オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市東区|過去のブルーシート応急処置の劣化が心配でお問合せ


熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、
ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました
応急処置 台風被害 現地調査
建物詳細
木造2階建て住宅
屋根材
相談内容
過去の台風で隅棟の瓦が割れてしまい、応急処置でシートが掛かったままの所が強風で飛んでしまいそうなので、飛ばされないように取り急ぎ応急処置してほしい。
天気が荒れる予報を見て、応急処置のままにしていた屋根がご心配でお問合せ下さったようです
早速屋根の状態を見てみましょう

現地調査の様子

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

過去の台風で隅棟の瓦が崩壊する被害を受け、当時ブルーシートで応急処置を行われたそうです

しかし、1年以上経った現在、ブルーシートはこのような状態になっています
ブルーシート 応急処置 劣化



ブルーシートが経年劣化で破れてボロボロの状態になっています

災害時は非常に重宝されるブルーシートですが、長期的に使用するものではありません
紫外線や雨風に毎日さらされ続けていたら、画像のように劣化してしまいます

この状態では、前回の台風で被害を受けた隅棟の瓦が、強風や地震で落下してしまってもおかしくありません

また、被害箇所に雨も当たりますので、割れた箇所から雨水が浸入して雨漏りになる可能性もあります
台風 応急処置 瓦屋根 土のう袋 破れた


ブルーシートの重しに使用していた土嚢袋も、劣化で破れ中の土が流出していました

土嚢袋に使われているポリエチレンは紫外線や風雨によって劣化してしまいます
これでは置いている意味がないどころか、土が屋根を汚してしまったり、強風時には近隣の敷地内や雨樋などに土が舞ってご迷惑をかけてしまう事もあります
土嚢袋 土 流出 雨樋




更に、土嚢袋の土は雨水と一緒に雨樋まで流れていっていました

雨樋に土が溜まっていると、雨水がスムーズに流れず溢れ出し、その結果二次被害として雨樋が破損してしまう恐れがあります

応急処置をそのままにしておくと、このように本来なら起きなかったはずの事態も招く事になります

隅棟の修理だけで済む所が、雨樋の交換も必要となってしまうと、高額な工事費用が必要になってしまいますよね
平瓦 割れ 応急処置放置


割れている平瓦もありました

特に応急処置をした形跡がない為、恐らく過去の台風ではなく、最近できた割れだと考えられます。

下地が見えている状態で、雨が降ると内部に雨水が浸入し、次第に室内の雨漏りにも繋がります

また、割れた瓦が強風で飛散する可能性もありますので、早急に修理した方がいいでしょう
隅棟瓦 崩壊 応急処置 やり直し
悪天候の心配をされたお客様の強いご希望もあり、最後にシート養生の張り直しを行いました

お客様には
隅棟の取り直し工事
割れた平瓦の差替え
雨樋の清掃
をご提案、御見積書を提出させていただきました

そもそも応急処置はどれくらい有効?

屋根工事 応急処置はどれくらいもつ
ブルーシートの応急処置は環境にもよりますが、どれだけ長く持っても半年が限界でしょう
それ以上経つと破れや剥がれが起こり、二次被害を招く事もあります

人間も大きな怪我をしたら、病院に行く前に止血やアイシングなどの応急処置をその場で行いますよね
でも、その後必ず病院で検査や手当を行わないと、大きな怪我や後遺症に悩む可能性もあります。

住宅工事も一緒で、被害直後は間に合わせの為に応急処置を行いますが、
その後きちんと工事しておかないと、後から大きな被害に繋がる事もあります
工事を先延ばしにすれば被害が進行→大規模な工事が必要になり、その分工事費用もかかってしまいます

台風など災害後は工事業者も混み合う為、すぐに工事できなかったという方も多いと思いますが、
できる限り早く優良な工事業者に依頼する事をおすすめします

街の屋根やさん熊本店では、住宅工事全般を承っております
『うちもまだブルーシートがかかったままなんです』『今の屋根の状態を知りたい』
などお困りごとや気になる点があれば、お気軽にお電話くださいね

この工事の現場ブログ

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

2021/02/12/ 熊本市東区|過去のブルーシート応急処置の劣化が心配でお問合せ

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円
施工事例

菊池郡大津町で雨漏りしたセメント瓦の補修と屋根・外壁塗装工事

外壁塗装 クラック 工事前
外壁塗装 ファインパーフェクトトップ 工事後
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
ファインパーフェクト・変成シリコンコーキング
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
約160万
施工事例

菊池郡大津町にて下地劣化により雨漏りが起きた瓦屋根の補修工事

瓦屋根下地 劣化 工事前
瓦屋根下地 劣化 工事後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
雨漏り修理
使用素材
モラサン ゴムアスファルトルーフィング
築年数
100年
建坪
約50坪
保証
工事費用
約25万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市東区で集合住宅の雨漏りした瓦屋根をコロニアルに葺き替え工事

葺き替え工事 施工前 セメント瓦 雨漏り
葺き替え工事 施工後 コロニアルクァッド 耐震性向上
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
アパート
使用素材
コロニアルクァッド・ゴムアスファルトルーフィング『タフガード』
築年数
47年
建坪
約120坪
保証
工事費用
235万円
施工事例

熊本市東区で雨漏り原因のベランダ防水工事と屋根外壁塗装工事

ベランダ防水工事 工事前
ベランダ防水工事 工事後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
擁壁塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
FRP防水
築年数
12年
建坪
約30坪
保証
5年間
工事費用
140万円
施工事例

熊本市東区にて雨漏りが起きたスレート屋根のコーキング補修工事

スレート屋根 ひび割れ 工事前
スレート屋根 ひび割れ コーキング補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
変成シリコンコーキング
築年数
約15年
建坪
保証
工事費用
3万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

現地調査 台風被害 棟板金

熊本市東区にて台風被害を受けたとご連絡があり、現地調査にお伺いしました

雨樋 集水器 這樋 竪樋

熊本市東区で台風の時に雨樋が割れたとご相談があり、現地調査にお伺いしました

スレート外れ 現地調査 建物全景

菊池郡大津町のお客様より、屋根材の一部が剥がれてしまったとご連絡があり、現地に向かいました詳しくお話を伺うと・・・『風が強い日にスレート屋根の一枚が剥がれて落ちてしまいました。雨漏りなどにはなっていませんが、工事のお見積りを出して欲しい』と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346