オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市北区で雨漏りした天井張替えと不具合箇所の補修工事の様子


以前現地調査を行ったお客様より、工事のご依頼をいただきました

今回は補修工事の様子をご紹介させていただきます

前回の現地調査の様子はこちら

1日目【屋根の補修】

ケラバ瓦 葺き替え工事
歪んでいたケラバ(屋根の端部分)瓦を一旦撤去します

瓦の下にある葺き土は痩せていて、
瓦の固定力が弱くなっていたのだと考えられます。
残った葺き土も撤去しておきました。
南蛮漆喰 ケラバ瓦葺き直し
南蛮漆喰を敷きます

南蛮漆喰は、葺き土の機能も併せ持つ為、
葺き土を敷く必要がありません。
葺き土と漆喰の間に隙間ができる事もない為、
瓦の固定力も上がります。
この上から瓦を並べていきます。
before1
瓦 歪み
horizontal
after1
ケラバ瓦 歪み 葺き直し工事
歪んで隙間ができていたケラバ瓦を、真っすぐ隙間なく葺き直しました
before1
ケラバ瓦 外れ
horizontal
after1
ケラバ瓦 外れ 差替え
1枚瓦が外れていた箇所に、新しい瓦を差し込んで接着剤で固定しました

このように割れたり外れたりした場合でも、1枚ずつの差替えができるのは瓦の利点ですよね。
瓦そのものは寿命が50年以上ありますが、葺き土や漆喰はそこまで長く持ちません
下地材などが劣化した場合は歪んだり隙間ができてしまう為、その都度メンテナンスを行っていきましょう。

他の割れた箇所の瓦も、同様に差替えておきました
before1
漆喰劣化 工事前
vertical
after1
漆喰 詰め直し 工事後
鬼瓦を積み直し、漆喰を詰め直しました

漆喰を新しく詰め直す事で、隙間が埋まって瓦の固定力も上がります
また、黒ずんでいた漆喰を新しい白い漆喰にする事で、見た目もかなり良くなりました。

漆喰の劣化は気付きにくく、見過ごしてしまう事も多いですが、
10年くらい経ったらメンテナンスを行うとよいでしょう

2日目【その他の外部補修】

before1
波板 飛散 張替え工事
horizontal
after1
波板 飛散 張替え工事後
半分くらい飛散していた波板屋根を、全面ポリカーボネート波板に張替えました

今回使用したポリカーボネートは耐久性・耐熱性・強度が高く、寿命は10年程あります。
塩ビよりは少し高価になりますが、塩ビ製の波板屋根の寿命が約3年と考えると、
3倍以上の耐用年数があり長く使えるポリカーボネート波板をオススメします
before1
軒天 割れ 工事前
vertical
after1
軒天 張替え工事後
割れていた軒天を張替えました

新しい軒天には、『ピーリング』と呼ばれる木目をプリントした合板を使用しました
軒天を張替える事で、見た目が良くなっただけでなく、雨漏り防止や強度の向上にもなりました
基礎土台 隙間 補修前



隙間ができていた基礎土台の補修も行います

コンクリートの劣化によりできた隙間は、
『グラウト材(無収縮モルタル)』を注入して補修します。

・・・・・・・・・・・・・・・・グラウト材(無収縮モルタル)とは?・・・・・・・・・・・・・・・・

流動性のあるモルタルで、コンクリートの隙間を埋めたり、細かいひび割れなどを塞ぐ役割を持ちます。
通常のモルタルは水とセメントを混ぜて作られますが、
内部の水が乾燥することで収縮し、ひび割れ隙間ができてしまいます。
しかし、『グラウト材(無収縮モルタル)』は収縮性が無い為、強度が高くひび割れも起こりにくいです。
また、耐水性も高い事から防水目的でも使用されます。

通常のモルタルよりコストがかかる為、『収縮してはいけない所』のみ使用される事が多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
グラウト材注入 基礎 隙間
グラウト材を注入しました

注入しただけなので、まだ表面がボコボコとしています。
基礎土台 隙間 補修後
表面を平らに均して完成です

仕上げの均しにはいくつかの方法がありますが、
今回は刷毛を使って表面を整える
『刷毛引き仕上げ』を行いました。

3日目【天井の張替え】

屋根・建物外部の補修が完了しましたので、最後に雨漏りでシミになっている天井を張替えます
床 養生 エコフルガード
天井張替え 養生
まずは床や壁などを守る為に、養生を行っておきます

作業の際にホコリや破片が落ちて汚れたり、古い天井を撤去する際に当たって傷付くのを防ぎます。
天井張替え 天井野縁 撤去




天井の板を一枚ずつ剥がしました

天井の板を取り付ける『天井野縁』が雨漏りの水分により劣化していた為、
こちらも劣化部分を撤去し、新しい物を取り付けました
天井張替え 断熱材




天井板を1枚づつ張っていき、断熱材のグラスウールも一緒に入れておきました

こちらの天井には元々断熱材が入っておらず、ご主人曰く
『この部屋は寒すぎる・・・とおっしゃっていました。
今回、断熱性・保温性が高く環境にも優しいグラスウールを入れた事で、
屋根からの熱を通しにくくなり、冬の寒さ・夏の暑さが軽減されると思います

before1
天井雨漏り 張替え前
vertical
after1
天井雨漏り 張替え後
最後の一枚は屋根裏から釘を打ち込み、天井張替えが完了しました

雨漏りによりシミができていましたが、新しい天井板に張り替える事できれいになりました。
また、見えない部分ではありますが、カビやダニなどの原因になる劣化した下地材も新しい物に交換しました

すべての工事が完了しました!

くまさんロゴ くまさんホーム
今回の工事は屋根・外部補修・天井とありましたが、天候にも恵まれて計3日間で完了させる事ができました

『雨漏りだけでなく気になっていた所全て綺麗にしてもらって嬉しい。ありがとうございました
とお客様に喜んでいただけました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『家の中で少し気になる所があるけど、そこまで困っていないしこのままにしておこう』
という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?
雨漏りや軽微な屋根のひび割れなどを放置すると、日に日に状況は悪化し
最終的に大規模な工事が必要になってしまう場合もあります

【気になった所は症状が軽いうちにすぐ直す】事が
お家を良い状態で保つ事ができ、必要最低限のメンテナンスで済むコツです

劣化に気付きにくい屋根の上や天井裏などの点検も、
点検・見積り無料の『街の屋根やさん熊本店』にお任せくださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市北区で屋根外壁塗装工事を行いました

施工前全景写真
完工後全景写真
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
ジャパンカーボライン スーパームキコート
築年数
約15年
建坪
約40坪
保証
3年
工事費用
169万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346