オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事


工事のきっかけ

台風後に屋根の棟板金からガタガタと音が聞こえ、風が吹くと外れて落ちないか心配されていました。
確認すると棟板金の釘の外れや浮きが見られ、下地の貫板も雨水が入った事により劣化していた為、劣化箇所の貫板を交換し、棟板金のビス留めを行いました。

熊本市東区 屋根補修工事,棟板金交換 貫板交換

ビフォーアフター

before
棟板金外れ 浮き 施工前
horizontal
after
棟板金 外れ 補修工事後

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換
施工期間
約2日間
使用材料
木製貫板・ステンレスビス
施工内容その他
貫板交換
築年数
30年
保証年数
工事費用
約17万円
建坪
ハウスメーカー
熊本市東区にて、台風被害を受けた事務所兼住宅の
『棟板金と貫板の張り替え工事』を行いました
棟板金がガタガタと音を立てている 棟板金浮き


棟板金を固定する釘が外れ、棟板金が浮いていました

幸い、落下する前にご連絡いただきましたが、いつ棟板金が落ちてもおかしくない状態でした

台風後からガタガタと音が鳴りだしたそうで元々釘の劣化や緩みがあり、台風時の暴風の影響で完全に釘が抜けてしまったと考えられます
貫板 劣化 棟板金浮き 交換工事
木製の貫板も劣化が見られました。

貫板とは棟板金を取り付ける下地材の事で、木材や樹脂製の物があります。
棟板金に浮きが発生している箇所から雨水が入りこみ、木製の貫板が腐食してしまったようです

劣化した貫板に棟板金を取り付けても、固定力が弱くビス抜けの原因になる為、こちらは交換の必要があります
棟板金外れ 工事内容 施工事例


今回、劣化した貫板新しい貫板と交換を行います

一方、浮きや釘抜けはあるものの、棟板金自体に歪みや割れなどはなく再利用できる為、棟板金はビスの打ち直し行わせていただく事になりました

工事の様子

棟板金外れ 貫板 劣化 雨風により
棟板金を取り外しました

取り外した棟板金は再利用する為、保管しておきます
棟板金を取り外すと貫板に所々欠けがあり、劣化している事が良く分かります
こちらの貫板は交換する為、撤去します
貫板交換 棟板金 劣化
貫板を取り外す際ボロボロと割れてしまいました

棟板金が浮いた箇所から雨水が入り、
水分を吸収して劣化が進行したようです
腐食している貫板はビスを打ってもすぐ抜けてしまい、強度も弱い為、こちらは再利用不可能です

新しい貫板を張る前に周辺の清掃も行います
貫板 取り付け 張り替え 棟板金外れ
新しい木製の貫板を取り付けました

既存の貫板は鉄製の釘で固定されていましたが、新しい貫板はステンレス製のビスを使用しました
従来は鉄製の釘がよく使われていましたが、錆びやすく抜けも起きやすい為、最近では使われる事が少なくなりました
長さのあるステンレスビスを使用する事で、錆びや抜けが起こりにくくなります
棟板金外れ 取り付け 張り替え工事

一旦取り外した棟板金を取り付け直しました

棟板金は先程取り付けた新しい貫板にビス打ちしています
貫板は棟板金を取り付ける下地となり、劣化しているとビスもしっかり留まらず、棟板金が外れやすくなります
貫板は普段見えない部材であり、劣化具合が分かりにくい分、定期的に点検・メンテナンスを行う事が重要です
棟板金 ビス打ち方向 取り付け順
棟板金は取り付けの際、鼻先(屋根の先端)から頂上の順で取り付けます
逆から取り付けてしまうと、屋根の高い方から流れてきた雨水が、ジョイント部などから内部に入りこんでしまいます
また、ビスは必ず横方向に打ちます
上から打ってしまうと、万が一ビス抜けがあった際に雨水が入りやすくなります

最後にジョイント部や取り合い部分にコーキング剤を打って、棟板金張替え工事は完了です

【工事完了後】

棟板金 釘抜け 原因
今回工事を行った箇所以外にも、釘抜けがある所があり、ビスの打ち直しを行っておきました。

棟板金の釘は抜けてしまう事が多く、『棟板金が外れてしまった』というお問い合わせを多くいただきます。
皆様は棟板金の釘抜けが起きやすい理由をご存じでしょうか?
釘抜けが起こる原因の一つに『金属の熱膨張』というものがあります。
熱膨張とは 棟板金外れ 釘抜けの原因
金属は『温度が上がると膨張、下がると収縮』という性質を持ちます。

金属である棟板金も、昼間は日光の影響で温度が上がり、釘穴を狭めて釘を押し出してしまいます。
夜になると気温が下がって棟板金は元の形状に戻りますが、釘の位置は変わらずそのままの状態で残ります。

これを日々繰り返し、強風や貫板の劣化も相まって釘が完全に抜けてしまい、その結果として棟板金が外れてしまうのです。

屋根の上の事ですから、劣化の進行に気付きにくく、『ある日突然棟板金が落ちてきた』という事もあります。

台風の前後や「長年メンテナンスしていない」「屋根から異音がする」など少しでも気になった方は、街の屋根やさん熊本店にご相談くださいね♪

この工事の現場ブログ

現地調査 台風被害 棟板金

2021/02/09/ 熊本市東区にて台風被害を受けて外れた棟板金を張り替えました

熊本市東区にて台風被害を受けたとご連絡があり、現地調査にお伺いしました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円
施工事例

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事

外壁塗装 クラック 工事前
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
約160万

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区で集合住宅の雨漏りした瓦屋根をコロニアルに葺き替え工事

葺き替え工事 施工前 セメント瓦 雨漏り
葺き替え工事 施工後 コロニアルクァッド 耐震性向上
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
アパート
使用素材
コロニアルクァッド・ゴムアスファルトルーフィング『タフガード』
築年数
47年
建坪
約120坪
保証
工事費用
235万円
施工事例

熊本市東区で雨漏り原因のベランダ防水工事と屋根外壁塗装工事

ベランダ防水工事 工事前
ベランダ防水工事 工事後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
擁壁塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
FRP防水
築年数
12年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
140万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346