オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

菊陽町にて漆喰の劣化によって歪んだ大棟と隅棟の取り直し工事


工事のきっかけ

棟部分の屋根瓦がズレていて、強い風が吹くと屋根の上から瓦が落ちてこないか心配でお問合せいただきました。
漆喰の劣化が原因で棟のズレや歪みが発生していたので、今回は取り急ぎ瓦のズレを直してほしいという事で、隅棟2本と大棟の取り直し工事を行いました。

菊陽町 屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰取り直し 強化棟工法取り直し工事

ビフォーアフター

before
棟の歪み 堺 南大阪 取り直し工事 施工前
horizontal
after
棟の歪み 堺 南大阪 取り直し工事 施工後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰取り直し
施工期間
1日
使用材料
棟補強金物・南蛮漆喰
施工内容その他
強化棟工法取り直し工事
築年数
保証年数
工事費用
29万円
建坪
ハウスメーカー
菊陽町にてモニエル瓦の棟にズレや歪みが発生し、棟取り直し工事を行いました

工事前の状況

大棟 隅棟とは 取り直し工事


モニエル瓦屋根の大棟と隅棟ズレや歪みが発生していました
それぞれの状況を見ていきます
隅棟 瓦のズレ 棟取り直し工事 工事前の状況
隅棟 漆喰剥がれ 瓦ズレ
隅棟の瓦がズレています

 原因 
・漆喰の劣化により漆喰が痩せて剥がれ、瓦の固定力が低くなって瓦がズレる原因になった。

 問題点 
・瓦の間に隙間がある状態の為、雨水が侵入しやすくなり、下地を劣化させたり雨漏りに繋がる。
・ズレを放置すると、地震や台風など強い力が加わって瓦が落下する可能性もある。

漆喰には瓦同士の隙間を埋めて瓦を固定させる役割を持ちます。
しかし、経年劣化と共に漆喰が痩せて剥がれたり、ボソボソとした質感になって固定力が低くなっていきます
大棟 瓦 ズレ 取り直し工事前


大棟も瓦がズレて隙間ができています

 原因 
大棟は漆喰+葺き土ではなく、結束銅線で瓦を固定しており、結束銅線の緩みや劣化が原因と考えられる。

 問題 
放置すると瓦の落下雨漏りに繋がる。

棟取り直し工事の様子

棟瓦取り直し工事 工程 瓦一旦撤去

まずは歪みがある棟瓦を一旦撤去します

瓦を外すと乾燥した葺き土が出てきました
葺き土は粘土のような質感の土で、瓦を固定する為に使用しますが、このように乾燥してしまうと固定力が落ち、瓦のズレにも繋がります
葺き土 撤去 棟取り直し工事
乾燥した葺き土を取り除きます

今回取り直し工事では葺き土は使用しません。
後程記述しますが、葺き土と漆喰の性能を兼ね備える『南蛮漆喰』一つで済む為、現在葺き土はあまり使われなくなりました

周辺の葺き土もこの後清掃して綺麗にします
棟補強金物 強化棟工法 ガイドライン工法 棟取り直し工事

被害の大きい隅棟は強化棟工法で取り直します

強化棟工法は補強金物を棟部に取り付けます
補強金物は屋根の下地にビス留めされており、しっかり固定されます
この補強金物をベースに心材や屋根材など全てが一体化する事で強い棟を作ることができるのです

『強化棟工法』とは

棟補強金物などを使用し、瓦と家の躯体を一体化させる工法。ガイドライン工法とも呼ばれる。
従来の土葺きでも、ある程度の力には耐えられるが、台風や地震で瓦が外れて落下する事が多く、特に棟部分は最も力が加わりやすい為、被害が大きかった。
強化棟工法では棟補強金物などを使用し、家の躯体と棟全体を一体化させることで、地震や台風でも崩れたり落下しにくい棟を作る事ができる。
棟取り直し工事 強化棟工法 芯材とは
補強金物に心材を取り付けます

棟の長さにカットした芯材を補強金物にセットし
ビスを横から打ちしっかり留めます
芯材は後から瓦を固定させる場所になります。
棟取り直し工法 南蛮漆喰とは
南蛮漆喰を詰めます

従来は葺き土で瓦を固定させ、その上から漆喰で隙間を埋めて固定させる『土葺き工法』が主流でした。
しかし、重量も増え、土が乾燥して流出するなど劣化が早い為、現在ではあまり使われないようになりました

南蛮漆喰の場合はこれ一つで済む為、重量も軽くなり、
葺き土より劣化しにくいので、最近では南蛮漆喰が使われる事が多くなりました
モニエル瓦 棟取り直し 強化棟工法 パッキン付きステンレスビス

