オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊本市西区で強風により瓦や雨樋が破損してしまった現地調査の様子


現地調査 建物全景
熊本市西区のお客様より、強風被害のご相談があり、現地調査にお伺いしました

詳しくお話を聞くと・・・
『強風が吹いた時に屋根瓦雨樋割れてしまった
 雨漏りはしていないが、台風で飛んでしまいそうなので修理してほしい。』
と、台風の被害をご心配をされていました。

家のパーツが飛散すると、ご近所にも迷惑をかけてしまう心配もありますし、早めに対処したいですよね

現地調査の様子

強風 瓦飛散


地面に割れた瓦の欠片が落ちていました

台風時には、小さな瓦の破片が簡単に窓ガラスを粉々にしてしまい、凶器にもなってしまうのです

幸いお客様やご近所さんには当たりませんでしたが、
誰かが下にいる時に落ちてきたらと思うと・・・
とても怖いですよね
屋根補修サイン 瓦 割れ ズレ
瓦 割れ 強風被害
屋根に上がって確認すると、多くの瓦に割れが生じていました

恐らく強風時に飛来物が当たり、瓦が割れてしまったのだと考えられます。
このまま放置すると、また強風で瓦が落下してしまうかもしれません
屋根に隙間ができている為、雨水が入り込み雨漏りになる可能性もあります
瓦割れ 応急処置 ブルーシート
割れた瓦が工事日までに飛散や落下する危険がある為、調査当日にできる限りの応急処置をさせていただきました

ブルーシートをサイズに合わせてカットし、割れた箇所に差し込んでおきました。
あくまでも応急処置になりますが、工事日まではこちらで一安心かと思います
雨樋 強風 飛散
軒樋 飛散
軒樋(軒先に取り付けられた雨樋)も飛散して、固定する金具だけになっていました

恐らく元々劣化していた事もあり、外れやすくなっていたのだと思います。

雨樋には屋根に降った雨を集め、下に排水する役割があります。
雨樋がないと雨水は屋根から直接地面に落ちて、跳ね返った泥が外壁を汚したり、
壁に雨水が流れてしまう為、少しでも壁にヒビなどの隙間があると雨漏りに繋がってしまいます

雨樋は目立たないですが、住宅の雨被害を最小限に抑える為に必要なパーツなのです
屋根瓦割れ 提案内容
割れた屋根瓦

破損箇所の瓦を新しい物に差替え
雨樋 外れ 提案内容
外れた雨樋

足場を設置した上、新しい雨樋を取付
お客様に被害箇所の写真を見ていただきながら、
以上の工事をご提案・御見積書を提出し、工事依頼をいただきました

瓦の差替え工事は梯子で屋根に上がって作業できますが、
雨樋の取付工事は広範囲で危険が伴うため、仮設足場を設置させていただく事になりました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円
施工事例

上益城郡益城町にて強風で破損した軒樋一部交換と波板張替え工事

波板 割れ フック抜け 工事前
波板張替え 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
使用素材
ポリカーボネート製波板
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
5~6万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 棟板金飛散

熊本市中央区にて去年の台風被害のご相談を受け、現地調査にお伺いしました

現地調査 瓦割れ 雨漏り

熊本市北区のお客様より、『2階の天井から雨漏りが起こって困っている』とお問合せがあり、現地調査にお伺いしました

波板屋根 突風被害

菊陽町のお客様より、『ベランダの屋根が突風で飛ばされてしまった』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346