オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

菊池郡大津町|台風で破損した片流れ屋根の破風板の張り替え工事


工事のきっかけ

過去の台風時に、飛来物が破風板に当たって破損した箇所があるとお問い合わせをいただきました。
お客様のお家は『片流れ屋根』で、風の影響を受けやすい部分に被害が及んだと考えられました。
破損があった箇所の破風板を張り替え、隙間ができていた所にはコーキング剤を充填しておきました。

大津町 破風板・軒天部分補修,火災保険,平屋 破風板張替え工事

ビフォーアフター

before
破風板 耐風被害 破損 片流れ屋根
horizontal
after
破風板張替え工事後 台風破損

工事基本情報

施工内容
破風板・軒天部分補修,火災保険,平屋
施工期間
1日
使用材料
ケイカル板破風板・シリコンコーキング
施工内容その他
破風板張替え工事
築年数
10年未満
保証年数
工事費用
約20万
建坪
ハウスメーカー
菊池郡大津町にて台風で破損した破風板の張替えを行いました。

そもそも『破風板』とは?

破風板ってどこ 切妻屋根の場合
画像のような切妻屋根の場合、屋根の三角形の斜辺部分『破風(はふ)』と言い、そこに取り付ける板は『破風板(はふいた)』と呼ばれます

屋根は上から降る雨に対しては耐える力がありますが、横や下から吹きつける雨風には弱いという弱点があります
破風板はその名の通り、横や下から来る雨風の影響を軽減する役割を持ちます

破風板がないと、雨風が屋根裏へ回り込んでしまい、屋根が外れたり雨漏りに繋がってしまいます

また、万が一建物が火災になった場合も、破風板が火の回りを遅らせる防火の役割も持っています
その為、不燃性・耐火性を持つケイカル板板金などが使用される事が多いです。
片流れ屋根 破風板 被害を受けやすい


お客様宅は片流れ屋根で、今回は屋根の高い方に取り付けられた破風板が破損していました

こちらは片流れ屋根の中でも雨風の影響を大きく受ける場所の為、台風時の飛来物で破損が起きたと思われます

破損箇所について詳しく見ていきましょう

被害の状況

破風板 片流れ屋根 飛来物 破損
破風板の一部が飛来物によって割れていました

破風板の素材には木材・板金・ケイカル板(ケイ酸カルシウム板)など様々ありますが、
こちらはケイカル板が使用されていました。
下地の木材も若干の変色が見受けられます

このまま放置すると下地の木材に雨水が染み込んでいき、部材の劣化雨漏りにも繋がってしまいます
破風板 隙間 取り合い部 劣化


破風板同士の取り合い部には隙間ができていました

コーキング剤の劣化により、このような隙間ができていると考えられます。
雨風の影響を受けやすく、このように僅かな隙間でも雨水が侵入してしまい雨漏りに繋がる原因になります

今回は破風板の破損面の張り替えを行う事になりました

破風板張替え工事の様子

破風板張替え 既存破風板 撤去
破風板 木下地 変色



破風板を撤去すると、木下地が見えるようになりました

破風板が割れていた箇所の下地に少し変色が見られました
早めにご連絡いただけたので、そこまで被害は進行しておらず今回は下地の交換の必要はありません。
あのまま破損を放置していれば、下地も交換する必要があったかもしれません
破風板張替え ビス取り付け
新しい破風板はビスで取り付けていきます

新しい破風板は既存と同じケイカル板を使用します
ケイ酸質原料、消石灰、パルプなどが原料で、
不燃ボードとして使用されています。
耐水性もある為、様々な用途に使用される素材です
破風板 ビス留め完了 張り替え工事
新しい破風板を全てビス留めしました

破風板がしっかり固定できるように、
ビスは破風板に合う規格の物を使用しました
破風板にある隙間にコーキング剤を充填します

コーキング剤には防水効果があり、隙間を埋めて雨水を入らないようにします
まずは事前に準備を行います
破風板 コーキング マスキングテープ
破風板 コーキング 養生
コーキングを打つ場所に、マスキングテープで養生しておきます

養生には『周辺の保護』『仕上がりの向上』を目的に行います。
養生の工程を省くと、周辺にコーキング剤が付着してしまうだけでなく、
端がガタガタになって仕上がりが良くありません
丁寧に養生しておく事で、コーキングの仕上がりも美しくなります
コーキング剤 破風板 パテ伸ばし

コーキング剤を打った後、パテで平らに均しました

表面が乾燥したら、マスキングテープを剝がします。
剝がすタイミングが早すぎると、まだ乾燥していないコーキング剤が糸を引いてしまったり、完全に乾燥してから剥がそうとすると綺麗に剝がせない為、剥がすタイミングを見極めるのも大切です

これで今回の破風板張替え工事は完了です

【工事完了後】

破風板張替え 台風被害 破損 片流れ
台風被害で破損した破風板の張替えが完了しました。

破風板は建物に当たる雨風の影響を軽減したり、防火の役割を持つ『建物を守るパーツ』ですが、その分劣化しやすいとも言えます。
もし、破風板が劣化して機能を果たせなければ、室内の雨漏りや破風板の落下にも繋がります。

主に『紫外線』や『雨風などの自然災害』により劣化は年々進行していくので、定期的にメンテナンスを行う事をオススメします。
少しでも異常に気付かれたら、お気軽にご相談くださいね★
破風板張替え 台風被害 火災保険適用
今回は台風による破風板の破損でしたので、お客様が加入されている建物・火災保険で工事費用が補償されました。

『火災保険は火災だけしか使えない』と思われている方もいるかもしれませんが、火災保険には風災の他、落雷や雪災、水災などの自然災害も補償の対象となります。

但し、保険の請求は『被害を受けてから3年以内』と定められており、3年を過ぎると申請できなくなってしまいます。
もし台風や突風、大雨などで住宅に被害を受けられた方は、加入されている保険内容をご確認し、早めに請求していただく事をオススメします。

【街の屋根やさん熊本店】では保険請求による工事も承っております。
お客様がスムーズに請求できるようお力添えをさせていただきますので、お気軽にご相談くださいね♪

この工事の現場ブログ

破風板 破損 台風被害

2021/02/08/ 菊池郡大津町にて台風で破損した破風板の張替え工事を行った様子

台風で破風板が破損したお客様より工事のご依頼をいただきました前回の現地調査の様子はこちら破損箇所の破風板を交換させていただきます

破風板 台風 破損箇所

2021/01/18/ 菊池郡大津町で台風被害で破風板が破損し現地調査を行いました

菊池郡大津町のお客様より、『台風で屋根が壊れた』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

同じ地域の施工事例

施工事例

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事

外壁塗装 クラック 工事前
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破風板 破損 台風被害

台風で破風板が破損したお客様より工事のご依頼をいただきました前回の現地調査の様子はこちら破損箇所の破風板を交換させていただきます

破風板 台風 破損箇所

菊池郡大津町のお客様より、『台風で屋根が壊れた』とご相談があり、現地調査にお伺いしました

破風とは

上益城郡御船町のお客様より、「破風板が割れてしまっているので見に来てほしい。」とご連絡があり、現地へ向かいました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346