オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上益城郡御船町にて割れた破風板と周辺の補修工事を行いました


上益城郡御船町のお客様より、
「破風板が割れてしまっているので見に来てほしい。」
とご連絡があり、現地へ向かいました

破風ってどの部分?

破風とは
屋根の端付近をケラバといいます。
このケラバの端、側面部分を破風(はふ)と呼び、
屋根に吹き付ける風を分散し、屋根や住宅への影響を軽減します。
また、雨風が屋内に入り込むのを防ぐ役割もあり、家にとって非常に重要な部分と言えます。

しかし、風や雨がよく当たる部分だからこそ、傷みやすいという点もあり、
破損したままにすると雨漏りなどのトラブルに繋がってしまいます。

被害箇所の状態

破風板 割れ
破風板の先端、釘から下が割れ落ちています
恐らく釘を留めている部分が劣化し、突風などの影響もあって釘から下が割れてしまったのだと思います。
軒天 汚れ
横から見てみると軒天(住宅の外側に出ている屋根の天井部分)の白いケイカル板に汚れがあります

破風板が割れていることで雨風が軒天に当たってしまうのが汚れの原因と考えられます。
周りにも細かい汚れがあるので、破風板の張替えと一緒に周辺補修をするようご提案します


お客様に被害箇所のご説明とお見積もりを出し、補修依頼をいただきました

補修工事をしていきます

破風板張り替え工事
手順として

①ケイカル版に汚れがあり凹凸もあった為、このまま塗料を重ねると見た目が悪いだけでなく、
 塗料がすぐに剥げてしまう可能性があります。表面をサンドペーパーで滑らかに下地処理しました。

②周りに塗料がつかないよう青いマスキングテープで養生し、ケイカル板を塗装しました。

③半分残った破風板を撤去しました。

破風板 張り替え
④新しいシステム破風板を接着剤と専用の釘で固定して張替えました。

⑤雨風が入りこむのを防ぐために、新しい破風板の上部にコーキング処理をしました。

仕上げに周辺の細かい汚れなどをキレイにする、タッチアップ(部分的な塗装補修)をしていきます。
before1
破風板 割れ
horizontal
after1
破風板 張り替え完了
これで破風板の張替えと周辺の補修すべて完了です
見た目もキレイになってお客様にもお喜びいただけました

破風板は破損していても家の中に影響はないように思われる事が多いですが、
風の影響を軽減したり、雨風が入りこむのを防ぐなど、住宅にとって非常に大切な部分です。

外壁や屋根、お住まいに関して気になることは、
街の屋根やさん熊本店にご相談くださいね

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 道路側から見た破損箇所

~~・・・~~・・・~~~・・・~~・・・~~~・・・~~・・・~~~・・・~~・・・~熊本市北区にて、3階建て住宅の軒天が破損してしまい屋根も被害がないか点検してほしい!とお問合せがありましたお客様のご自宅は3階建て住宅の為、事前にベラン...........

現地調査 ご自宅東側 全景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市西区にて、中途購入をされた戸建て住宅のお客様からのお問合せです『経年劣化が心配なので建物の屋根と外壁の点検調査』『改修工事案』『お見積書依頼』のお...........

大津破風板補修全景20180324

今回は、大津町で破風板の補修工事を行いました。屋根の葺き替え工事後、経年劣化で塗膜が剥げて表面がボロボロになっていた破風板を部分的に新設し、塗装を行いました。木材の破風板は痛みやすく、メンテナンスが必要です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346