オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市西区にて突風被害によるモニエル瓦及び棟瓦補修工事の様子


熊本市西区のお客様より
『突風で瓦が割れてしまった』とご連絡があり現地調査にお伺いしました

瓦割れ 突風 現地調査
建物詳細 木造2階建て住宅

屋根材  瓦(モニエル瓦)

ご相談内容 
少し前の突風で屋根に取り付けたアンテナが倒れ、
その衝撃で屋根瓦が割れてしまった。
今のところ雨漏りはしていないが修理してほしい。

アンテナが転倒するほどの強風だったことが分かります
部材の落下等はなく、お客様にお怪我がなくよかったです
瓦の割れは雨漏りの心配もあるので、早く修理を行いたいですよね

現地調査の様子

アンテナ転倒 瓦割れ
モニエル瓦 割れ アンテナ転倒
モニエル瓦に大きなひび割れがいくつかありました

瓦に色あせが見られる事から、表面の塗膜が剥げて瓦自体の強度が下がっていると考えられます。
強度が下がった瓦は、アンテナ転倒の衝撃に耐えられず割れてしまったのでしょう。

現在は雨漏りしていないそうですが、こちらのひび割れが雨水の侵入口となり、
屋根内部の下地材を少しずつ劣化させながら雨漏りをひき起こす原因になります。
モニエル瓦 棟 歪み


棟瓦に歪みが見られました

棟瓦がズレている事で隙間が発生しています。
こういった歪みも雨漏りの原因になってしまいます。

今回は平瓦15枚に割れが見られ、棟瓦には歪みもありました

お客様に被害状況をご説明し、
割れの他に瓦の色褪せも見られる事から
瓦全体的に経年劣化し、強度が下がっている為、
葺き替えの時期であるとお話させていただきました

お客様より被害箇所の部分補修のご希望があり、
割れた瓦の差し替え』『棟瓦の積み直し』で進めていく事になりました

欠品が多いモニエル瓦の為、手配までお日にちをいただくという事をご了承いただき、
御見積書を提出させていただきました

モニエル瓦とは?

モニエル瓦は、正式には『乾式コンクリート瓦』といいます。

『日本モニエル株式会社』によって製造された事から、一般的に『モニエル瓦』と呼ばれ、
日本瓦よりも軽量でデザイン性も高い事から、1973年から1990年代頃に広く使用されていました。

しかし、日本モニエル(株)が解散した為、現在は生産されていません。
市場にあまり出回っておらず、販売会社でも欠品になっている事が多く、
遠方から取り寄せの為に工事まで日にちがかかったり、同じ色がご準備できない可能性もあります

日本瓦は粘土を焼きあげているのに対し、モニエル瓦はコンクリートと砂を固めてできています。
コンクリートでできている為、瓦自体に防水性が無く、表面にスラリー層という防水層を作っています。

スラリー層が経年で剥がれてくると、水分を吸い込みやすくなって瓦の強度が下ってしまう為、
10年ごとくらいに表面塗装のメンテナンスを行う必要があります。
日本瓦と比べると、塗装メンテナンスを行う必要がある事がデメリットと言えますね。

工事の様子

瓦の入荷の為に3週間ほどお日にちをいただき、やっと工事を行う事ができました
モ二エル瓦 割れ 交換工事
モ二エル瓦 割れ 差し替え
割れたモ二エル瓦を新しい瓦に差し替えました

まず割れた瓦を撤去し、同じ大きさの新しい瓦を設置します。
釘を打って固定した上で、隙間をコーキング材で塞ぎました
before1
谷樋 モニエル瓦 補修
谷樋部分の瓦に以前コーキング補修した跡がありこちらも差し替えます
horizontal
after1
谷樋 モニエル瓦 交換
形に合わせて加工した新しい瓦に差し替えました
before1
棟瓦 歪み 積み直し前
horizontal
after1
棟瓦 歪み 積み直し
歪みがあった棟瓦を積み直しました

幸い棟瓦には割れがなかった為、既存の瓦を一旦仮撤去し、真っすぐに積み直しました
これで隙間も解消され、雨水の侵入経路を塞げました
くまさん ロゴ
これで屋根の補修工事の完了です

今回はあくまでも破損箇所の一部補修なので、
今後は葺き替えなどのメンテナンスをご検討いただければと思います

今回のモ二エル瓦のように、以前は広く流通していても現在は生産されていない屋根材もあります。
商品によっては廃盤や欠品の為、少しお日にちをいただく場合がありますが、
補修の際はできる限りお客様のお住まいに近い部材をご用意させていただきます。

『家を建ててからかなり年数が経っているが、修理できるか?』
『高性能な屋根に葺き替えたい』
などお住まいについてのご相談は、街の屋根やさん熊本店にお気軽にお問合せくださいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ケラバ瓦 葺き替え工事

以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます前回の現地調査の様子はこちら

棟板金張替え 貫板撤去

熊本市中央区で台風被害を受けた棟板金とテラス屋根の張替え工事を行いました前回行った現地調査の様子はこちら

軒先瓦 ズレ

熊本市西区のお客様より『突風が吹いて瓦屋根が割れてしまった』とご連絡があり、現地調査を行いました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346