オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊本市西区にて突風被害を受けた瓦屋根の現地調査を行いました


熊本市西区のお客様より
『突風が吹いて瓦屋根が割れてしまった』
とご連絡があり、現地調査を行いました

現地調査の様子

軒先瓦 ズレ

梯子をかけて屋根に上がると、軒先の瓦がズレていました

恐らく、瓦の下にある葺き土が経年劣化により痩せてしまい、固定力が弱まったと考えられます。

ズレを放置すると、最悪の場合瓦の落下にも繋がり、非常に危険です
棟瓦 突風 崩壊
棟瓦 飛散 台風被害
棟瓦(屋根の頂上の瓦)に崩れや割れが起こっていました

こちらも瓦を固定させる葺き土が劣化しており、強風に耐えられず崩壊してしまったのだと考えられます。
20~30年が経過し葺き土の保湿性が弱まり乾燥してくると
漆喰との間に隙間ができて固定力が少しずつ下がり
棟全体の歪みや崩れる原因となります
このままでは雨が降ると建物内まで雨が回って、雨漏りの原因になってしまいます

ブルーシートを被せて応急処置を行われていたので、雨漏りは起こっていませんが、
瓦が落下する不安もある為、強風や突風が吹く前に修理しておきたいですよね
漆喰 変色 のし瓦
崩壊していなかった部分も、漆喰が黒ずんでいます

漆喰の変色は劣化のサインです
さらに進行すると、脆くなって割れたり、ボロボロと剥がれてしまう為、既にメンテナンスの時期と言えます。

漆喰には瓦同士を接着させ、隙間を埋めて水が入りこまないようにする役割がありますが、これでは隙間ができて雨水の侵入口になってしまいます
平瓦 割れ 現地調査
平瓦も割れている所があり、テープで応急処置されていました

恐らく突風時に飛来物が当たってこのように割れてしまったと考えられます。
瓦は頑丈ですが、強い衝撃が加わったり、固い物が当たると割れてしまいます

応急処置のテープが剥がれると隙間ができる為、早く補修しないと雨漏りの原因になってしまいます
現地調査が完了し、お客様に屋根の状態を見ていただきながら工事内容をご説明しました

ご提案内容
ズレがある軒先瓦→ズレの補修
崩壊した棟瓦→棟瓦の積み直し
割れている平瓦→割れた瓦の交換

以上の補修工事をご提案し、御見積書を提出させていただきました

瓦屋根の寿命は50年以上?!

瓦 耐用年数
『瓦屋根の寿命は50年以上』
とも言われますが、それは適切にメンテナンスを行った場合のお話です。

瓦そのものの耐用年数は非常に長いのですが、瓦の下に詰める葺き土漆喰などが経年劣化すると、
今回のように瓦のズレや歪み・崩れが起こってしまいます
また、下地材(防水紙や野地板)も、少しずつ劣化しますので、
何も問題がなくても10年ごとくらいで点検を行い、その都度メンテナンスを行うのが理想的です

適切にメンテナンスを行う事で非常に長く使用でき、耐火性・耐水性・防音性も高く、
日本らしい趣が楽しめるのも瓦屋根の良さですよね

『長い間屋根の点検をしていない』『何か問題がないか見てほしい』
という方は、街の屋根やさん熊本店にお気軽にお問い合わせくださいね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊本市東区にて台風で外れた雨樋の交換と予備瓦取付の補修工事

這い樋 破損 歪み 経年劣化 工事前
這樋 歪み 工事後
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
樋,和瓦
築年数
30年以上
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

熊本市東区にて台風被害により外れた棟板金と貫板の張り替え工事

棟板金外れ 浮き 施工前
棟板金 外れ 補修工事後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
木製貫板・ステンレスビス
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
約17万円
施工事例

菊池郡菊陽町にて台風・強風で破損した波板と窓ガラスの補修工事

波板屋根 塩ビ製 劣化 割れ
波板屋根 張り替え工事後 ポリカーボネート
工事内容
屋根補修工事
足場
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
工事費用
32万円

同じ地域の施工事例

施工事例

熊本市西区にて大屋根破損・飛散部の修繕工事を行ないました

屋根工事 before
屋根工事 after
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
足場
火災保険
使用素材
J型釉薬瓦青色
築年数
40年~45年
建坪
保証
工事費用
15万円(応急工事含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

強化棟工法 断面図 ガイドライン工法 棟取り直し

菊池郡菊陽町にて漆喰の劣化が原因で棟瓦にズレが生じ、棟瓦取り直し工事を行った様子をご紹介します。

F形モニエル瓦 棟取り直し

菊池郡菊陽町のお客様より、『瓦がズレているので見に来てほしい』とご相談があり、現地調査にお伺いしました◆建物詳細  木造2階建て住宅◆屋根材種類 モニエル瓦(F形)◆相談内容『屋根瓦がズレている。雨漏りはしていないが、落ちてこないか心配なの...........

台風被害の応急処置ブルーシートをそのままにしておくと

熊本市東区にて屋根のブルーシートが破れているので、ブルーシートを張り直してほしいとご依頼があり、現地へ急ぎました

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら熊本店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0120-81-9346