セメント瓦 雨漏り
葺き替え工事 施工後 コロニアルクァッド 耐震性向上
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
アパート
使用素材
コロニアルクァッド・ゴムアスファルトルーフィング『タフガード』
築年数
47年
建坪
約120坪
保証
工事費用
235万円
施工事例

熊本市東区で雨漏り原因のベランダ防水工事と屋根外壁塗装工事

ベランダ防水工事 工事前
ベランダ防水工事 工事後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
擁壁塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
FRP防水
築年数
12年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
140万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

雨樋 集水器 這樋 竪樋

熊本市東区で台風の時に雨樋が割れたとご相談があり、現地調査にお伺いしました

スレート外れ 現地調査 建物全景

菊池郡大津町のお客様より、屋根材の一部が剥がれてしまったとご連絡があり、現地に向かいました詳しくお話を伺うと・・・『風が強い日にスレート屋根の一枚が剥がれて落ちてしまいました。雨漏りなどにはなっていませんが、工事のお見積りを出して欲しい』と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346