オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津町で破風板の補修工事を行いました。屋根も施工完了です。


今回は、大津町で破風板の補修工事を行いました。屋根の葺き替え工事後、経年劣化で塗膜が剥げて表面がボロボロになっていた破風板を部分的に新設し、塗装を行いました。木材の破風板は痛みやすく、メンテナンスが必要です。
大津破風板補修全景20180324
屋根は、既にガルバリウムの板金屋根に葺き替えが完了しています。屋根葺き替えの際に、痛んだ破風板は撤去しており、葺き替え後破風板を取り付けます。
大津破風板補修内部20180324
<破風板内部の状況>

既存の破風板の劣化が進んでいた為、雨水が内部に浸入した形跡が見られます。部分的に内部の木材にカビが発生していたのがわかります。
大津破風板補修補修後20180324
<破風板補修後の写真>

寸法に合わせ木材をカットし、下地のある場所にビスで打ち付けていきます。釘打ちの場合釘が浮いてくることがあります。その後塗装を行い完了です。
破風板、ケラバ、軒天
<破風板、鼻隠し、軒天、ケラバ>

ちなみに破風と呼ばれる部分は、切妻・片流れ屋根で見ることができます。
黄色で囲っている部分が破風です。防風・防水の役割があります。
緑色で囲っている部分は鼻隠しです。破風と同じ役割ですが、軒先側が鼻隠しと呼ばれ、雨樋の下地としての役割もあります。
赤色で囲っている部分が軒天です。屋根の下地が雨風にさらされるのを防いでいます。
ちなみに青色で囲っている部分がケラバです。壁から破風までの間の屋根のことをいいます。

ケラバは別として、家の外部に面している箇所は家の大切な内部を雨風などから保護してくれる大切なところです。外部は定期的なメンテナンスや補修、改修で綺麗にすることができますが、メンテナンスを怠り内部が劣化してしまってからでは手遅れということも……

大切なお宅だからこそ、ぜひメンテナンスを行ってあげてください。
工務:有田

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破風とは

上益城郡御船町のお客様より、「破風板が割れてしまっているので見に来てほしい。」とご連絡があり、現地へ向かいました

現地調査 道路側から見た破損箇所

~~・・・~~・・・~~~・・・~~・・・~~~・・・~~・・・~~~・・・~~・・・~熊本市北区にて、3階建て住宅の軒天が破損してしまい屋根も被害がないか点検してほしい!とお問合せがありましたお客様のご自宅は3階建て住宅の為、事前にベラン...........

現地調査 ご自宅東側 全景

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本市西区にて、中途購入をされた戸建て住宅のお客様からのお問合せです『経年劣化が心配なので建物の屋根と外壁の点検調査』『改修工事案』『お見積書依頼』のお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346