オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市西区にて台風被害で雨漏りした屋根の現地調査を行いました


雨漏り被害 現地調査
熊本市西区のお客様より台風で雨漏り被害を受けたとご相談があり、現地調査に向かいました

詳しくお話を聞くと・・・
『台風が来た後から、雨の日に天井からポタポタと水が落ちてくるようになった。
自分では問題箇所が分からないので調査してほしい。』
との事でした。

台風の後は、やはり雨漏りのお問合せが多くなります
雨漏りに気付いてすぐにお問合せくださったので、出来る限り被害を最小限に抑えたいですね

現地調査の様子

雨漏り 天井クロス




雨漏り被害がある天井クロスから見せていただきました

写真では少し分かりにくいですが、
クロスの端が少し浮いており、雨の日はこちらから雨水が落ちてくるそうです
点検口 雨漏り 変色


押し入れに天井内部に入れる点検口がありました。

天井内を確認すると
雨漏りした跡がついて変色している事が分かります。

このまま雨漏りを放置すると建材の劣化にも繋がりますし、湿気が多い事でカビやシロアリも発生するかもしれません

こちらの雨漏り部分の屋根は、高い屋根と低い屋根の接合部分でしたので、屋根に上がってその辺りを重点的に調査してみます
雨漏り箇所 屋根の調査
こちらは建て材の変色が見られた箇所のちょうど上あたりです。
この周辺を中心に、屋根の上で7箇所の問題を発見しました
軒天隙間 サイディングひび割れ

①軒天と壁の間に隙間ができている

本来なら隙間なくぴったりとついているはずですが、隙間ができています。これでは雨水が入りこんでしまいます。


②壁のサイディングにひび割れ

紫外線や風雨を受けて劣化し、ひび割れしたのでしょう。
破風板 屋根 隙間 雨漏り
③破風板と屋根の間に隙間ができている

隙間ができている為、雨風が強い日はこちらからも雨水が侵入してしまいます。
ケラバ唐草 幅 短い
④ケラバ唐草の下り幅が短すぎる

ケラバ唐草とは、雨水を水切りして、内側の木部に雨水が流れていかないようにする目的で取り付けられる屋根部材です。
こちらのケラバ唐草は下がり幅が短すぎる為、破風板の方まで雨水が流れ込んでいる可能性があります
棟板金 コーキング劣化 ひび割れ
⑤コーキングの劣化によるひび割れ

棟板金のコーキングが劣化で固くなってしまい、ひび割れが発生していました

コーキングは隙間を埋めて水の侵入を防ぐ効果があります。
しかし、紫外線や風雨に長年さらされていると劣化でひび割れや剥がれが生じてくる為、7~10年くらいで打ち替えが必要です。
棟板金 釘の抜け
⑥棟板金の釘が抜けている

棟板金を留める釘が浮いていたり抜けている箇所がありました。

屋根で一番高い位置にある棟板金は、昼間日光にさらされて温度が高くなります。
金属性である棟板金は熱により膨張を繰り返し、釘がだんだんと抜けていってしまうのです
釘の抜けは雨漏りだけでなく、棟板金の飛散下地の劣化にも繋がる為、定期的に点検することをお勧めします
スレート屋根 ひび割れ


⑦スレート屋根にひび割れ

スレートは軽くて加工がしやすい屋根材ですが、
その反面割れやすい特徴もあります

経年劣化で塗装が剥がれてくると、強度も防水性も下がり、ひび割れや苔が生える原因となります。
スレート屋根は、少なくとも10年に1度は塗装メンテナンスが必要です

ご提案内容は・・・?

ご提案内容

      隙間がある箇所・ひび割れ(問題箇所①②③⑤⑦)→コーキング材で隙間を埋める

      短すぎるケラバ唐草(問題箇所④)→新しいケラバ唐草を上から重ねて十分な長さにする

      棟板金の釘抜け(問題箇所⑥)→釘を打ち込んだ上、コーキング

今回は屋根において各所で問題点が見られました。
築年数も経っていたので、全面的な塗装や葺き替えのお話をさせていただきました
お客様とご相談の上、塗装や屋根の葺き替えもご検討していただければと思っております。


街の屋根やさん熊本店では、お客様のご質問やご希望を聞きながら工事のご提案をさせていただきます
必要な工事のご提案はさせていただきますが、ご要望などがあればお気軽にお伝えくださいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事

外壁塗装 クラック 工事前
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 波板張替え

菊池郡菊陽町のお客様より、『波板屋根が割れたので修理見積りをしてほしい』とご連絡があり、現地調査にお伺いしました詳しくお話をお伺いすると・・・『長年使用している1階テラスと2階ベランダの波板屋根が、台風が来た時に破損してしまった。強風の日に...........

強風 ポリカ外れ 補修

熊本市中央区のお客様より『突風でベランダの屋根が外れてしまったので来てほしい』とご連絡があり、現地調査にお伺いしました

瓦屋根 日本らしい雰囲気

『瓦』は日本らしい趣や情緒があって古くから使用されており、現在でも多くの住宅で採用されていますよね瓦屋根は昔の家と大きく変わらないように見えますが、瓦を屋根に取り付ける工法については日々進化しており、その一つに『ガイドライン工法』という工法...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346