冠瓦を被せ、ステンレスビスを打って固定させます

ビスにパッキンが付いており、ビス穴から雨水が漏れる事を防ぎます
また、ステンレスは錆びにも強く、雨水が当たっても耐久性があります

先ほど取り付けた芯材にビスを打ち込み、冠瓦を固定して完成です
強化棟工法 断面図

今回の強化棟では
・棟補強金物→屋根下地にビス留め
・芯材→棟補強金物にビス留め
・冠瓦→芯材にパッキン付きビスで固定

で棟と家の躯体が一体化し、地震や台風でも瓦が外れにくくなりました
大棟 結束銅線 緩み 瓦ズレ
大棟は結束銅線の締め直しを行います

冠瓦をめくると、漆喰や葺き土を使わず、結束銅線のみで瓦を固定させていたことがわかります。
この結束銅線の緩みが原因で瓦がズレてしまったようです
冠瓦 コーキング材 結束銅線締め直し 瓦歪み
冠瓦を配置する場所にコーキング材を打っておきます

コーキング材には防水効果を持つ他、素材同士を固定させたり、隙間を埋める役割があります
このように瓦を配置する場所にコーキングを打って置くことで、瓦が動きにくくなります。

劣化していた銅線を、新しい銅線に交換しました
冠瓦 取り直し工事 結束銅線結び直し


冠瓦を戻し、結束銅線を結んでおきました

瓦に、予め開けられた穴から結束銅線を出し頂点で結びます。
飛来物が引っかからないように、銅線を丸めておきました

棟の取り直し工事が完了しました

before1
隅棟 瓦 ズレ 取り直し工事前
horizontal
after1
隅棟 瓦 ズレ 取り直し工事後
漆喰の劣化などが原因で、棟瓦がズレて落下や雨漏りの危険がありましたが、
取り直し工事により整然と並んだ棟になりました

【工事完了後】

棟取り直し モニエル瓦 パッキン付きステンレスビス
隅棟は強化棟工法で取り直しを行いました。

建物のは地震の際に最も被害を受ける場所です。
強化棟工法は棟全体と家の躯体が一体化され、地震や台風にも強い棟に作り変える事ができます。

しかし、今回お客様の屋根にはも見られました。
モニエル瓦は塗膜が劣化すると水はけが悪くなり、苔やカビが繁殖しやすい環境になります。
今回は棟の取り直し工事のみ行いましたが、塗装メンテナンスについてもお話させていただきました。
モニエル瓦とは 見分け方
今回のような『モニエル瓦』は、セメントと砂を原料とし、形成された瓦です。
原料がセメントと砂の為、和瓦よりも軽量で耐震性・断熱性に優れています。

しかし、素材のセメントには防水性がなく、表面の塗膜が防水の役割を担っており、塗膜が劣化すると水分が浸透してしまう為、定期的に塗装メンテナンスが必要です。
同じように塗装が必要な瓦として『セメント瓦』がありますが
・セメント瓦は小口が滑らか
・モニエル瓦は小口が凸凹

と見分けられます。

塗装メンテナンスの際は、『スラリー層』という着色層を取り除いてから塗料を重ねないと、すぐに剥がれてしまう原因になります。
モニエル瓦を使用されているお客様は、塗装メンテナンスの際には『スラリー層の撤去』をきちんとしてくれる業者かチェックしてくださいね。

この工事の現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

2021/04/05/ 菊陽町で漆喰の劣化により歪んだ棟瓦の取り直し工事を行いました

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

2021/04/01/ 菊池郡菊陽町でモニエル瓦屋根にズレが生じ現地調査を行った様子

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トタン屋根 倉庫 ガルバリウムで補修 雨漏り 熊本

こんにちは、街の屋根やさん熊本店です今回は雨漏りしていたトタン屋根の倉庫の修理の様子をご紹介します。錆びやすいトタン屋根でしたが、ガルバリウム鋼板で補修することで、錆びに強い屋根になりました現地調査の様子はこちら▶宇土市でトタン屋根倉庫の雨...........

雨漏り調査 熊本 宇土 現地調査の様子

こんにちは、街の屋根やさん熊本店です以前実家倉庫の工事を行った宇土市のお客様より、自宅の雨漏りのご相談をいただきました。調査を行うと、雨漏りの原因となる瓦の隙間や壁のひび割れが見られ、二次被害として軒天の割れもありました今回は現地調査の様子...........

宇土市にて倉庫の雨漏り調査を行いました

街の屋根やさん熊本店です今回は宇土市のお客様より『実家の倉庫屋根が劣化で雨漏りしているので、直してほしい』とご依頼があり現地調査を行った様子をご紹介します雨漏りにお困りの方はご相談ください▶雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさんへ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346